change-the-flow

決勝進出はマレーかティエムか バルセロナ・オープン2017SF

このエントリーをはてなブックマークに追加

バルセロナ・オーブンQF、モンテカルロMS3回戦でマレーが敗退したラモス=ヴィノラスと2大会連続の対戦となり、2時間59分のフルセットの死闘を演じ2ー6、6ー4、7ー6と逆転勝利しリベンジを果たしました。

両選手とも譲らない死闘という表現が適当なのか、大変重い空気を感じられた方もいたかもしれません。しかし、凄い試合であったと思います。マレーもラモス=ヴィノラスもウイナーを狙う等の攻撃的テニスなスタイルではなく、ミス誘発型であり、ある意味地味なテニスとも言えるかもしれません。コートカバーリング力に優れ、兎に角拾いまくります。よって長いラリーが展開されました。第1セットは40分、第2セットは1時間1分、第3セットは1時間18分でした。

勝敗を分けたのはマレーの総合力によるもの、特に攻撃面、ネットプレーでした、マレーのネットをとった回戦は30回、内成功は22回、ラモス=ヴィノラスは19回、成功は8回でした。マレーのセット毎の回数は4-10-16でした。

トップ選手は重要な場面となるまで、決めのサービスやショットを秘めています。マレーは第1セットを奪われ、第2セットを死守しなければならないゲームカウント5ー4からの第10ゲームの場面、ブレイクを奪りにいきます。互いにラリーの応酬となるのですが、ラモス=ヴィノラスのショットは左右に振ります、バックハンドはクロスに返します。マレーはここを狙います。ラリーの中からバックハンドに放ちラモス=ヴィノラスのクロスに返す、よって中央に返球されたところをネットをとりボレーを決めるのです。ラモス=ヴィノラスの3つの2ndからのラリーは全てネットダッシュでポイントをとり第2セットを取りました。

マレーの立ち上がりは散々でした。まず、サービスが入りません。セット毎の1st確率は35%ー43%ー56%です。マレーのサービスゲームから始まりますが、1stはいらず4本の2nd、ラリーはラモス=ヴィノラスのバックハンド側に集めます。それをラモス=ヴィノラスはバックアウトするのです。第1ゲームは3、第2ゲームは2です。このマレーのミス誘発戦略が上手く機能するのかと思いきや、マレーのUE連発が始まります。第1セットのマレーのUE数は21、ラモス=ヴィノラスは10でした。マレーは第3ゲームにDFを含む3つのUE、第5ゲームは4つのUEによりブレイクを献上し第1セットを落とします。

ファイナルセット、マレーはいきなりブレイクを奪われます。ところが、第3ゲームにマレーのボレーが逆を取るかたちとなりラモス=ヴィノラスは左足をとられ痛めます。MTOをとった後の第4ゲームにラブゲームでブレイクバックされます。しかし、戦えない状況ではなかったようですが、気になります、第9ゲームにマレーは4つのUEをだし、ラモス=ヴィノラスにサービングフォーザマッチを与えます。しかし、マレーはブレイクバックしタイブレイクへ。 この試合のマレーの1st最速は記録する限り223kmでした。1st確率は良くなかったマレーですが、タイブレークでは5本全ての1stをいれ、内2本はサービスポイントでした。リターンエースも決め最後はマレーの集中力を感じました。

破れはしましたが、ラモス=ヴィノラスは強いです。よくもあれだけ球を拾えるなと、そこに焦点をあてて観てみたところ、柔軟性があり、コートカバーリング力があり、球際の感性がよい、良い時のジョコビッチのようだと思えてきました。今一つの武器が必要かもしれません。29歳であり勝負の年と捉えているかもしれません。トップ10入も可能と思います。

マレーは明らかに復調しています。この試合くらいの動きが出来れば問題なしです。あとは、サービスの回復と、ミスを減らすことです。UE数52の内21はネットに掛けるものです。そもそもマレーはUE数は1セット5に抑えることが出来ます。このUEを減少させない限り、昨年シーズンのようにマドリード、全仏勝利は出来ないでしょう。マレーは確実に狙いにいきます。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【番外編】ATP版クレーコートパワーランキング(WTA参考)【気ままにスポーツ日記】

杉田の快進撃がベスト8で止まる、世界9位のティエムに完敗(バルセロナ・オープン2017)【0 to zeroのhorizon】

マレーの復調 ラモス=ヴィノラスとの再戦 杉田の躍動 バルセロナ・オープン2017QF【change-the-flow】

ブロガープロフィール

profile-iconjigyakuteki

  • 昨日のページビュー:8577
  • 累計のページビュー:5652201

(10月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 錦織よそろそろ気づけ 今のテニススタイルではビッグ4には勝てないことを 敵は己にあり 全米オープン2016
  2. ジョコビッチのメンタルを打ち砕け。マイアミ・オープンF
  3. マスターズ初制覇を果たす日 今ここに 錦織の勝利確率51% 対ジョコビッチ第5戦 ロジャーズ・カップ2016決勝
  4. ナダル戦でのトイレットブレイクについて
  5. 答えは「 NO 」 錦織のローランギャロスが始まる 全仏オープン2017
  6. フォアハンドが導く「圭の時代」へ 錦織スタイルの再構築について
  7. 錦織の攻撃的テニスを封印 勝つためのテニスに徹しろ! ロジャーズカップ2016 
  8. リターンゲームに賭けろ 錦織の完成形とは 対マレー第3戦 全米オープン2016 QF
  9. 錦織の次なる課題 異次元の世界への挑戦 スイス・インドア2016
  10. 真向から戦い抜いた錦織。ぶれずにそのまま突き進め!マイアミ・オープンF

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss