男子新体操情報ブログ

2014高校総体新体操男子レポートまとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

平成26年度全国高等学校総合体育大会新体操レポート

平成26年8月8日~8月9日(国立代々木競技場 第一体育館)

 男子個人総合は8月8日スティック、クラブの2種目の総合点で競われ、優勝は今年度ユースチャンピオンシップ優勝者の安藤梨友選手(済美高等学校1年)であった。安藤選手はジュニア時代から全国レベルの大会で活躍しており、今大会でも高難度のタンブリングと絶対的な安定感を武器に、素晴らしい演技を披露し実力を発揮した。また、スティックの演技では、タンブリングだけでなく徒手や手具操作に変化が見られ、今後の更なる成長の予感がした。

準優勝は林雅己選手(埼玉栄高等学校3年)で、実力を発揮できなかった選手も大勢いるなか、高難度の投げ技も見事に決め、緊張を感じさせないダイナミックな演技を披露してくれた。

3位は堀孝輔選手(高田高等学校1年)で、高難度の投げ技と独特の構成で存在感を示した。    男子団体競技は8月9日に行われ、各チームが息の合った演技を披露した。 優勝に輝いたのは埼玉栄高等学校で、独特な倒立技をはじめ「埼玉栄らしい」構成で栄旋風を巻き起こした。今年度のユースチャンピオンシップに続き2冠となり、埼玉栄にとっては念願の今大会初優勝を見事に飾った。

準優勝は小林秀峰高等学校で、細かい隊形の乱れや小さなミスはあったものの質の高い組技やタンブリング、徒手が高いレベルでまとめられていた。

3位は恵庭南高等学校でジュニア時代から団体でも上位で活躍していた選手が中心となり、実力を発揮した。

また、注目度の高いチームとして岡山県立井原高等学校があるが、他を寄せ付けない圧倒的な構成と美しさで観客を魅了したが、ライン減点や倒立でのミスがひびき4位となった。    今大会では2日間にわたり熱戦が繰り広げられたが、例年になく多くのテレビカメラやマスコミ関係者が入っており、大変多くの観客動員となり男子新体操関係者としては嬉しく思った。また、ジュニアの全国大会で活躍していた選手も多数出場しており1、2年生の活躍も目立った。近年ではジュニア層のレベルアップが著しく、高校での活躍も多くみられるようになってきており、男子新体操全体の競技力向上に繋がっていると感じた。

記載者 野田光太郎

高校総体関連ホームページ



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
イベントレポート
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

記事掲載のご案内【新体操研究所】

2014高校総体新体操レポート1日目【日本体操協会公式ブログ】

2014インターハイに向けて~前橋工業高校(群馬県)【新体操研究所】

ブロガープロフィール

profile-iconjgamrg

日本体操協会新体操委員会内企画研究部と男子新体操関係者が中心となって集める男子新体操の情報やそのトピックを配信するブログです。コメント書き入れも可能とし、男子新体操でつながる輪を広げようとする新たな試みのスタート。
  • 昨日のページビュー:147
  • 累計のページビュー:285368

(05月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【メディア情報】一億人の大質問?!笑ってこらえて!(田原丈嗣/花園大学)
  2. 2014高校総体新体操男子レポートまとめ
  3. 【大会レポート】SASAKICUP第14回新体操ユース、第7回男子新体操団体選手権
  4. 【大会レポート】第69回全日本新体操選手権大会
  5. 【遠征報告】花園大学男子新体操部「ロシア・フェスティバル“アリーナ”」(Festival "Alina")
  6. 【メディア情報】日本テレビ「笑ってコラえて!」放送8月10日
  7. Chacott CHAMPIONSHIPS第32回全日本ジュニア新体操男子レポート①
  8. 【遠征レポート②】青森大学男子新体操部~ロシア~2015年2月
  9. 【参加者】第26回全日本スポーツアクロ体操選手権大会
  10. 【メディア情報】TBS「サンデーモーニング」 6月7日(日)

月別アーカイブ

2017
05
03
02
2016
12
11
10
08
07
06
03
02
2015
11
08
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
04
2013
12
11
10
08
06
04
02
01
2012
12
11
10
09
07
05
04
03
02
01
2011
12
06
04
02
2010
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss