人生マイペンライ

月別アーカイブ :2012年10月

観戦記310 コロシアム2000 魔裟斗vsメルチョー・メノー

《本日のDVD観賞》 先日10年振りぐらいに、ヒクソンvs船木 のコロシアム2000を見ました 『観戦記308』 この大会で唯一キックボクシングが行われたのが、全日本キックを辞めてタイから帰ってきた 魔裟斗選手でした。 今と違いキック団体に所属しているジムに在籍せずに、フリーで試合をするのは大変な時代でした。パンクラス等で練習をしていた縁なのか?東京ドームの舞台に立ちます。 2000年5月26日......続きを読む»

観戦記309 WBAJrライト級王座戦 三谷大和vsチェ・ヨンス

《本日のDVD観賞》 五輪金メダルの村田選手に、1億円オファーという話がありました。 契約金といえば!三迫ボクシングジムに1,000万円の契約金で、話題になった三谷大和さん。 親子鷹としても有名な大和選手でしたが、アマチュア・エリートとしてデビューして 6戦目のチェ・ヨンス(崔龍洙)との東洋太平洋王座戦には負けるも 7戦目に日本王座、8戦目に東洋太平洋王座に輝き(相手は、あの高橋ナオトの天敵ノー......続きを読む»

観戦記308 コロシアム2000 ヒクソン・グレイシーvs船木誠勝

《本日のDVD観賞》 GSPがUFC154で復帰します。王座統一戦後には、アンデウソン・シウバとのドリームマッチが噂されますが足元をすくわれないように・・・ 90年代の総合は、まさにグレイシーの時代。もし今の時代にグレイシー一族が、アンデウソン・シウバやジョン・ジョーンズと戦ったらどんな試合になったのでしょう。 時代が違うから一概には言えないでしょうが、90年代と今では技術も上がり UFCで大金......続きを読む»

観戦記307 WBCスーパーフェザー級王座戦 粟生隆寛vsガマリエル・ディアス

《本日のTV観賞》 昨日の(27日)WBCスーパーフェザー級王者・粟生選手の防衛戦。 私は神奈川県在住なので、生中継でTV放送がありましたが関東以外では、TV中継が無かったみたいで寂しいですね。 挑戦者のディアスは、2007年には粟生選手の同僚のホルへ・リナレス、2008年にはウンベルト・ソトに挑戦するも獲得ならず。 しかし4階級制覇した 『観戦記265』 ロバート・ゲレーロ にも勝ったことがあり......続きを読む»

観戦記306 シュートボクシング アンディ・サワーvs後藤龍二

《本日のDVD観賞》 11月17日のシュートボクシングの祭典 SーCUP両国大会が近づいてきました。 ヨアキム・ハンセンの参戦以外は、常連陣ですが残り2枠にサプライズがあるのか!? アンディ・サワーが衝撃のSーCUP初制覇した2002年。本戦で土井選手を破って『観戦記66』 11月には4度ダウンを奪い、緒形選手を破りました 『観戦記177』 その間に後藤龍二選手と戦っています。 2002年9月......続きを読む»

観戦記305 WBAミドル級王座戦 ゲンナディ・ゴロフキンvsグルツェ・ゴルツ・プロクサ

《本日のTV観賞》 今週のエキサイト・マッチから、WBAミドル級王座戦!ゲンナディ・ゴロフキンの5度目の防衛戦。 無敗の王者・ゴロフキンがいよいよアメリカに上陸です!WBOミドル級王者のディミトリィー・ピログとの統一戦も噂されていましたが、ビックマッチの為の布石になるであろう防衛戦。 なんせ、アテネ五輪で銀メダル、バンコク世界選手権で金メダル。しかも世界選手権では、あのルシアン・ビュテをKOして......続きを読む»

観戦記304 Krush23 狂拳・竹内裕二vs大沢文也

《本日のTV観賞》 オーラ、色気、雰囲気、そんな格闘家の試合は、やはり観ていて燃えます。 狂拳・竹内裕二選手。強打があるけど打たれ弱さもあり常にスリリングな試合を魅せてくれます。 対戦相手の大沢選手は卜部選手の王座に挑戦するもKO負け 『観戦記240』 した試合の再起戦。 あの川崎タツキさんが会長の 『TANG TANG FIGHT CLUB』 所属です。 2012年10月8日 Krush23......続きを読む»

観戦記303 WBAJrフライ級王座戦 具志堅用高vsモンシャム・マハチャイ

《本日のDVD観賞》 今年も大晦日にボクシングの世界戦が決まりました。 内山選手は前回の防衛戦で連続KOが途切れてしまいましたが、今回は綺麗に勝って粟生選手との統一戦に進んでほしいです。 世界戦での連続KOといえば、6連続KOの具志堅用高さん 1977年10月9日 WBAJrフライ級王座戦 具志堅用高vsモンシャム・マハチャイ 具志堅用高      11勝6KO 3度目の防衛戦 モンシャムマハ......続きを読む»

観戦記302 K-1スペイン大会 城戸康裕vsシュー・イェン

《本日のTV観賞》 14日の新生K-1 両国大会の映像は、まだ観れていないのでスペイン大会より城戸選手。 城戸選手のバックブローは、なんであんなに綺麗にヒットするんですかね? 狙いすまして1発でKOしますから凄いです。バックブローというと変則のイメージがありましたが、あれだけ毎回完璧に決めるには、どんな秘密があるのか!? 2012年5月27日 K-1スペイン大会 城戸康裕vsシュー・イェン 1......続きを読む»

観戦記301 IBFJrウェルター級王座戦 コンスタンチン・チューvsヤン・ベルグマン

《本日のDVD観賞》 ビタリ・クリチコのモスクワでの現役最後?の防衛戦が 『観戦記269』 9月9日にありました。 その試合の前座のプレゼンターに、大好きだった元フライ級王者の勇利アルバチャコフが出てました。 旧ソ連圏内のボクサーは、なんかかっこいいですね。サーシャ・バクティンも、早く世界王座に挑戦させてあげてほしいです。 旧ソ連圏内といえば!元3団体統一スーパーライト級王者のコンスタンチン・チ......続きを読む»

観戦記300 UFC153 ブラジル大会 アンデウソン・シウバvsステファン・ボナー

《本日のTV観賞》 UFC153より、もう1試合。現ミドル級王者のアンデウソン・シウバがメインイベントに登場です。 現時点で、今年の私のMMAベストファイトは UFC148 での、アンデウソン・シウバvsチェール・サネンです 『観戦記224』 UFCでは無敗の15連勝のシウバが、ライトヘビー級契約でのブラジル凱旋試合。 2012年10月13日 UFC153 ブラジル大会 アンデウソン・シウバvs......続きを読む»

観戦記299 東洋太平洋スーパーミドル王座戦 清田祐三vs三浦広光

《本日のTV観賞》 10月6日に生中継の東洋太平洋スーパーミドル級王座戦。 この階級で日本人の世界王者は誕生していません。というか日本ランキングでさえ埋まってない程に、日本人では未開の地です。 王者の清田祐三選手も、当初はミドル級。ミドル級で世界挑戦もある、保住直孝選手(私と同じ中学校です!)と引分けるなどキャリアを積みます。 そして東洋太平洋スーパーミドル王者のウェイン・パーカー・ジュニアの怪......続きを読む»

観戦記298 UFC153 アントニオ・ホドリコ・ノゲイラvsデイブ・ハーマン

《本日のTV観賞》 最近のUFCの怪我人連鎖はヒドイですね。メインカードが消えてしまう事が当たり前となると、選手契約のあり方も考えなきゃいけないのでしょうね。 そんなメインカードが消えてしまった危機に地元ブラジルから2人の英雄が立ち上がりました。 リビング・レジェンド!アントニオ・ホドリコ・ノゲイラ 前戦のフランク・ミア戦で腕を折られて、初の1本負けを喰らいました『観戦記50』 2012年10......続きを読む»

観戦記297 WBC&WBOスーパーバンタム級王座戦 西岡利晃vsノニト・ドネア

《本日のTV観賞》 あまりのショッキングな試合内容で、感想もなかなか書けませんでした。 IBFが次の防衛戦の縛りが出たそうで、試合前日にドネアがIBFを返上しました。 しかし、この戦いの価値が下がることはありません。 日本ボクシング界にとって、新たな礎になるであろう一歩。 2012年10月13日 WBC&WBOスーパーバンタム級王座戦 西岡利晃vsノニト・ドネア 西岡利晃   39勝24KO......続きを読む»

展望記5 WBC&WBO&IBFスーパーバンタム級統一戦 西岡利晃vsノニト・ドネア

《本日の展望記5》 いよいよ明日(10月14日)アメリカのカルフォニアでWBCスーパーバンタム王者の西岡選手と、WBO&IBFスーパーバンタム級王者のノニト・ドネアの王座統一戦です! 両選手とも大好きですが、やはり今回は西岡選手に勝ってほしいです。 勝ってほしいという表現になってしまう程、ドネアは強敵ですね。 掛率は、現在5:1ぐらいだっかな?西岡選手のアメリカでの評価が正当ではないとはいへ、通......続きを読む»

観戦記296 ルンピニースタジアム セーンチャイPKセンチャイムエタイジム vsシンダム・ギャトームー9

《本日のDVD観賞》 2011年度MVPのペンエーク。サムエー戦は見事でしたが 『観戦記286』 セーンチャイの壁は厚く、もて遊ばれるように負けました。 そんな帝王・セーンチャイは、1999年と2008年にMVPを取っています。 体重ハンデ無しでの試合の方が、少ないセーンチャイ。9月7日のシンダム (2002年MVP) との5度目の対決もセーンチャイが131ポンド、シンダムが134ポンドの契約です......続きを読む»

観戦記295 日本フライ級王座戦 トラッシュ中沼vs北野良

《本日のDVD観賞》 写真を整理していたら、パニアン奥田選手と一緒に写った写真が出てきました。1998年ぐらいかな? 当時、WBAの2位だったはず。チャンスが貰えそうでもらえず帰国してしまいましたが、なんせトラッシュ中沼戦での負けが痛かった・・・ そんな、中沼選手がその後の世界王者・坂田選手から奪った日本王座の防衛戦。 2002年9月7日 日本フライ級王座戦 トラッシュ中沼vs北野良 トラッシ......続きを読む»

観戦記294  新生 Kー1 ミルコ・クロコップvsローレン・ハヴィエル・ホルヘ

《本日のTV観賞》 今週の日曜日の新生Kー1ですが両国国技館は埋まるのでしょうか? 知名度がない選手が多いといっても、第1回目のK-1GPの決勝戦は当時日本で、どれだけの人が知っていただろう シカティックvsホースト でしたので今回もトーナメントの魔物が住んでいるのか!? 新生Kー1のスペイン大会にミルコクロコップが出場しました。3月にレイセフォーと戦い、久しぶりのKー1ルールにも準備はできてい......続きを読む»

観戦記293 大番狂わせ!日本ミドル級王座戦 湯場忠史vs佐々木左之助

《本日のTV観賞》 生中継のダイヤモンドグローブ 日本王座を4階級制覇した湯場選手 『観戦記101』 の2度目の防衛戦。 挑戦者は日本ミドル級6位の佐々木選手。2011年の新人王です。新人王は自動的に日本ランキングの10位に入ります。 が6位?と調べたらミドル級は6位までしかランカーがいませんでした。スーパーウェルターも10位まで埋まってませんし寂しいですね。 解説の内藤大介、金メダリストの村......続きを読む»

観戦記292 PRIDE23 アントニオ・ホドリコ・ノゲイラvsセーム・シュルト

《本日のDVD観賞》 まもなく新生Kー1の両国大会ですね。バダハリが出れないみたいですし、ヘビー級よりも梅野選手のほうが楽しみですが・・・ グローリーの日本大会も決まり、絶対王者のセーム・シュルトを誰が倒すのか! そんなシュルト選手が大道塾~パンクラス~UFCをへて、Kー1とPRIDEに同時期に出るという無茶なことをしていた時代。 ヒョードルに判定負けしたものの、佐竹、高山、小路を1Rで倒して、......続きを読む»

観戦記291 WBAスーパーウェルター級王座戦 ミゲール・コットvsリカルド・マヨルガ

《本日のDVD観賞》 ミゲール・コットが12月1日に、WBAスーパーウェルター王者のオースティン・トラウトに挑戦します。 WBAの、どうしようもない部分ですが コットはWBAスーパーウェルターの王座をユーリフォアマンから奪い『観戦記207』 スーパー王座に昇格。そしてはメイウェザーと戦い負けました 『観戦記174』 その間に通常王座?に君臨したトラウトは25勝14KO無敗 4度目の防衛戦。 ......続きを読む»

観戦記290 修斗 宇野薫vs石渡伸太郎

《本日のTV観賞》 よく 『本物は残る』 といいますが、修斗はムリな背伸びもせず、いくら選手が抜けようと地道に確実に大会を開催してきました。 スター選手も数多く現れて、離脱もあり、戻ってくる選手もいます。 そんな修斗を宇野選手は2000年に離れ、2001年にUFC、2004年には川尻戦で1戦だけ修斗に上がりました。そして再び8年振りに修斗のリングに立ちます。 2012年9月30日 修斗 宇野......続きを読む»

観戦記289 怪物ルーキーデビュー戦 井上尚弥vsクリソン・オマヤオ

《本日のTV観賞》 噂の高校7冠・井上尚弥選手!深夜の放送を楽しみに観ました。 いきなり8回戦で、相手はミニマム級東洋太平洋7位の選手。 A級ライセンスでのデビューは、赤城選手以来の25年振り。過去、池山伊佐巳、米倉健志、ロイヤル小林、石井幸喜、平仲明信、赤城武幸の6人だけです。 その中で、ロイヤル小林がスーパーバンタム級、平仲明信スーパーライト級で世界王者になっています。 世界記録の3戦、国内......続きを読む»

観戦記288 新日本キック 江幡 睦vsジョムペット・チューワッタナ

《本日のTV観賞》 ラジャダムナン、ルンピニーとタイ人以外の王者が誕生しておりますが、ミドル~ライト級であり選手層が厚い軽量級では、ランキングに入ることすら奇跡のようです。 日本キック界の軽量級を長年引っ張ってきた、藤原あらし選手を見事に1RでKOした江幡選手。 今回のジョムペット選手は、ラジャダムナンスタジアム・フライ級8位です。34勝3KO8敗の16才!まぁタイ人ですから、実際の戦績は倍は戦......続きを読む»

観戦記287 WBCライトヘビー級暫定王座決定戦 ロイ・ジョーンズJRvsマイク・マッカラム

《本日のDVD観賞》 先月のエキサイト・マッチで、五輪金メダルの村田選手が出演していました。昔からかなりのエキサイトマッチ通みたいで話が面白かったです。 五輪ボクサーといえば!イカサマな判定で銀メダルにされてしまい、その後のシステム改変にまで発展した ロイ・ジョーンズJr。 バスケの試合に出た日にボクシングの試合にでるなど、破天荒ながら身体能力が凄いパウンド・フォー・パウンドにも名があっていまし......続きを読む»

観戦記286 ルンピニースタジアム・フェザー級王座戦 サムエー・ガイヤーンハーダウジムvsペンエーク・シットヌンノーイ

《本日のDVD観賞》 一般的には 『ムエタイ』 というと、判定ばかりで面白くない。ポイント勝負なので分かりづらい・・・と言われることが多いと思います。 日本での試合、小林聡vsサムゴー 『観戦記5』 なんかは分かりやすく、ムエタイの凄さが出ている試合でした。 本物の本場での戦いは凄いんですよね。日本で特にボクシングで、やる気なく倒れるタイ人が多いですが賭けであるムエタイで八百長、無気力試合したら大......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconj01201994

  • 昨日のページビュー:2978
  • 累計のページビュー:10506980

(09月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 観戦記362 WBAに抗議するべきだ WBAスーパーフェザー級王座戦 内山高志vsブライアン・バスケス
  2. 観戦記632 WBAバンタム級王座戦 亀田興毅vs孫正五
  3. 観戦記1036 WBOスーパーフライ級王座戦 井上尚弥vsワルリト・パレナス
  4. 観戦記338 WBAバンタム級王座戦 亀田興毅vsウーゴ・ルイス
  5. 観戦記1251 WBOスーパーフライ級王座戦 井上尚弥vs河野公平
  6. 観戦記451 WBO&WBAスーパーバンタム級王座統一戦 ノニト・ドネアvsギジェルモ・リゴンドー
  7. 観戦記1356 WBCバンタム級王座戦 山中慎介vsルイス・ネリ
  8. 観戦記447 名勝負!WBCバンタム級王座戦 山中慎介vsマルコム・ツニャカオ
  9. 観戦記544 WBOバンタム級王座戦 パウルス・アンブンダvs亀田和毅
  10. 観戦記1265 再びアメリカで激闘! WBCスーパーフェザー級挑戦者決定戦 三浦隆司vsミゲール・ローマン

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
2014
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss