change-the-flow

ティエムがナダルに勝つ戦略はあるのか マドリード・オープン2017決勝

このエントリーをはてなブックマークに追加

マドリード・オープン決勝はナダルとティエムのカードとなりました。対戦成績はナダルの3勝1敗、ティエムの1勝はティエムが優勝した2016年アルゼンチンOPのSFです。全試合ともクレーコートです。今シーズンはバルセロナ決勝に引き続き2度目の対戦となります。この試合はナダルが6ー4、6ー1のストレート勝率でした。 ナダルは今シーズン8大会目であり、7大会で5回の決勝進出を果たし2勝をあげています。モンテカルロ、バルセロナと連勝中であり、クレーコートシーズンに入り14連勝中です。大会3連勝としジョコビッチに並ぶ30回目のマスターズ優勝を果たすことが出来るのでしょうか。また、レースランキングでは4,045ポイントの首位フェデラーを既に抜き去り、準優勝でも4,335ポイントとなります。 ティエムにとってはマスターズ大会での初の決勝進出です。錦織のマスターズ大会初の決勝進出は同じマドリードMSであり24歳、ティエムは23歳です。しかも相手は同じナダルです。ティエムのマスターズ初制覇への挑戦です。

ティエムのテニスは安定してきています。SFクエバス戦でのウイナー数とUE数はセット毎に7ー7、12ー9です。ところがバルセロナ決勝ナダル戦では10ー19、7ー17です。ナダルは9ー10、5ー6でありSFジョコビッチ戦でも12ー8、8ー9とセット毎に10以下としています。このミスをしないということが課題となりそうです。

ナダルはミスが少なくコートカバーリング力に優れています。ティエムとしては我慢比べ的なラリー戦ではナダルの攻撃を受けたり、バックハンド側を狙われ主導権を握られません。よってティエムは攻撃的な展開を強いられます。クエバス戦のように力まずにストローク戦を展開したいところですが許してもらえないのがナダルです。ティエムのフォアハンドは武器です。逆クロスから左右に振る展開を得意としています。しかし、ナダルはそのフォアハンドを拾いますので更に厳しいショットを要求されバックアウト、サイドアウトしてしまいます。ナダルのバックハンド攻撃をバックハンドで返す展開ではミスをしたりナダルのペースとなります。よってティエムは回り込んでのフォアハンドとしますが、これもロングとなります。ナダルの戦略は変わらないと思います、基本はティエムのバックハンド側に集めて、フォアハンド側に降ります。ティエムはナダルの圧力によりパワーヒットを強いられミス多発状態となります。

それではティエムの戦略はどこにあるのか、バルセロナでポイントを奪れていたのはサービスからの3打目攻撃、ナダルの返しが浅くなるところをフォアハンドのウイナーによるものです。ファイナルセットに持ち込んだ第1セットではサービスポイント(エース含む)は9ポイントであり、この1st確率が鍵だと思います。クエバス戦のようぬ70%以上欲しいところです。まずはサービスゲームを落とさないことです。リターンゲームではポイントを奪れません。ウイナー数は第1セット0、FE数は3、第2セットのウイナーは1、FEは1です。これではナダルのミスを待つしかないように思えます。強打を打ちながらもティエムはミスをしないように粘ることでしょうか。錦織の様に時間を奪うような戦法を持ち得ないところが厳しいです。SFのジョコビッチも第2セットは攻撃的にウイナーを奪いに行っていましたが、ナダル相手には攻めていかないと勝機はないものと思われます。サービスゲームをどうにかキープし、リターンゲームは攻めてワンポイントをものにする戦略でしょうか。

ティエムにとっては厳しい闘いになりそうです。試合を見返してもベストな戦略が見出せません。あるとすれば一球入魂でしょうか。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

錦織の初戦は35歳ベテラン 30位フェレールor38位ロペス(イタリア国際2017・ローマ)【0 to zeroのhorizon】

ATPツアーのTOP10に錦織がいるというのはどういう事なのか? -BIG4時代をデータ検証-【漫遊亭マスターズ】

「NO.50」が示した両者の現在地:ジョコビッチVSナダル (マドリッドSF)【After the "ROGER"】

ブロガープロフィール

profile-iconjigyakuteki

  • 昨日のページビュー:1400
  • 累計のページビュー:5841379

(11月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 錦織よそろそろ気づけ 今のテニススタイルではビッグ4には勝てないことを 敵は己にあり 全米オープン2016
  2. ジョコビッチのメンタルを打ち砕け。マイアミ・オープンF
  3. マスターズ初制覇を果たす日 今ここに 錦織の勝利確率51% 対ジョコビッチ第5戦 ロジャーズ・カップ2016決勝
  4. ナダル戦でのトイレットブレイクについて
  5. 答えは「 NO 」 錦織のローランギャロスが始まる 全仏オープン2017
  6. フォアハンドが導く「圭の時代」へ 錦織スタイルの再構築について
  7. 錦織の攻撃的テニスを封印 勝つためのテニスに徹しろ! ロジャーズカップ2016 
  8. リターンゲームに賭けろ 錦織の完成形とは 対マレー第3戦 全米オープン2016 QF
  9. 錦織の次なる課題 異次元の世界への挑戦 スイス・インドア2016
  10. 真向から戦い抜いた錦織。ぶれずにそのまま突き進め!マイアミ・オープンF

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss