人生マイペンライ

観戦記1337 WBAインターナショナル・スーパーミドル級王座戦 ジョージ・グローブスvsマーティン・マレー

このエントリーをはてなブックマークに追加

《本日のTV観賞》

村田諒太選手の素晴らしいポテンシャルを魅せつけるも、ベルトは巻けなかったWBAミドル級王座戦 『観戦記1314』 アッサン・エンダム(ハッサン・ヌダン・ヌジカム)との再戦交渉を帝拳ジムの本田会長は拒否?入札?など様々な報道が出ていますが、なんとかブランクが開かずに村田選手の再起戦が観たい!

ミドル級は(72.57kg)今秋の9月16日に予定される、サウル・アルバレスvsゲンナディー・ゴロフキンのメガマッチが控えている!ゴロフキンのWBAスーパー&WBC&IBFミドル級王座が賭けられるのか!?アルバレスは、昨年の9月にリアム・スミスから奪ったWBOスーパーウェルター級王座を 『観戦記1207』 返上してミドル級に転級をして各団体のランキング入りしている。

りあむ

WBOミドル級王者はビリー・ジョー・サンダースだが、WBOミドル級暫定王者のアフタンディル・クルツィゼと7月8日に指名試合を行う予定だったが・・・クルツィゼがニューヨークを拠点とするロシア系の犯罪組織シュラヤ・エンタープライズの1人として逮捕されてしまったため、王座戦は延期となりクルツィゼの暫定王座も剥奪。代わりにWBOミドル級5位のウィリー・モンローJrと防衛戦を行うような報道もあったがどうなるか?WBAは、ちゃっかり正規王者にエンダムがいるので呼べるとしたらエンダムになってしまうのか!?

ゴロフキンはスーパーミドル級(76.2kg)に上げる話も出ていたが、スーパーミドル級でもあの破壊的なパンチは通用するのだろう。ゴロフキンも『160ポンドのミドル級が自分にとって大きすぎるということはない。試合30日前の体重は165ポンド(74・84キロ)だ。ミドル級やスーパーウエルター級が自分にはちょうどいいけれど、それよりも上のスーパーミドル級やライトヘビー級でもビッグマッチであれば、試合を考えるよ』とコメントしている。

そのゲンナディ・ゴロフキンやセルヒオ・マルチネスのミドル級王座に挑戦した 『観戦記496』 元WBAミドル級暫定王者のマーティン・マレー!

まれ1

マレーは2015年2月、ゴロフキンにTKO負けしスーパーミドル級に階級を上げている。3連勝した後の11月にアルツール・アブラハムのWBOスーパーミドル級王座に挑戦し1-2の判定負けで2階級制覇に失敗している『観戦記1174』

まれー5

イギリスのマレーは、25歳になる5日前の2007年9月にデビュー~インターバル短く連戦し11連勝。2008年11月に人気企画の8人制のプロボクシング・ワンナイトトーナメント興行のプライズファイターで優勝~2010年7月にピーター・ミトレブスキーJrとコモンウェルスイギリス連邦ミドル級王座決定戦を争い判定勝ちで栄冠~11月にカルロス・ナスシメントとWBAインターコンチネンタルミドル級王座決定戦で対戦し3RにTKO勝ちで王座獲得~2011年4月にジョン・アンダーソン・カーバルホを4RにTKOで降し初防衛に成功~6月にニック・ブラックウェルを5R終了時TKOで、WBAインターコンチネンタルミドル級王座の2度目とコモンウ ェルスイギリス連邦ミドル級王座の初防衛に成功~12月に、WBAミドル級スーパー王者のフェリックス・シュトルムにドイツで挑戦するも1-1のドローで王座奪取ならず~2012年6月のノンタイトル戦を判定勝ちし、2012年11月にイギリスでホルヘ・ナバーロとWBAミドル級暫定王座を争い(当時もゴロフキンが王者だが・・・)6RにTKO勝ちし王座獲得。2013年4月には、WBCミドル級王者のセルヒオ・マルチネスに挑戦するも判定負けで初黒星 『観戦記496』 ウイルス感染症に罹り休養後の12月にセルゲイ・コミットスキーに判定勝ちし再起する~2014年2月に、WBAミドル級3位のジャロッド・フレッチャーとWBAミドル級暫定王座の防衛戦予定も、マレーが練習中に拳を骨折して試合は中止~2014年に入ると、契約するハットン・プロモーションがフェリックス・シュトルム、ゲンナディ・ゴロフキンとの対戦をマレーが了承しないと契約解除に踏み切る~ブランクをつくり暫定王座を防衛戦をしていないとして暫定王座を剥奪される。2014年6月、マックス・ブーサックとWBCミドル級シルバー王座決定戦で争い判定勝ちで王座獲得~10月、ドメニコ・スパダに負傷判定勝ちで初防衛に成功~そして、2015年2月にゲンナディ・ゴロフキン のWBAスーパー&WBC暫定ミドル級王座に挑戦するも11RにTKOでプロ初のKO負け~6月、7月、9月のノンタイトル戦を3連続KO勝ちし、11月にアルツール・アブラハムのWBOスーパーミドル級王座に挑戦も1-2の判定負けで『観戦記1174』 2階級制覇ならず。

6ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
本日のTV鑑賞(ボクシング)
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

稀勢の里に落胆できない辛さ。俺達を投影し、共に乗り越えられぬ葛藤とは?【幕下相撲の知られざる世界】

帝拳ジム〜CHAMPION FACTORY〜三浦と亀海の「虎の穴」【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

絶滅寸前の相撲界の松坂世代。闘え、大雷童。そして、俺達。【幕下相撲の知られざる世界】

ブロガープロフィール

profile-iconj01201994

  • 昨日のページビュー:574
  • 累計のページビュー:10797026

(11月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 観戦記362 WBAに抗議するべきだ WBAスーパーフェザー級王座戦 内山高志vsブライアン・バスケス
  2. 観戦記632 WBAバンタム級王座戦 亀田興毅vs孫正五
  3. 観戦記1036 WBOスーパーフライ級王座戦 井上尚弥vsワルリト・パレナス
  4. 観戦記1251 WBOスーパーフライ級王座戦 井上尚弥vs河野公平
  5. 観戦記338 WBAバンタム級王座戦 亀田興毅vsウーゴ・ルイス
  6. 観戦記1356 WBCバンタム級王座戦 山中慎介vsルイス・ネリ
  7. 観戦記451 WBO&WBAスーパーバンタム級王座統一戦 ノニト・ドネアvsギジェルモ・リゴンドー
  8. 観戦記447 名勝負!WBCバンタム級王座戦 山中慎介vsマルコム・ツニャカオ
  9. 観戦記544 WBOバンタム級王座戦 パウルス・アンブンダvs亀田和毅
  10. 観戦記1265 再びアメリカで激闘! WBCスーパーフェザー級挑戦者決定戦 三浦隆司vsミゲール・ローマン

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
2014
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss