人生マイペンライ

本日のTV観賞(ボクシング東洋太平洋)

観戦記1363 東洋太平洋フェザー級王座戦 竹中良vsノ・サミュング

《本日のTV観賞》 ボクシングの名門・ヨネクラジムが米倉会長が高齢で 「ジム経営は自分一代限り」 との考えもあり閉鎖になる。最後のヨネクラジム所属選手(溜田選手)のユースタイトル戦の8月22日が、たまたま近所で仕事が終わったので後楽園ホールで観戦してきました。 ユースタイトルに関しては賛否両論はあるみたいですが、試合は熱戦続きで面白く溜田選手も勝利し米倉会長は来場していなかったみたいで?大橋会長が......続きを読む»

観戦記1316 東洋太平洋ヘビー級王座決定戦 藤本京太郎vsウイリー・ナッシオ

《本日のTV観賞》 いまだに連日のように村田諒太選手の『観戦記1314』判定の問題が色々と言われていますが、今の時代はインターネットで様々なな人の意見が聞けてしまうので便利かつ怖いところ。 昔だと、あれ?判定は思ったのと違うなぁ~と思っても、翌日の新聞で見事な防衛!とか、感動の王座奪取!なんて書かれると、そうなのか!私の見かたが悪かったのか・・・と思ったもんだ。 でも、WBAの判定問題というと1......続きを読む»

観戦記1158 東洋太平洋フライ級王座戦 アーデン・ディアレvs比嘉大吾

《本日のTV観賞》 マニー・パッキャオが秋にも復帰か!?と、いうニュースが飛び交っていますが!?まぁ・・・復帰すれば観ますし楽しみですが、4月にティモシー・ブラッドリーと引退試合をして 『観戦記1105』 政治家に専念するハズでしたが、上手くいってないのかな!?なんか資金作りの為?なんて話も出ていますが・・・ そんなマニー・パッキャオが、かつて巻いていた東洋太平洋フライ級王座。その王座に、WBC......続きを読む»

観戦記1068 東洋太平洋スーパーライト級王座決定戦 岩渕真也vsアル・リベラ

《本日のTV観賞》 IBFスーパーライト級挑戦者決定戦がドローとなり、ウォルター・カスティーリョが再戦を拒否した為にIBFスーパーライト級3位の小原佳太選手が挑戦者決定。王者のエドゥアルド・トロイアノフスキーへの挑戦権を得た小原選手だが、挑戦はいつになるの!?日本で開催されるのかな!?世界的な層が厚い階級で、日本人では1986年に浜田剛さん 『観戦記65』 1992年に平仲明信さんが獲得したのみ。......続きを読む»

観戦記1044 東洋太平洋スーパーフェザー級王座戦 伊藤雅雪vs江藤伸悟

《本日のTV観賞》 大晦日に豪快なKOで、スーパーフェザー級最強を最強を証明した 『観戦記1042』 WBAスーパーフェザー級スーパー王者の内山高志選手。 内山選手にリベンジしたかった三浦隆司選手は、海外の専門誌で年間最高試合候補にいくつも挙げられるも・・・WBCスーパーフェザー級王座陥落 『観戦記1012』 日本スーパーフェザー級王座は、カシアス内藤さんの息子!無敗の内藤律樹選手が、尾川賢一......続きを読む»

観戦記942 東洋太平洋スーパーフライ級王座決定戦 井上拓真vsマーク・アンソニー・ヘラルド

《本日のTV観賞》 世界最速8戦での2階級制覇をした、WBCフライ級王者の井上尚弥選手。あの衝撃的なオマール・ナルバエス戦以来、拳の怪我で防衛戦が出来ていない。暫定王者の決定戦が同級1位パレナスと同2位カルモナかで争われたがドロー。どちたかを選択するようWBOから指示されているが 『1位と2位だし、いずれ戦う相手。どちらでも大丈夫です』 と頼もしい井上尚弥選手。12月に試合開催が決まったらしいが早......続きを読む»

観戦記837 東洋太平洋&日本ミドル級王座戦 柴田明雄vs西田光

《本日のTV観賞》 村田諒太選手の5戦目の相手が、やっと発表になりました!メキシコミドル級の国内王者アドリアン・ルナで世界ランクは村田選手より下。来年末に計画されている世界戦まで辿り着いてほしいです。 その村田選手の衝撃のデビュー戦 『観戦記562』 の相手だった柴田明雄選手。今年3月の再起戦で、日本ミドル級王者の中川大資選手と柴田選手が保持する東洋太平洋ミドル級王座のダブルタイトルマッチで見事......続きを読む»

観戦記758 東洋太平洋スーパーライト級王座戦 小原佳太vsジェイ・ソルミアノ

《本日のTV観賞》 ダニー・ガルシアやルーカス・マティセなど、世界的にスーパースターが集まるスーパーライト級。東洋太平洋スーパーライト級王座決定戦が、1位の小原佳太選手と3位のジェイ・ソルミアノで争われました! 小原選手は、日本スーパーライト級王座を外園選手と争いTKOで栄冠 『観戦記454』 初防衛戦も蓮沼テツヤ選手KO勝ち 『観戦記654』 その日本王座を返上して世界へ上がる為のOPBF決定......続きを読む»

観戦記752 東洋太平洋ウェルター級王座戦 亀海喜寛vs梁正勲 

《本日のTV観賞》 今週末は、パッキャオvsブラッドりーの再戦!来月は、メイウェザーvsマイダナ!両方ともウェルター級王座がかかったメガファイトです。 日本人が、今だに世界王者になれていない階級であるウェルター級。ウェルター級で、世界に一番近い日本人といえば亀海喜寛選手!前戦で『観戦記664』 東洋太平洋ウェルター級王者に輝き、WBC14位、IBF8位! 初防衛戦にOPBF5位で、韓国ウェ......続きを読む»

観戦記750 東洋太平洋バンタム級王座戦 岩佐亮佑vsリチャード・プミクピック

《本日のTV観賞》 素晴らしかった!日本人最速6戦目で、王座奪取した井上選手。アマ7冠はダテじゃないですね。 高校アマ3冠で、東洋太平洋バンタム級王者の岩佐亮佑選手。現WBCバンタム級王者の山中選手との名勝負 『観戦記172』 日本王座決定戦をへての初防衛戦 『観戦記186』 見事にKO。2度目の防衛戦 『観戦記231』 もKO。 昨年の12月6日、村田涼太選手のプロ2戦目の 『観戦記647』 ......続きを読む»

観戦記729 東洋太平洋&日本ミドル級王座統一戦 柴田明雄vs中川大資

《本日のTV観賞》 2013年8月、衝撃のロンドン五輪金メダリストの村田諒太選手のプロデビュー戦 『観戦記562』 その相手であった、東洋太平洋ミドル級王者の柴田選手 『すべてのレベルで村田に上を行かれ、散々な試合をした』 一時は引退も考えたそうですが、再起を決意。 チャンピオンカーニバルの幕開けで、日本ミドル級王者の中川大資選手と両者の王座を賭けた王座戦! 両者は2012年6月に、当時日本スー......続きを読む»

観戦記707 東洋太平洋スーパー・バンタム級王座戦 和氣慎吾vsジョビー・カツマタ

《本日のTV観賞》 リーゼントがトレードマークの和氣選手。2012年7月にOPBFランカーのジョナサン・バードを破りOPBFランクインこの2年で世界へのステップを駆け上がっている。 安定王者・小国選手から王座奪取 『観戦記674』 菊地永太選手との初防衛戦 『観戦記501』 ジュンリエル・ラモナルとの2度目の防衛戦 『観戦記609』 そして3度目の防衛戦にフィリピン出身で、昨年から日本のカツマ......続きを読む»

観戦記664 東洋太平洋ウェルター級王座戦 亀海善寛vsティム・ハント

《本日のTV観賞》 帝拳ジムの亀海善寛選手。ニックネームはスペイン語で 『小さな教授』 の意味である『MAESTRITO(マエストリート)』 アマチュア3冠から、デビュー13連勝(11KO)で日本スーパーライト級を獲得。その後も1引分けはあったものの白星を重ねる。 中量級ではなかなか世界戦のチャンスが訪れないので、アメリカに主戦場を移す~2013年6月に、元WBAスーパーライト級暫定王者のヨハン・......続きを読む»

観戦記621 東洋太平洋ライト級王座戦 加藤善孝vsレイ・ラバオ 

《本日のTV観賞》 『観戦記619』 の日本ウェルター級王座戦があった興業のメインカードは、OPBFライト級王座戦でした! 王者の加藤選手は、日本王座を持ったまま佐々木基樹選手と空位のOPBFライト級王座決定戦を戦い栄冠 『観戦記476』 OPBF王者になり、娘さんも生まれた加藤選手。初防衛戦に、フィリピン人でWBOライト級4位のレイ・ラバオを迎えます! 2013年10月5日 東洋太平洋ライト級......続きを読む»

観戦記615 東洋太平洋フェザー級王座戦 李冽理vs天笠尚

《本日のTV観賞》 元WBA世界スーパーバンタム級王者で、東洋太平洋フェザー級王者の李冽理選手、初防衛戦で日本フェザー級王者の天笠尚選手を迎える。世界王座へ再挑戦を目指す元王者は、ここで負けるわけにはいかない。 李選手は『世界王者だったから周囲の目が厳しい。負ければ、もう先はない。引退するつもり』 と覚悟をもって勝負に挑む。 李選手が、華麗なアウトボクシングで、世界の頂点に立ったのは2010年1......続きを読む»

観戦記609 東洋太平洋スーパーバンタム級王座戦 和氣慎吾vsジュンリエル・ラモナル

《本日のTV観賞》 リーゼント・ボクサーとして注目を集める和氣慎吾選手。 強者揃いのスーパーバンタム級で、OPBF安定王者だった小国選手を破り栄冠。6月の初防衛戦では、WBA同級5位の菊地永太選手を相手に完璧なTKO防衛 『観戦記501』 2回目の防衛戦に、OPBF1位でフィリピン同級王者のジュンリエル・ラモナルを指名挑戦者として迎えます。 2013年10月14日 東洋太平洋スーパーバンタム級......続きを読む»

観戦記606 東洋太平洋スーパーウェルター級王座戦 チャーリー太田vs沼田康司

《本日のTV観賞》 チャーリー太田選手。2001年に私の地元でもある、横須賀米軍基地に配属。日本人女性と結婚して日本に定住⇒八王子中屋ジムでデビュー。 2009年10月の最強後楽園決勝戦で、元藤原ジムで全日本キックウェルター級1位だった 池田好次 を1RでKOして日本王座挑戦権と大会MVPを獲得。 2010年3月に、村田選手のデビュー戦 『観戦記562』 の相手でもあった柴田明雄選手のOPBF&日......続きを読む»

観戦記501 東洋太平洋スーパーバンタム級王座戦 和氣慎吾vs菊地永太

《本日のTV観賞》 『観戦記500』 に続いて6月10日大会より、東洋太平洋スーパーバンタム級王座戦。 長谷川穂積選手、下田昭文選手、石本康隆選手、大竹秀典選手などの世界ランカー。そしてドネア、リゴンドーなどのスーパースターが居る階級。 王者の、和氣慎吾選手は初防衛戦。前戦で、3度の防衛を誇る無敗の小國以載選手を初のタイトルマッチにして敵地で、下馬評を覆してのTKO勝ちにて奪取。 リーゼントの......続きを読む»

観戦記500 東洋太平洋バンタム級王座決定戦 椎野大輝vs デニス・トゥビィエロン 

《本日のTV観賞》 豪華カードが揃った、6月10日の後楽園ホール。 まずは、ロリー松下の王座返上により決定戦となった 東洋太平洋バンタム級王座戦。 12位の椎野大輝選手と、3位のデニス・トゥビィエロン 2人は、2012年に戦っています。WBCインターナショナルバンタム級王者の椎野選手がフィリピンにてデニスに敗れベルトを奪われました。 椎野選手もインタビューで、東洋太平洋王座、リベンジマッチ......続きを読む»

観戦記476 東洋太平洋&日本ライト級王座戦 佐々木基樹vs加藤善孝

《本日のTV観賞》 観戦記475に続いて、5月4日の豪華大会からセミファイナル。 WBCライト級15位の佐々木基樹選手が、空位の東洋太平洋ライト級王座と加藤選手の保持する日本ライト級王座を賭けて戦った試合。 佐々木選手は37才で元東洋太平洋王座をウェルター級、スーパーライト級で栄冠しています。今回、ライト級も栄冠すれば逆3階級制覇! この7年間で敗戦は、WBAウェルター級王者 ビチェスラフ・......続きを読む»

1

ブロガープロフィール

profile-iconj01201994

  • 昨日のページビュー:2978
  • 累計のページビュー:10506980

(09月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 観戦記362 WBAに抗議するべきだ WBAスーパーフェザー級王座戦 内山高志vsブライアン・バスケス
  2. 観戦記632 WBAバンタム級王座戦 亀田興毅vs孫正五
  3. 観戦記1036 WBOスーパーフライ級王座戦 井上尚弥vsワルリト・パレナス
  4. 観戦記338 WBAバンタム級王座戦 亀田興毅vsウーゴ・ルイス
  5. 観戦記1251 WBOスーパーフライ級王座戦 井上尚弥vs河野公平
  6. 観戦記451 WBO&WBAスーパーバンタム級王座統一戦 ノニト・ドネアvsギジェルモ・リゴンドー
  7. 観戦記1356 WBCバンタム級王座戦 山中慎介vsルイス・ネリ
  8. 観戦記447 名勝負!WBCバンタム級王座戦 山中慎介vsマルコム・ツニャカオ
  9. 観戦記544 WBOバンタム級王座戦 パウルス・アンブンダvs亀田和毅
  10. 観戦記1265 再びアメリカで激闘! WBCスーパーフェザー級挑戦者決定戦 三浦隆司vsミゲール・ローマン

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
2014
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss