change-the-flow

新時代の到来 20歳の新王者誕生 ジョコビッチがズベレフに力負け BNLイタリア国際2017決勝

このエントリーをはてなブックマークに追加

BNLイタリア国際決勝、20歳のA・ズベレフがジョコビッチを6ー4、6ー3のストレートで勝利しマスターズ大会初制覇を果たしました。

ズベレフは実力でマスターズ王者を勝ち取りました。見事な勝利でした。しかし、ズベレフはこんなにも強かったのでしょうか。ショットの安定感とショットの強さはあるものの武器がないというイメージを抱いていましたが違いました。ズベレフに勝機があるとすればジョコビッチに対してラリーで粘り強く真向から打合うことだと考えていました。両者とも安定したストロークの持ち主でありそこで負けてはならない、逃げてはならないと考えていました。ところがストローク戦で優位にすすめたのはズベレフでした。決してジョコビッチが悪いわけではありませんでした。徐々に調子を上げてきていました。ジョコビッチの強みは安定した深いショットで相手を追い詰めミスを誘発することです。しかし、ラリーの中で追い込まれていったのはジョコビッチの方でした。ズベレフのショットは力強さがあり、何よりも深くコントロールされました。ロングするミスも少ないのです。この安定したミスの少ない力強いストロークは大きな武器です。サービス力もあります。ズベレフのサービスポイントは17(内エースは7)であり、ジョコビッチは13(内エースは1)でした。ポイントの内訳をみます。(ウイナー数+相手のFE数+相手のUE数)

ズベレフ  :16+21+27=64 ジョコビッチ:11+13+14=48

全ての項目でズベレフが勝っています。以前の記事で「強者の3条件」をあげました。

①ミスをしない安定したストローク ②相手のテニスをさせない。(攻めさせない) ③隙を見逃さずに冷静な精度ある攻撃力

正に強い時のジョコビッチです。ジョコビッチは試合途中で流れを変えようとリズムを変えようとしましたがズベレフは動じませんでした。コートカバーリング力もありジョコビッチの深いショットも返球しました。更に深いショットで優位に立ちジョコビッチのテニスを奪っていました。隙を見逃さずにウイナーを力まずに決めていました。ズベレフのショットはパワーがありますが力むことはありません。よってティエムのようにサイドアウトやバックアウトもしないのです。ズベレフは3条件を備えていたのです。

試合の流れは第1セット第1ゲームジョコビッチのサービスゲームでした。ジョコビッチの1stは1本も入らずにDF、サイドアウト、バックアウトのミスを犯し、いきなりブレイクを奪われそのまま第1セットを取られました。第2セットに入ってもズベレフの安定した力つよいショットにジョコビッチはミスを多発します。第3ゲームにブレイクを奪われ、第9ゲームにブレイクされズベレフが勝利しました。

これで2017年シーズン、主要大会では全豪、IW、マイアミをフェデラーが勝利し、モンテカルロ、マドリードとナダルが奪り、ビッグ4の時代が続くものと思われました。そこに割り込んできたのは、錦織ではなく、ラオニッチでもなく、ティエムでもなく、ゴファンでもない20歳になったばかりの新鋭ズベレフでした。トップ10入りも果たしました。レースランキングでは2,130ポイントで4位となります。

もう少し時間が必要と思っていました。驚きです。その瞬間は突然に現実となったように感じられます。しかし、そんなに甘くはありません。研究されます。誰もが洗礼を浴びてきました。どうでしょう、今後のズベレフをみていきたいと思います。先を越された者たちも黙っていないでしょうし、トップ争いも熾烈となるでしょう。今後のツアーは更に混沌となり盛り上がっていくのではないでしょうか。新時代の幕開けとともに・・・

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「新時代の到来 20歳の新王者誕生 ジョコビッチがズベレフに力負け BNLイタリア国際2017決勝」へのコメント

tomyさん

定量的データ、ありがとうごさいます。
実は錦織のデルポトロ戦と比較して観ていたんです。相手が違えは当然に戦略も異なるのでしょうが、サーシャはバックハンドでしっかりと対応していると思っていました。ジョコビッチとの打合に負けては駄目だと思っていましたが、途中からジョコビッチ負けては駄目だと思ったくらいです。錦織のデルポトロ戦はもっとバックハンドで対応すべきと思っていたんですよ。回り込みフォアを多用しすぎでした。サーシャはジョコビッチの深いショットに対しても、さらに安定的に深く威力のあるショットで返していましたね。ジョコビッチのミス多発状態におちいるパターンです。乱調のジョコビッチでしたが、サーシャがミスを引き出したとも言えそうです。

「新時代の到来 20歳の新王者誕生 ジョコビッチがズベレフに力負け BNLイタリア国際2017決勝」へのコメント

うんさん

コメントありがとうございます。
ジョコビッチの完全復調まで、もう少し時間が必要のようです。
サーシャは立派ですね。ボレー等の技術は確かに今一歩ですが、ラリーはジョコビッチの上をいっていました。ほんとに期待大です。

「新時代の到来 20歳の新王者誕生 ジョコビッチがズベレフに力負け BNLイタリア国際2017決勝」へのコメント

今回の勝利はサーシャの安定感が揺らがなかった事が大きいですね。
ATPでもまとめられてましたが特にバックハンド。抜群の安定感を誇るジョコビッチのバックに対してバックでのW-UEが3-7。ジョコビッチは1-21。21のUEにおいてサーシャのバックに強いられたものは14にものぼりました。リターンの速度やフォアバックの速度もほぼ同じ速度で攻撃的でした。BPすら握らせず勝ちきりましたね。
なかなかに崩れたジョコビッチでしたがそこを勝ちきったのはさすが次代の王者としかいえませんね。正直準決勝を経てここまで大乱調なジョコビッチも信じられませんが更にツアーが混沌としてきました。見る側としては面白いかぎりです。

新時代の到来 20歳の新王者誕生 ジョコビッチがズベレフに力負け BNLイタリア国際2017決勝

<決してジョコビッチが悪いわけではありませんでした。

準決勝の時のジョコビッチはなんだったのかというくらい酷い出来だったと思うけど。
ボレーでコート外に飛んでくってどんだけだよ。すぐにふら付いて踏ん張れないし。

それでも勝ち切ったサーシャは立派だろうけど。いまだにボレーという明確な弱点があるのにこの出来だとさらに期待できるね。

こんな記事も読みたい

グランドスラムの成績とランキングの関連性でわかる目標設定【女子テニスも熱い】

なぜテニス大国アメリカが弱くなった理由を考えてみました。【世界中放浪コーチの感想】

ジョコビッチがティエムを翻弄 完璧に封じ込む BNLイタリア国際2017SF【change-the-flow】

ブロガープロフィール

profile-iconjigyakuteki

  • 昨日のページビュー:1790
  • 累計のページビュー:5030156

(07月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 錦織よそろそろ気づけ 今のテニススタイルではビッグ4には勝てないことを 敵は己にあり 全米オープン2016
  2. ジョコビッチのメンタルを打ち砕け。マイアミ・オープンF
  3. マスターズ初制覇を果たす日 今ここに 錦織の勝利確率51% 対ジョコビッチ第5戦 ロジャーズ・カップ2016決勝
  4. ナダル戦でのトイレットブレイクについて
  5. 答えは「 NO 」 錦織のローランギャロスが始まる 全仏オープン2017
  6. フォアハンドが導く「圭の時代」へ 錦織スタイルの再構築について
  7. 錦織の攻撃的テニスを封印 勝つためのテニスに徹しろ! ロジャーズカップ2016 
  8. リターンゲームに賭けろ 錦織の完成形とは 対マレー第3戦 全米オープン2016 QF
  9. 錦織の次なる課題 異次元の世界への挑戦 スイス・インドア2016
  10. 真向から戦い抜いた錦織。ぶれずにそのまま突き進め!マイアミ・オープンF

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss