男子新体操情報ブログ

【遠征レポート②】青森大学男子新体操部~ロシア~2015年2月

このエントリーをはてなブックマークに追加

ロシア遠征報告:青森大学新体操部 中田吉光

去る2/15(日)、ロシア新体操生誕80年を記念したイベントがロシア・サンクトペテルブルグのマリインスキー劇場で演出ダニエル・エズラロウ氏(ソチ冬季オリンピックを手掛ける)のもと盛大に開催された。

公演内容は三部構成となっており、一部では世界に誇るロシア新体操(幼児からナショナルまで)の各種パフォーマンスを行いロシア新体操の層の厚さやレベルの高さを見せ付けるものであった。 二部では、オペラ歌手マリア・グレギーナ女史による歌声・オーケストラに合わせ、歴代のメダリスト達(アリーナ・カバエワ、エフゲニア・カナエワ、ユリア・バルスコワ達)のゆったりと歩く、その名も「レジェンド」が紹介された。三部は「ボレロ」の曲に合わせロシア以外11カ国から招待されたナショナル選手達によるコラボレーション演技というもので、日本からは早川さくら選手、皆川夏穂選手(本国 特別強化選手)と籠島遼選手、藤原大貴選手、佐藤秀平選手、永井直也選手(青森大学男子新体操部)が出演した。

ロシア国内ではテレビ放送が組まれるということもあり、そのCMもたくさん流れているなどイベントの大きさを感じさせられた。

公演準備のため2/7(土)から出国しセッションをもったわけだが、ロシア語が解らないというだけでなく、組まれてある練習予定時間が直前で変更されたり、次の日会場移動時間が夜中1時に変更連絡が来たりなど、まず日本ではあり得ないことが多く戸惑いもたくさんあった。

演出のダニエル氏から今回指名を受けての参加という形であるが、事前に準備していった我々のパート演目を見て「ブラボー」喜んでいただいた。また、ラストのクライマックスには全員参加で「何かアイディアはないか」と制作にも参加した。

ダニエル氏から紹介され、主催者であるロシア新体操連盟のイリナ・ヴィネル女史との初対面の会話で、「日本の男子新体操は前にも見たことがある。ロシアにも女子の新体操をそのままやっている選手がいる。男子はスピーディーで迫力がなければならない。だから君たちを呼びたかった。これは特別なショーである!来年はない(ロシア新体操80周年記念だから)いろんな方々を呼んでいる。そこで披露する意味を考えなさい。」と、厳しくも温かいお言葉をいただき、呼ばれた意義を強く感じた。

また、三部でのトリ(最後の演者)を任され、その直前であるロシア団体との波長が合わず演技がボロボロになった時、彼女から「本日中にどこの場所(新体操専用体育館など普通では入ることさえ認められない)を使っても良いから完璧にしなさい」と我々にさえ激が飛ぶほどパワフルであった。勿論、他国の選手だろうとあまり調子が良くない選手には出場する順番まで変更させられるという怒り方に容赦ない。そういう指摘たる威厳は物凄いものがあり、それほど真剣で世界のトップに君臨するのも分かる。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
イベントレポート
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【合宿レポート】男子新体操全国指導者選手合同合宿 九州会場【男子新体操情報ブログ】

『広島選抜(女子新体操)』難度申告用紙【全国高体連体操部ブログ】

『広島選抜(新体操・体操競技)』の取材について(報道関係者用)【全国高体連体操部ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconjgamrg

日本体操協会新体操委員会内企画研究部と男子新体操関係者が中心となって集める男子新体操の情報やそのトピックを配信するブログです。コメント書き入れも可能とし、男子新体操でつながる輪を広げようとする新たな試みのスタート。
  • 昨日のページビュー:85
  • 累計のページビュー:285971

(05月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【メディア情報】一億人の大質問?!笑ってこらえて!(田原丈嗣/花園大学)
  2. 2014高校総体新体操男子レポートまとめ
  3. 【大会レポート】SASAKICUP第14回新体操ユース、第7回男子新体操団体選手権
  4. 【大会レポート】第69回全日本新体操選手権大会
  5. 【遠征報告】花園大学男子新体操部「ロシア・フェスティバル“アリーナ”」(Festival "Alina")
  6. 【メディア情報】日本テレビ「笑ってコラえて!」放送8月10日
  7. Chacott CHAMPIONSHIPS第32回全日本ジュニア新体操男子レポート①
  8. 【遠征レポート②】青森大学男子新体操部~ロシア~2015年2月
  9. 【参加者】第26回全日本スポーツアクロ体操選手権大会
  10. 【メディア情報】TBS「サンデーモーニング」 6月7日(日)

月別アーカイブ

2017
05
03
02
2016
12
11
10
08
07
06
03
02
2015
11
08
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
04
2013
12
11
10
08
06
04
02
01
2012
12
11
10
09
07
05
04
03
02
01
2011
12
06
04
02
2010
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss