change-the-flow

ティエムの強打はジョコビッチに通用するのか 強いジョコビッチが戻ってくるのか BNLイタリア国際2017SF

このエントリーをはてなブックマークに追加

ナダルを撃破し波にのるティエム、SFの相手は4戦全敗のジョコビッチです。ジョコビッチは錦織を破って勝ち上がってきたデルポトロ相手にを雨天順延となり先程SF進出を決めたばかりです。体力的なハンディは多少あるはずですが、さほど影響はないものと思われます。不調であったジョコビッチですがショットが安定してきておりジョコビッチらしさを取り戻しつつあるように思われます。ローマMS連覇とし復調へと弾みをつけたいところでしょう。

ティエムはナダル戦と同様のテニスは難しいかもしれません。鍵はティエムが安定したショットを繰り出すことが出来るのかではないかと思います。ミスをしないということです。ジョコビッチのショットは安定してきており深くコントロールしようとするはずです。ナダルのように浅くなったり弾む球とはならないはずです。おそらくジョコビッチはティエムのバックハンド側に配給してくるでしょう。ティエムとしてはラリーの応酬となるとジョコビッチが有利に思えます。攻めることが出来るかです。まずはサービスゲームをキープしなければなりませんが、キックサービスがジョコビッチに通用するかです。状況判断です。早い攻めをしたいところでしょうが、焦るとバックアウト、サイドアウトしそうです。冷静かつアグレッシブな強打を放てるかでしょう。ジョコビッチに対して安定したショットの上に強打が出来るとするならばミスを誘い出すことは可能です。ナダル戦のようにウイナー狙いではなく強打してミス誘発戦略も試してくるものと思われます。ミスなく強打が打てるかを見ていきたいと思います。ティエムの力量が試されます。

ジョコビッチはティエムのテニスをさせない、ミスを誘発する戦略のはずです。歯車が狂うとサイドアウトやバックアウトのミスも考えられます。デルポトロ戦では積極的なウイナーを奪っていました。強打というよりはコースを攻めます。ジョコビッチは流れにより展開を変えてきます。ここでジョコビッチがティエムのテニスをさせずに翻弄させることが出来るようですと、本来のジョコビッチが戻ってくるかもしれません。

どのような展開となるのか楽しみです。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【2017ローマ】「迷惑ノーシード」と言われ続け、本人が一番「不幸なドロー」を闘い続けて来た“寡黙でカッコイイ奴”【"テニス"感覚観戦】

テニススタッツ分析 TSAについて【たまにテニス】

錦織WC出場でジュネーヴ・オープン急遽ゴージャス!ドロー決定 全仏制覇へ錦織は失セットなしで優勝のみ!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ブロガープロフィール

profile-iconjigyakuteki

  • 昨日のページビュー:7213
  • 累計のページビュー:5488629

(09月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 錦織よそろそろ気づけ 今のテニススタイルではビッグ4には勝てないことを 敵は己にあり 全米オープン2016
  2. ジョコビッチのメンタルを打ち砕け。マイアミ・オープンF
  3. マスターズ初制覇を果たす日 今ここに 錦織の勝利確率51% 対ジョコビッチ第5戦 ロジャーズ・カップ2016決勝
  4. ナダル戦でのトイレットブレイクについて
  5. 答えは「 NO 」 錦織のローランギャロスが始まる 全仏オープン2017
  6. フォアハンドが導く「圭の時代」へ 錦織スタイルの再構築について
  7. 錦織の攻撃的テニスを封印 勝つためのテニスに徹しろ! ロジャーズカップ2016 
  8. リターンゲームに賭けろ 錦織の完成形とは 対マレー第3戦 全米オープン2016 QF
  9. 錦織の次なる課題 異次元の世界への挑戦 スイス・インドア2016
  10. 真向から戦い抜いた錦織。ぶれずにそのまま突き進め!マイアミ・オープンF

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss