change-the-flow

それでも負けない、それでも勝ち切る錦織 マイアミ・オープン2017 R16

このエントリーをはてなブックマークに追加

マイアミ・オープン4回戦、錦織はデルボニスと対戦し6ー3、4ー6、6ー3でフルセットで勝利しベスト8進出としました。

第1セット、先にブレイクを奪ったのは錦織でしたが、立ち上がりデルボニスはミスをしません。DFを除くと第7ゲームのフォアハンドをネットにかけるミスが初でした。一方の錦織はベルダスコ戦と同様にミスをします。この展開は、一体とうなるのだろうと不安に包まれて観戦していました。錦織が第1セットを先取したときは、流石錦織と思っていました。

錦織のウイナー数とUE数は27ー41です。 ベルダスコ戦は29ー46でした。

この試合、錦織特有のミスが多発しました。まずは、サービスからの3打目ミスです。フェデラーの必殺3打目攻撃を見せ付けられると、錦織に要求したくなりますが、ここは松岡修造氏の言及するジワジワ攻撃が得策かもしれません。バックハンド逆クロスのサイドアウトもありました。そして、ネットに掛ける、バックアウトのミスです。この現象をどのように捉えればよいのか分かりません。

第2セット、第5ゲーム終了時に、トレーナーによる左膝あたりのマッサージをうけます。この影響でしょうか、第3セット、第1ゲームに錦織は4つのDFをだし見事にサービスゲームをキープしました。これはこれで凄いと思いました。第3ゲームもミス量産が続きます。バックハンドのサイドアウト、バックハンドのサイドアウト、フォアハンドのバックアウト、バックハンドのバックアウト、バックハンドをネットに掛ける。ここはブレイクを譲ります。ここまでくると、足の痛みの影響だと思うのですが、錦織は踏ん張ります。その後の第4ゲームにブレイクバックをし、錦織ペースとなります。ミスをしないデルボニスと思っていたところ、疲労なのでしょうかミス連発です。第6ゲームにブレイクを奪った錦織がそのまま勝利します。

第3セットのデルボニスは、錦織の17のUE以外は、サービスエース1、ウイナー1、サービスポイント3でした。錦織がデルボニスの攻撃を抑え込んだと言えそうです。

QFはフォニーニとなりました。対戦成績は錦織の2勝無敗ですが、気が重くなる相手です。心配なのは足の状況です。影響はありそうな気がします。錦織はどのような思いでいるのでしょうか、「筋肉が切れてもいいから」と闘ったWBでしたが、足がとまると戦えません。ここは祈るばかりです。

それでも、勝てるか錦織。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

左足を痛めた錦織がデルボニス(57位)を破る! 準々決勝はフォニーニ(40位)と対戦!(マイアミ・オープン2017)【0 to zeroのhorizon】

ベルダスコを破って4R進出の錦織。次はデルボニス!【Fight!! Kei NISHIKORI】

マイアミ・オープン2017 ベスト16決定 錦織のいるボトムハーフ・ドローはシード選手3人のみ!【0 to zeroのhorizon】

ブロガープロフィール

profile-iconjigyakuteki

  • 昨日のページビュー:2169
  • 累計のページビュー:5897709

(12月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 錦織よそろそろ気づけ 今のテニススタイルではビッグ4には勝てないことを 敵は己にあり 全米オープン2016
  2. ジョコビッチのメンタルを打ち砕け。マイアミ・オープンF
  3. マスターズ初制覇を果たす日 今ここに 錦織の勝利確率51% 対ジョコビッチ第5戦 ロジャーズ・カップ2016決勝
  4. ナダル戦でのトイレットブレイクについて
  5. 答えは「 NO 」 錦織のローランギャロスが始まる 全仏オープン2017
  6. フォアハンドが導く「圭の時代」へ 錦織スタイルの再構築について
  7. 錦織の攻撃的テニスを封印 勝つためのテニスに徹しろ! ロジャーズカップ2016 
  8. リターンゲームに賭けろ 錦織の完成形とは 対マレー第3戦 全米オープン2016 QF
  9. 錦織の次なる課題 異次元の世界への挑戦 スイス・インドア2016
  10. 真向から戦い抜いた錦織。ぶれずにそのまま突き進め!マイアミ・オープンF

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss