男子新体操情報ブログ

Chacott CHAMPIONSHIPS第35回全日本ジュニア新体操選手権大会(男子個人)レポート

このエントリーをはてなブックマークに追加

成績はこちら

【男子個人総合】写真

男子個人の優勝者は、すでに全日本新体操ユースチャンピオンシップで全日本選手権大会の出場権利を獲得している国士館ジュニアRGの森谷祐夢選手がスティック、リング、ロープの三種目で1位、クラブで2位。そして総合で初優勝を果たした。森谷選手は、小柄ではあるが、身体の一つひとつを非常に大きく、扱っており、手具との一体化もできていて、全日本選手権大会でもシニア選手と比べても四種目とも遜色ない演技であった。最終種目のクラブ(2位)で落下のミスが出てしまったのは残念だったが、全日本選手権大会に向けて、四種目をノーミスで演技しきれる力をつけてきていただきたい。

準優勝は、華舞翔新体操倶楽部の田中涼介選手。ジュニアとしては体ができていて、大きな演技であった。技においても、派手さはないが、堅実に確実に処理していて、落ち着いた演技を見ることができた。ロープでのミスが目立ったが、ジュニア全体でロープのミスは多かったので、ジュニアの鬼門となっていた。

3位は、広島ジムフレンズの東本侑也選手。この選手も田中選手同様大きな体をしっかりと使っていて、動きや手具操作の強弱が上手く、フロアー面の使用もダイナミックに演じていた。基本を忠実に実施されていて、将来が楽しみな選手。

男子個人の全日本ジュニアとしては、ロープにおいては、まだまだ扱いが未熟な面が見えたが、入賞した8名だけでなく、半分くらいまでは、僅差での争いとなり、一つのミスで順位が大きく変わっていた。

全日本選手権大会に通過した選手は是非、シニア選手を脅かす演技をしてもらいたい。

男子新体操委員会



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
イベントレポート
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

Chacott CHAMPIONSHIPS第35回全日本ジュニア新体操選手権大会(女子個人)レポート【日本体操協会公式ブログ】

白井健三選手、ロンジン・エレガンス賞受賞【日本体操協会公式ブログ】

白井健三 の舞台度胸に驚嘆【情熱的氷滑芸術】

ブロガープロフィール

profile-iconjgamrg

日本体操協会新体操委員会内企画研究部と男子新体操関係者が中心となって集める男子新体操の情報やそのトピックを配信するブログです。コメント書き入れも可能とし、男子新体操でつながる輪を広げようとする新たな試みのスタート。
  • 昨日のページビュー:82
  • 累計のページビュー:297272

(12月13日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【メディア情報】一億人の大質問?!笑ってこらえて!(田原丈嗣/花園大学)
  2. 2014高校総体新体操男子レポートまとめ
  3. 【大会レポート】第69回全日本新体操選手権大会
  4. 【大会レポート】SASAKICUP第14回新体操ユース、第7回男子新体操団体選手権
  5. 【遠征報告】花園大学男子新体操部「ロシア・フェスティバル“アリーナ”」(Festival "Alina")
  6. 【メディア情報】日本テレビ「笑ってコラえて!」放送8月10日
  7. Chacott CHAMPIONSHIPS第32回全日本ジュニア新体操男子レポート①
  8. 【遠征レポート②】青森大学男子新体操部~ロシア~2015年2月
  9. 【参加者】第26回全日本スポーツアクロ体操選手権大会
  10. 【メディア情報】TBS「サンデーモーニング」 6月7日(日)

月別アーカイブ

2017
12
10
05
03
02
2016
12
11
10
08
07
06
03
02
2015
11
08
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
04
2013
12
11
10
08
06
04
02
01
2012
12
11
10
09
07
05
04
03
02
01
2011
12
06
04
02
2010
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss