男子新体操情報ブログ

【遠征報告】花園大学男子新体操部「ロシア・フェスティバル“アリーナ”」(Festival "Alina")

このエントリーをはてなブックマークに追加

ロシア遠征「Alina Kabaeva Cgarity Foundation」参加レポート

派遣チーム:花園大学男子新体操部(コーチ1名、選手7名) コーチ:野田光太郎 選 手:朝留涼太、一藤如月、北原翔太、石川航大、三井所智也、平岡貴士、大倉義貴 派遣期間:平成26年4月21日(月)日本出国      平成26年4月22日(火)~23日(水)リハーサル、練習      平成26年4月24日(木)フェスティバル本番      平成26年4月25日(金)ロシア出国~26日(土)日本帰国

 今回、ロシアの「アリーナ・カバエバチャリティー基金」より、フェスティバル出演のご招待をいただき、私たち花園大学男子新体操団体が参加させていただくこととなりました。

成田空港からドモジェドヴォ国際空港へ約10時間、空港から宿泊施設まで約1時間半かけて移動しました。宿泊施設は「スポーツ複合施設<クンツェヴォ>」で、体育館2つ、グラウンド、トレーニングルーム、各種練習場とレストラン、宿泊用の部屋がありました。  今回の「Alina Kabaeva Cgarity Foundation」には、ロシア国内からロシアナショナルチーム、新体操クラブ多数、パワータンブリングチーム、アクロ体操チーム、ダンスチーム、歌手など多数参加しており、ロシア国外からは日本(花園大学)、ブルガリア新体操チーム、キューバ新体操チームが参加しました。

 日本出発時にはイベント内容が全くわからないままでしたが、会場に到着した際、照明、音響、スクリーンなど舞台装置の豪華さに驚きました。各チームの演技については、ほとんどのチームが大人数での集団演技をしていました。どのチームも衣装にこだわっており、“妖精”“火の精”“パジャマと枕”“水兵”など、このイベントの為に用意した個性もあり、日本の男子新体操の手具(スティック、リング)を使用した演目もありました。    また各チームの演技と曲に合わせて予め映像が作られており、演技中に3面の大型スクリーンに映像が映し出されていました。ロシアでもテレビ放送された様で、テレビカメラ5~6台程と大型クレーンのついたカメラも2台あり、テレビのインタビューも受けました。    タイムスケジュールがしっかり決まっておらず、当日まで予定が不明であったり、スケジュールが急に変更したり大変でしたが、日本(花園大学)の本番の演技はミスもなく大変いい演技ができ、大盛況でした。エンディングにはアリーナ・カバエバさんが歌ったりし、大変盛り上がりました。

 フェスティバル終了後には日本(花園大学)チームに写真とサインを求めて1時間くらい列ができていました。

また、カバエバさんやスタッフの方に「素晴らしかった。来年も是非来て下さい!」と言っていただくことができたので大変嬉しく思いました。

 出演者総勢約300人と大規模で、客席も満席で溢れんばかりの人、豪華な舞台、とても素晴らしいイベントでありロシアの人達の新体操に対する関心の高さも窺えました。

 今回大変貴重な経験をさせて頂き、指導者選手一同、関係者の皆様には心より感謝致しております。

報告:花園大学男子新体操部 監督 野田光太郎

写真提供:花園大学男子新体操部 ※無断で転写使用禁止※

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
イベントレポート
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

全国9ブロック体操競技選手権大会成績(抜粋)【全国高体連体操部ブログ】

まだまだ内村時代は続く【Armar know Jack Bigwild】

第53回NHK杯体操 男子総括【日本体操協会公式ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconjgamrg

日本体操協会新体操委員会内企画研究部と男子新体操関係者が中心となって集める男子新体操の情報やそのトピックを配信するブログです。コメント書き入れも可能とし、男子新体操でつながる輪を広げようとする新たな試みのスタート。
  • 昨日のページビュー:108
  • 累計のページビュー:285475

(05月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【メディア情報】一億人の大質問?!笑ってこらえて!(田原丈嗣/花園大学)
  2. 2014高校総体新体操男子レポートまとめ
  3. 【大会レポート】SASAKICUP第14回新体操ユース、第7回男子新体操団体選手権
  4. 【大会レポート】第69回全日本新体操選手権大会
  5. 【遠征報告】花園大学男子新体操部「ロシア・フェスティバル“アリーナ”」(Festival "Alina")
  6. 【メディア情報】日本テレビ「笑ってコラえて!」放送8月10日
  7. Chacott CHAMPIONSHIPS第32回全日本ジュニア新体操男子レポート①
  8. 【遠征レポート②】青森大学男子新体操部~ロシア~2015年2月
  9. 【参加者】第26回全日本スポーツアクロ体操選手権大会
  10. 【メディア情報】TBS「サンデーモーニング」 6月7日(日)

月別アーカイブ

2017
05
03
02
2016
12
11
10
08
07
06
03
02
2015
11
08
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
04
2013
12
11
10
08
06
04
02
01
2012
12
11
10
09
07
05
04
03
02
01
2011
12
06
04
02
2010
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss