change-the-flow

あきらめない気持と油断 西岡ベスト16進出 BNPパリバ・オープン2017R32

このエントリーをはてなブックマークに追加

IW3回戦、西岡はベルディヒに1−6、7ー6、6ー4と逆転勝利しました。

たった今、録画観戦したばかりです。第2セットの途中までLIVEで途切れ途切れ観ていましたが、正直に言いますと西岡は「負けた」と思ってしまいました。第2セット2ー5の段階においてです。暫くしてスコアを何気なく見に行ったところ、なんと第3セットに突入しているではありませんか。驚きと言うよりは何故、「負けたはず」の西岡がプレーをしているのです。そこからは、隠し隠しオンデマンドで観戦してしまいました。西岡さんには申し訳ないと思っています。前の記事で「勝てないことは決してない」とまで記した自分が「勝てない」と決めつけてしまったのです。反省です。こんなことは記憶にないくらいの反省をしています。後悔してしまうくらいです。「諦めてはならい」のです。最後まで・・・

試合の内容ですが、どのようにして勝利したのか、何が起きたのかという想いを抱きながら観戦しましたが、ベルディヒが勝利しても全くおかしくない状況だったと思います。ベルディヒが「勝つ」西岡が「負けてしまう」と思った方もいらしたのではないでしょうか。ベルディヒ自身も「勝てる」と感じつつ戦っていたのではないか、そこに存在したのは「油断」であったのではないかと推測するのです。

第1セット、西岡に疲れを感じさせられました。ベルディヒのパワーもあるのでしょうが西岡にミスが目立ちます。前回の記事にて勝因にあげたフォアハンドにミスがバックアウトとネットに掛けるミスが目立ちます。以前に錦織のミスについて記させて頂いたものと同様に足がそろう、オープンスタンスになっているのです。それによりバックアウト、ネットに掛けるミスに繋がっていたものと思います。ベルディヒの強打と西岡の足が動いていないことが要因ではないかと思います。第4ゲーム、第6ゲームとミスが4つづつのUEをだしブレイクを奪われ第1セットを落とします。ウイナー数とUE数は西岡の4ー11、ベルディヒの9ー9でした。カルロビッチ戦で見せた攻撃的テニスはそこにはありませんでした。

第2セット、西岡はミスなどで第5ゲーム、第7ゲームとブレイクを奪われ2ー5とし第8ゲームにベルディヒのサービングフォーザマッチを迎えます。この頃からベルディヒにミスが増えてきます。ベルディヒはネットを取ります。最近のベルディヒはテニスに変化をつけようとしているようです。ネットを取りにいきます。あくまでも推測の範疇ですが、ベルディヒは試したのではないでしょうか。極端な言い方をするとネットをとる練習をした。そこまで完全にベルディヒにペースにあった中、勝てるという前提の上にです。ところが西岡はパッシングウイナーを2本決めます。ベルディヒは更に2つのバックアウトのミスをおかし西岡がブレイクを一つ返します。第9ゲーム、ベルディヒはマッチポイント握るなどしますが西岡は粘ります。16ポイント目でキープします。これで流れは西岡に、ベルディヒは西岡にペースを譲ってしまうのです。それからは、諦めない粘る西岡とミスをするベルディヒでした。特にベルディヒのバックアウトのミスが目立ちました。ウイナー数とUE数は西岡のー8、ベルディヒの14ー22でした。

第3セット、西岡は粘りのテニスを展開します。ベルディヒの弱点に配球出来るわけではありませんが、ひたすら返します。西岡はミスは少ないです。西岡は粘り、ひたすら拾い、ベルディヒはミスをする。そして西岡のサービングフォーザマッチ、最後はサービスエースでラブゲームキープ、西岡が初のMSベスト16を決めました。ウイナー数とUE数は西岡の5ー4、ベルディヒの15ー23でした。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

奇跡ではなく実力で掴み取った西岡の大金星! ~2017 IW-3回戦~【KEI ENERGY】

100%どこよりも詳しい西岡対ベルディハ戦超細かい解説!!インディアウェルズ現地からお届け!!!【世界中放浪コーチの感想】

西岡良仁が大逆転! 第13シード・ベルディヒ(14位)に勝利でマスターズ16強の快挙!(BNPパリバ・オープン2017)【0 to zeroのhorizon】

ブロガープロフィール

profile-iconjigyakuteki

  • 昨日のページビュー:3140
  • 累計のページビュー:5893061

(12月14日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 錦織よそろそろ気づけ 今のテニススタイルではビッグ4には勝てないことを 敵は己にあり 全米オープン2016
  2. ジョコビッチのメンタルを打ち砕け。マイアミ・オープンF
  3. マスターズ初制覇を果たす日 今ここに 錦織の勝利確率51% 対ジョコビッチ第5戦 ロジャーズ・カップ2016決勝
  4. ナダル戦でのトイレットブレイクについて
  5. 答えは「 NO 」 錦織のローランギャロスが始まる 全仏オープン2017
  6. フォアハンドが導く「圭の時代」へ 錦織スタイルの再構築について
  7. 錦織の攻撃的テニスを封印 勝つためのテニスに徹しろ! ロジャーズカップ2016 
  8. リターンゲームに賭けろ 錦織の完成形とは 対マレー第3戦 全米オープン2016 QF
  9. 錦織の次なる課題 異次元の世界への挑戦 スイス・インドア2016
  10. 真向から戦い抜いた錦織。ぶれずにそのまま突き進め!マイアミ・オープンF

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss