男子新体操情報ブログ

イベントレポート

第70回全日本新体操選手権大会(男子レポート)

大会成績についてはこちら 第70回全日本選手権大会は10月27日(金)~29日(日)の3日間、千葉ポートアリーナで開催、個人38名、団体16チームで日本一を競った。 <個人総合> 3種目を終えた時点で東日本インカレ覇者の永井直也選手(青森大学)、西日本インカレ覇者の小川晃平選手(花園大学)、前年度全日本覇者の臼井優華選手(大垣共立銀行OKB体操クラブ)が0.15点の僅差で競い合う近年稀にみる好勝......続きを読む»

Chacott CHAMPIONSHIPS第35回全日本ジュニア新体操選手権大会(男子団体)レポート

大会成績はこちら ジュニア男子写真 第35回全日本ジュニア新体操選手権大会団体は、神崎ジュニアの二連覇となった。 身長としては小さなチームであるが、跳躍力だけでなく、3分間の運動量もシニア選手に引けをとらない内容であった。またその多い運動量の演技をしっかりとこなし身体の小ささを感じさせない大きな演技で二連覇達成を果たした。 2位の井原ジュニア新体操クラブは、井原の持ち前である正確な体操がしっかり......続きを読む»

Chacott CHAMPIONSHIPS第35回全日本ジュニア新体操選手権大会(男子)写真

大会成績はこちら <男子団体> 優勝 神埼ジュニア新体操クラブ↓ 2位  井原ジュニア新体操クラブ↓ 3位  北海道新体操クラブ恵庭↓ 4位  JKA芦北ジュニア新体操クラブ↓ 4位  国士舘ジュニアRG↓ 6位  宮城 キューブ新体操↓ 7位  滝沢南中学校↓ 8位  君津新体操クラブ↓ <男子個人総合> 優勝 森谷 祐夢(国士舘ジュニアRG)↓ 2位  田中......続きを読む»

Chacott CHAMPIONSHIPS第35回全日本ジュニア新体操選手権大会(男子個人)レポート

成績はこちら 【男子個人総合】写真 男子個人の優勝者は、すでに全日本新体操ユースチャンピオンシップで全日本選手権大会の出場権利を獲得している国士館ジュニアRGの森谷祐夢選手がスティック、リング、ロープの三種目で1位、クラブで2位。そして総合で初優勝を果たした。森谷選手は、小柄ではあるが、身体の一つひとつを非常に大きく、扱っており、手具との一体化もできていて、全日本選手権大会でもシニア選手と比べて......続きを読む»

【大会レポート】SASAKICUP第15回新体操ユース、第8回男子新体操団体選手権

第15回(男子としては10回目)となるSASAKICUP全日本新体操ユースチャンピオンシップの男子個人総合を制したのは、埼玉栄高等学校の田中啓介選手。田中選手は本年3月愛媛県で開催された全国高校選抜大会でも個人総合優勝しており、本年2冠の達成となった。  持ち前の長身を生かし、一つ一つの動作や技を丁寧にかつ、非常に大きく演技し、種目によっては、若干のミスや乱れはあったものの、総合得点で青森山田高等学......続きを読む»

【レポート】H28男子新体操全国指導者選手合同合宿

H28男子新体操全国指導者選手合同合宿会場ごとのレポート 1月 8日・ 9日 青森会場レポート 2017.01.20掲載 1月21日・22日 関東会場レポート 2017.02.08掲載 1月28日・29日 関西会場レポート 2017.01.31掲載 1月28日・29日 九州会場レポート 2017.02.08掲載 2月4日・5日  山形会場レポート 2017.02.21掲載 ...続きを読む»

【大会レポート】第69回全日本新体操選手権大会

第69回全日本新体操選手権大会は11月25日(金)~27日の3日間、国立代々木競技場第一体育館にて行い、男子個人36名、団体15チームで日本一を競った。 【個人総合】 男子個人総合では、臼井優華選手(中京大学/大垣共立銀行OKB体操クラブ)が全種目を18点中盤以上獲得し全4種目トップで、2位に2.575差の大差での優勝であった。臼井選手は、2014年度・2015年度を準優勝と最終種目であったクラブ......続きを読む»

【レポート】Chacott CHAMPIONSHIPS第34回全日本ジュニア新体操(男子)

男子個人総合を制したのは、昨年度準優勝の佐久本和夢選手(君津新体操クラブ)。 昨年度は前半2種目で単独1位であったものの、後半2種目でミスを連続してしまい優勝を逃してしまった。今回は前半2種目を昨年同様ほぼ完ぺきに演技し、後半のロープ、クラブにかかってきた。後半最初のクラブでは、少し硬さが見えたが、主要な要素や難度をしっかりとこなした。ロープでは勝利を意識したのかキャッチングで若干の乱れがでて、落下......続きを読む»

【大会レポート】SASAKICUP第14回新体操ユース、第7回男子新体操団体選手権

【男子個人総合】 男子個人総合の部は安藤梨友(大垣共立銀行OKB体操クラブ)が3連覇を成し遂げた。一種目目のリングでは安藤にしてはめずらしく手具を落下するミスがあったが、その後の三種目は安定した演技を披露しリング以外の種目で全て一位を獲得し総合優勝を勝ち取った。 安藤は持ち前のタンブリング力に加えて近年磨いてきた表現力にも磨きがかかり男子新体操ならではの力強くダイナミックで迫力のある演技であった。今......続きを読む»

【合宿レポート】H27男子新体操全国指導者選手合同合宿(東北宮城会場)

【2日目】(宮城白石会場:ホワイトキューブ)  白石会場はスプリング式フロア1面、スポンジ式フロア1面、女子フロア1面を準備して、130名の参加者が余裕を持って動ける体制を整えたつもりだったが、やはり手狭な感があった。  青森会場と同じく午前中、指導者コースは2015年版採点規則の伝達講習、選手コースは青森大学の中田先生による徒手の基本、blue Tokyo kidsの川戸先生によるコーディネーショ......続きを読む»

【合宿レポート】H27男子新体操全国指導者選手合同合宿(東北青森会場)

1月30日~31日の2日間で東北地区の合宿を開催した。今年度は初めて青森と宮城白石で会場を分け、それぞれ1日ずつ講習を行う形にした。青森会場は参加総数約90名、宮城白石会場は約130名と東北地区合計で200名を超える参加者があり、過去最高の参加者数となった。 【1日目】(青森会場:青森大学国際卓球センター) 午前中、指導者コースは2015年版採点規則の伝達講習を行った。今年度から採用されている新ル......続きを読む»

【合宿レポート】H27男子新体操全国指導者選手合同合宿(九州会場)

九州会場としては3回目の開催となり、昨年同様多くの指導者・選手に参加していただいた。九州地区のチームが中心だが、今年度は中国ブロックからも指導者・選手が参加を頂いた。  今回は、以前より他会場でも実施されている「コーディネーショントレーニング」を取り入れた。トレーニングをお願いした泉原講師には、年齢毎にグループ編成しそれぞれの年齢層に合った内容を計画・実施して頂いた。子ども達も楽しく、また真剣に活動......続きを読む»

【合宿レポート】H27男子新体操全国指導者選手合同合宿(関東会場)

例年数多く集まる本合宿には今年も多くの申し込みがあった。その中で、1月23日から1月24日に実施された関東会場(国士舘大学)についての報告をする。 関東を中心とする多くの選手の他に今年は東北、北信越地方からも選手、指導者が参加した。 今回はアクロバット講座、バレエ講座、柔軟講座、ダンス講座など他の競技の指導者を招き例年よりも講習内容の充実を図った。 体操の小畑講師を招いて行った実技指導においては、......続きを読む»

【合宿レポート】H27男子新体操全国指導者選手合同合宿(関西会場)

1月16、17日に花園大学真人館にて男子新体操全国指導者選手合同合宿(関西会場)が行われました。今年度、関西会場では講師に武庫川女子大学体操部監督の大野和邦先生とバトントワリングの世界大会で優勝経験を持ち、現在はプロとして活動を続けている渡辺翔史先生をお迎えしました。  16日に行われた大野先生によるタンブリング講習では、指導者と選手の双方に向けての講習でした。特に何のためにそのトレーニングをするの......続きを読む»

【遠征レポート②】青森大学男子新体操部~ロシア~2015年2月

ロシア遠征報告:青森大学新体操部 中田吉光 去る2/15(日)、ロシア新体操生誕80年を記念したイベントがロシア・サンクトペテルブルグのマリインスキー劇場で演出ダニエル・エズラロウ氏(ソチ冬季オリンピックを手掛ける)のもと盛大に開催された。 公演内容は三部構成となっており、一部では世界に誇るロシア新体操(幼児からナショナルまで)の各種パフォーマンスを行いロシア新体操の層の厚さやレベルの高さを見せ......続きを読む»

【合宿レポート】男子新体操全国指導者選手合同合宿 九州会場

実施場所 福岡大学内体育館          実施期間 2015年2月14日(土)~15日(日) 昨年に続き2度目の開催となった九州会場では昨年同様に多くの指導者・選手が集まった。 今回はアクロ、チア、体操競技から講師を招いて合宿を実施した。 まず、アクロは九州会場では初めての試みであったため多くの選手達が意欲を持って取り組んでいた。様々な組技に挑戦し選手達は新体操に活かせるような技術の習得......続きを読む»

【合宿レポート】男子新体操全国指導者選手合同合宿 関西会場

実施場所 花園大学 真人館 実施期間 2015年2月14・15日 今年度も昨年、一昨年に続き中部・関西・中国・四国地方より約130名の選手・指導者の参加があり、2日間に渡り、選手・指導者とも真剣に取り組んでいる姿が見られた。 1日目 3時間行われたアクロ体操の講習では、初めは全員緊張気味でしたが組体操の練習を徐々に行っていくうちに緊張もほぐれたのか、楽しみながら、しかし全ての技に全員が集中し......続きを読む»

【合宿レポート】男子新体操全国指導者選手合同合宿 東北会場

実施場所 白石市ホワイトキューブ 実施期間 2015年1月31日~2月1日 【1日目】 全体を2グループに分け、柔軟運動、アイソレーションを入れ替え制で行った。特にアイソレーションに関しては、近年男子新体操のトレーニングに多くのチームが取り入れるようになってきており、大学生が実施する姿を見ながらのトレーニングは、少ない時間であったが、特にジュニア、高校生に刺激になっていたようである。 その間別......続きを読む»

【合宿レポート】男子新体操全国指導者選手合同合宿 関東会場

実施場所 国士舘大学多目的フロア           実施期間 2015年1月24日(土)~25日(日)     本年は昨年度同様に東京、宮城、京都、九州の4会場で開催される男子新体操の合宿である。 例年数多く集まる本合宿には今年も多くの申し込みがあった。 関東を中心とする多くの選手の他に今年は東北、北信越地方からも選手、指導者が参加した。今回はアクロの講習に加え、体操競技、バレエ講座など指導者に......続きを読む»

【遠征レポート】国士舘大、中京大、国士舘ジュニア~アメリカ~2015年2月

海外遠征報告 (アメリカ、アトランタ市) ■責任者  山田小太郎(国士舘大学監督) ■参加者  斉藤剛大(国士舘大学4年生)、糸井謙(国士舘大学3年生) 臼井優華(中京大学2年生)、宮澤一成(国士舘大学1年生) 岩井拓将(国士舘大学1年生)、石川裕平(国士舘高校1年生) 井門輝(国士舘ジュニア中学3年生) 1月29日(木)より2月3日(火)までアメリカのアトランタで開催された「Paws fo......続きを読む»

1 3

ブロガープロフィール

profile-iconjgamrg

日本体操協会新体操委員会内企画研究部と男子新体操関係者が中心となって集める男子新体操の情報やそのトピックを配信するブログです。コメント書き入れも可能とし、男子新体操でつながる輪を広げようとする新たな試みのスタート。
  • 昨日のページビュー:59
  • 累計のページビュー:296578

(11月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【メディア情報】一億人の大質問?!笑ってこらえて!(田原丈嗣/花園大学)
  2. 2014高校総体新体操男子レポートまとめ
  3. 【大会レポート】第69回全日本新体操選手権大会
  4. 【大会レポート】SASAKICUP第14回新体操ユース、第7回男子新体操団体選手権
  5. 【遠征報告】花園大学男子新体操部「ロシア・フェスティバル“アリーナ”」(Festival "Alina")
  6. 【メディア情報】日本テレビ「笑ってコラえて!」放送8月10日
  7. Chacott CHAMPIONSHIPS第32回全日本ジュニア新体操男子レポート①
  8. 【遠征レポート②】青森大学男子新体操部~ロシア~2015年2月
  9. 【参加者】第26回全日本スポーツアクロ体操選手権大会
  10. 【メディア情報】TBS「サンデーモーニング」 6月7日(日)

月別アーカイブ

2017
10
05
03
02
2016
12
11
10
08
07
06
03
02
2015
11
08
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
04
2013
12
11
10
08
06
04
02
01
2012
12
11
10
09
07
05
04
03
02
01
2011
12
06
04
02
2010
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss