人生マイペンライ

本日のTV観賞(総合系)

観戦記1352 RIZIN バンタム級王座決定トーナメント 堀口恭司vs所英男

《本日のTV観賞》 先月のRoad to KNOCK OUTを観に行ったら‘KING‘レイナ選手が会場にいて、思わず握手をしてもらっいました。話をしたらキャラよりもずっと可愛らしく、会場内でもかなり注目をされていて流石に地上波での放送だと感心しました。 そんな、一般層まで巻き込む可能性はある「RIZIN」の今年、2回目の大会はバンタム級トーナメントがスタートしました!RIZINのバンタム級は、U......続きを読む»

観戦記1208 RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 開幕戦 RENAvs山本美憂

《本日のTV観賞》 9月25日のRIZIN 無差別級トーナメント 2016!あくまでもトーナメントがメインでしたが、やはりワンマッチの方がインパクトがありました。新生K-1のから出場した木村ミノル選手が衝撃の7秒でTKO負け 『観戦記1204』 そして、山本KID選手の姉で山本アーセン選手の母でもある山本美憂選手のMMAデビュー戦! なんせ山本選手は、一般層にも名が響くビックネーム。ミュンヘン五......続きを読む»

観戦記1204 RIZIN 木村ミノルvsチャールズ“クレイジー・ホース”ベネット

《本日のTV観賞》 昨年末に、PRIDEへのノスタルジーたっぷりで始まったRIZIN!年末2日間で開催され、エメリヤーエンコ・ヒョードルが復活 『観戦記1037』 100kg級トーナメントも開催され、日本期待の石井慧選手はイリー・プロハースカに96秒でKOされ1回戦負け 『観戦記1045』 トーナメントはキング・モーが優勝、青木真也選手が桜庭和志選手に勝利など盛りだくさんでスタート。今年4月のRI......続きを読む»

観戦記1185 WSOF-GC 郷野聡寛vsミロスラブ・ストロバク

《本日のTV観賞》 『観戦記1183』 に続いてアメリカの総合格闘技団体 WSOF-GCの日本での大会からセミの郷野聡寛選手! 私の郷野選手のイメージはいつも 『憎たらしい外敵』 でした。パンクラスが好きだった時のグラバカでの挑発をしておいての強さ、全日本キックを1番会場で見ていた時代にキックボクサーを挑発~ヘビー級王座奪取。ボクシングも好きで、明らかにロイ・ジョーンズJrを意識したテクニックを......続きを読む»

観戦記1183 WSOF-GCヘビー級王座決定戦 エフゲニー・エローキンvsブランドン・キャッシュ

《本日のTV観賞》 日曜日に(アメリカ時間20日)開催され、大盛り上がりだったUFC202!日本からも水垣選手が出場しましたが、今後もUFCを目指す選手は増えていくのだろうが狭き門になりつつある。育成番組のアルティメット・ファイター(TUF)の新シーズンに様々な団体の王者16人が集まり、優勝者がUFCフライ級王者のデメトリアス・ジョンソンに挑戦する。修斗で2007年フェザー級新人王、環太平洋フェザ......続きを読む»

観戦記1139 修斗 スーパールーキー!安藤達也vs海老原洋輔

《本日のTV観賞》 見事な1Rでの1本勝ちで、竹中大地選手が環太平洋フェザー級王座に輝いた 『観戦記1107』 修斗3月大会のセミは、スーパールーキーの安藤達也選手が登場しました! 安藤選手は高校、大学でレスリングで活躍し卒業後はアメリカでMMA修行~長南亮選手率いるTRIBEに所属しアマ修斗関東大会優勝~デビュー後GLAND SLAM 2など3戦3勝で日本版TUF Road to UFC Ja......続きを読む»

観戦記1137 修斗 環太平洋フェザー級王座戦 竹中大地vs小蒼卓也

《本日のTV観賞》 5月8日のUFC Fight Night 87で、佐々木憂流迦選手 『観戦記1097』 堀口恭司選手 『観戦記1101』 2人とも見事な勝利をあげてくれました! 堀口選手 『観戦記238』 『観戦記435』 『観戦記506』 『観戦記530』 佐々木憂流迦選手 『観戦記403』 『観戦記561』 『観戦記704』 とも修斗フェザー級で(2014年まで60kg。2015年から6......続きを読む»

観戦記1125 DEEP75 岡見勇信vs桜井隆多

《本日のTV観賞》 日本が誇る格闘技界のメジャーリーガー 岡見勇信選手!2013年9月にミドル級5位のホナウド・ジャカレイ・ソウザに1RでTKO負け 『観戦記571』 そして通産7年在籍したUFCにリリースされて、元K-1選手のレイセフォーが率いる総合格闘技団体のWSOFと契約。 そしてUFCの日本大会以外だと、2006年6月 D.O.Gでの竹内出選手との対戦以来の日本での‘リング‘まさかのDE......続きを読む»

観戦記1123 RIZIN.1 藤田和之vsイリー・プロハースカ

《本日のTV観賞》 昨年末に、哀愁と希望を入り乱れて旗揚げされた 『RIZIN』 まさかのエメリヤーエンコ・ヒョードルを復帰させて 『観戦記1037』 PRIDEへの望郷の思いに駆られた日本の格闘技ファン。 100kg級のトーナメントでは、日本人唯一出場した石井慧選手は1回戦で23歳のイリー・プロハースカになんと96秒で敗れる 『観戦記1045』 そのままプロハースカは決勝まで勝ち上がるも、決勝......続きを読む»

観戦記1045 RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2015 石井慧vsイリー・プロハースカ

《本日のTV観賞》 大晦日のRIZINの視聴率がイマイチでしたが、ここ数年のフジTVの視聴率よりはイイみたいなので合格ラインなのかな?だが、今回は‘復活‘のご祝儀もあっただろうし、皇帝 エメリヤーエンコ・ヒョードル復帰!みたいな飛び技は何回も使えないだろう・・・ まぁ、PRIDEも最初の方はグレイシー以外は未知の部分ばかりだったから今後に期待します。PRIDEに桜庭和志選手が出てきて、グレイシー......続きを読む»

観戦記1037 RIZIN エメリヤーエンコ・ヒョードルvsシング・心・ジャディブ

《本日のTV観賞》 やはり日本人はノスタルジーが好きだ・・・やはりPRIDEの香りがするだけで、なんともいえない高揚感を感じた。 UFCが100年続く‘競技‘を目指す方向の中、良い意味でも悪い意味でもビックリ箱的な世界を目指すのか!?マッチメイクにも奇を狙ったようなカードもあり、まさにPRIDEの世界観を作りだそうとしていた。やはり節々の場面や、やりとりに涙が出そうになる・・・みんな待っていた! ......続きを読む»

観戦記965 DEEP CAGE IMPACT 今成正和vsヤン・ムンファン

《本日のTV観賞》 7月20日に見事に、今や格闘技のメッカとなった大田区体育館大会を成功させたDEEP『観戦記940』『観戦記945』 約1ヵ月後にも、ディファ有明で DEEP CAGE IMPACT を開催!ビックマッチの後だっただけに、王座戦やビックゲスト参戦などはなかったですが素晴らしい大会でした DEEPは2001年の旗揚げですが、2003年の三島ド根性ノ助戦からDEEPに上がり続ける......続きを読む»

観戦記951 修斗 宇野薫vs大澤茂樹

《本日のTV観賞》 『星の王子様』 と呼ばれた宇野薫選手も早40才。1996年に修斗でデビューし、1999年5月に修斗ウェルター級王座決定戦で佐藤ルミナさんをチョークスリーパーでタップ勝ちし栄冠 『観戦記201』 2000年12月の佐藤ルミナさんとの再戦でも、1RにKO勝ちするもリングでベルト返上して修斗を離脱 『観戦記341』 アメリカに渡り、UFCに挑戦。 2004年に川尻達也選手と修斗で戦......続きを読む»

観戦記945 DEPPライト級王座戦 北岡悟vs岡野裕城

《本日のTV観賞》 『観戦記940』 に続いて DEEP CAGE IMPACT 2015 からメインの北岡悟選手のライト級王座防衛戦! 2014年に宮崎直人選手、吉田善行選手と2度ライト級王座を防衛した北岡選手。今回は、ウェルター級から階級を落としてきた岡野裕城を3度目の防衛戦に迎える! 北岡選手はパンクラスでデビューし、後にUFCウェルター級暫定王者にもなる カーロス・コンディットに1Rで......続きを読む»

観戦記940 DEEPウェルター級王座戦 悠太vs中村K太郎

《本日のTV観賞》 今や、日本の総合格闘技を引っ張るDEEP!まだPRIDEが全盛だった2001年1月に旗揚げ。あのヒクソン・グレイシーの弟、ホイラー・グレイシーとシュートボクシング~大阪プロレスで活躍していた村浜選手や、マスカラスブラザーズ・ドスカラスの息子のドスカラスJrがマスクを被ったままでで総合格闘技に参戦し、パンクラスの謙吾選手を破る!和田良覚レフリーのデビューなど驚愕のマッチメイクを連......続きを読む»

観戦記907 PANCRASE 266 高谷裕之vsガイ・デルモ

《本日のTV観賞》 かつて、非UFC最強を誇ったギルバート・メレンデスとエディ・アルバレスの2人がUFC188にて対決した 『観戦記899』 思っていたような激闘にはならず残念でしたが、この2人がリアルタイムで日本で放送されて観れるだけでも幸せです! ギルバート・メレンデスといえば、2004年に修斗に初登場して高谷選手に、修斗初黒星を与えインパクトを残す。 その後、高谷選手はHERO‘S、DR......続きを読む»

観戦記904 修斗世界バンタム級王座戦 神酒龍一vs菅原雅顕

《本日のTV観賞》 どんな名選手、名王者でもデビュー戦を忘れてしまう選手は居ないでしょう。 飛猿☆No2選手との2度に渡る激戦をへて 『観戦記564』 『観戦記635』 修斗世界バンタム級王座に輝いた神酒龍一選手。 その王座の初防衛戦の相手が、10年前の神酒選手のデビュー戦の相手で敗戦している菅原雅顕選手。しかも6年前には判定で雪辱している。 そんな因縁のラバーマッチが、修斗環太平洋ライト級王座......続きを読む»

観戦記892 修斗環太平洋ライト級王座戦 中村ジュニアvs斎藤裕

《本日のTV鑑賞》 総合格闘技のパイオニア!久しぶりの修斗の観戦記 『観戦記22』 『観戦記136』 『観戦記201』 『観戦記238』 『観戦記290』 『観戦記320』 『観戦記341』 『観戦記383』 王者の中村ジュニア選手は、学生時代は愛媛県で柔道。桜井マッハ速人さんの弟子になり、修斗全日本アマのライト級で優勝。2010年にデビューし2011年に新人王トーナメント優勝。今年の1月に、......続きを読む»

観戦記705 修斗世界フライ級王座決定戦 室伏シンヤvs猿丸ジュンジ

《本日のTV観賞》 修斗世界フライ級王座は、2009年11月に田原しんぺー選手とランバー・ソムデートM16が初代世界フライ級王座決定戦で対戦し、ランバー選手が判定で初代フライ級王者となる。 1度防衛するも、怪我で猿丸ジュンジ選手との防衛戦ができず2011年4月王座返上。 2011年4月に、猿丸選手と生駒選手が決定戦を行ない判定で生駒選手が41才で栄冠。 2011年11月、修斗とシュートボクシン......続きを読む»

観戦記704 修斗vsZST 佐々木憂流迦vs藤原敬典

《本日のTV観賞》 ユライア・フェイバーが無念の王座奪取ならなかった、2月1日のUFC169 『観戦記699』 本当は堀口恭司選手がUFCでの、2戦目を行う予定でした。しかし残念ながら怪我で欠場。 ちなみに、堀口せんしゅは修斗世界フェザー級(60kg)王座は返上したのかな?2013年7月に、佐々木憂流迦選手が山本賢治選手に11秒でKO防衛した後に 『観戦記561』 堀口選手の世界王座に挑戦を表明......続きを読む»

1 3

ブロガープロフィール

profile-iconj01201994

  • 昨日のページビュー:6325
  • 累計のページビュー:10504003

(09月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 観戦記362 WBAに抗議するべきだ WBAスーパーフェザー級王座戦 内山高志vsブライアン・バスケス
  2. 観戦記632 WBAバンタム級王座戦 亀田興毅vs孫正五
  3. 観戦記1036 WBOスーパーフライ級王座戦 井上尚弥vsワルリト・パレナス
  4. 観戦記338 WBAバンタム級王座戦 亀田興毅vsウーゴ・ルイス
  5. 観戦記1251 WBOスーパーフライ級王座戦 井上尚弥vs河野公平
  6. 観戦記451 WBO&WBAスーパーバンタム級王座統一戦 ノニト・ドネアvsギジェルモ・リゴンドー
  7. 観戦記1356 WBCバンタム級王座戦 山中慎介vsルイス・ネリ
  8. 観戦記447 名勝負!WBCバンタム級王座戦 山中慎介vsマルコム・ツニャカオ
  9. 観戦記544 WBOバンタム級王座戦 パウルス・アンブンダvs亀田和毅
  10. 観戦記1265 再びアメリカで激闘! WBCスーパーフェザー級挑戦者決定戦 三浦隆司vsミゲール・ローマン

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
2014
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss