男子新体操情報ブログ

月別アーカイブ :2014年11月

第67回全日本新体操選手権大会男子レポート(団体)

上位のチームは実施のミスがなく、団体決勝は熾烈な争いとなった。 昨年度総合優勝の花園大学も連覇を狙うにふさわしい斬新な構成で挑んだが青森大学の優勝返り咲きを狙う勢いに一歩及ばず準優勝となった。 青森大学は冒頭の流れるコンビネーションからスタートし、タンブリングの終末なども高難度にもかかわらず見ているものが安心してみていられるほど安定していた。ラストのオリジナリティな組もしっかりと決め、すべての要......続きを読む»

第67回全日本新体操選手権大会男子レポート(個人総合)

男子個人総合は、前年度優勝の斉藤剛大(国士舘大学4年)と本年度全日本インカレ覇者の臼井優華(中京大学2年)の最後まで結果がわからない展開での優勝争いは、最終種目まで一歩も引かない勝負だったが、最終勝負となった臼井のクラブの演技で勝負がついた。投げ前方宙返り一回捻りでのまさかの落下場外により、その瞬間に斉藤に続く暫定2位となった。  3位には小川晃平(花園大学1年)が続いた。全体的に手具操作が巧みで実......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconjgamrg

日本体操協会新体操委員会内企画研究部と男子新体操関係者が中心となって集める男子新体操の情報やそのトピックを配信するブログです。コメント書き入れも可能とし、男子新体操でつながる輪を広げようとする新たな試みのスタート。
  • 昨日のページビュー:64
  • 累計のページビュー:285538

(05月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【メディア情報】一億人の大質問?!笑ってこらえて!(田原丈嗣/花園大学)
  2. 2014高校総体新体操男子レポートまとめ
  3. 【大会レポート】SASAKICUP第14回新体操ユース、第7回男子新体操団体選手権
  4. 【大会レポート】第69回全日本新体操選手権大会
  5. 【遠征報告】花園大学男子新体操部「ロシア・フェスティバル“アリーナ”」(Festival "Alina")
  6. 【メディア情報】日本テレビ「笑ってコラえて!」放送8月10日
  7. Chacott CHAMPIONSHIPS第32回全日本ジュニア新体操男子レポート①
  8. 【遠征レポート②】青森大学男子新体操部~ロシア~2015年2月
  9. 【参加者】第26回全日本スポーツアクロ体操選手権大会
  10. 【メディア情報】TBS「サンデーモーニング」 6月7日(日)

月別アーカイブ

2017
05
03
02
2016
12
11
10
08
07
06
03
02
2015
11
08
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
04
2013
12
11
10
08
06
04
02
01
2012
12
11
10
09
07
05
04
03
02
01
2011
12
06
04
02
2010
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss