人生マイペンライ

ボクシング&格闘技の観戦記です

j01201994

  • 昨日のページビュー:935
  • 累計のページビュー:10813287
  • (12月13日現在)

最新の記事

観戦記1374 IBFフライ級王座戦 ジョンリエル・カシメロvsャーリー・エドワーズ

《本日のTV観賞》 12月2日の荒川仁人選手の世界前哨戦でも感じたが 『観戦記1371』 近年のフィリピン人ボクサーの‘かませ犬‘的なボクサーが少なくなった。世界挑戦を来年にも狙う荒川選手に、最終の10Rまで果敢に打ちに行った。タイやインドネシアのボクサーでは、まだまだ‘そういう‘ボクサーも日本に登場するが元々はフィリピンはボクサー王国。初の世界王者日本が白井義男さんの1952年に対し、フィリピン......続きを読む»

観戦記1373 UFC214 ウェルター級王座戦 タイロン・ウッドリーvsデミアン・マイア

《本日のTV鑑賞》 フロイド・メイウェザーとコナー・マクレガーの異種ボクシング戦?が実現した2017年だったが、2018年のマクレガーはUFCに帰ってくるのか・・・・次はマニー・パッキャオか!?なんて記事が出てるのを見たが、こういうのは1度でイイし、盛り上がるとは思えない。 かと言って、UFCでライト級で闘っていくのか!?しかし、現状のライト級にはマクレガーが望むようなビックマッチは見当たらない・......続きを読む»

観戦記1372 IBFフライ級王座戦 アムナット・ルエンロンvsジョンリル・カシメロ 

《本日のDVD鑑賞》 今週末のKNOCK OUT 両国大会を生観戦予定で楽しみです!ライト級トーナメントの決勝、江幡選手がいよいよKNOCK OUTに初登場、激闘王対決の水落洋祐vsポンサネー・シットモンチャイ、など素晴らしいカードの連発ですが、この大舞台に那須川天心選手が出場しないのが寂しい・・・・ 那須川選手は11月に古巣のRISEに出場し、年末はRIZINでキックルールの57kg級トーナメン......続きを読む»

観戦記1371 世界前哨戦! 荒川仁人vsアドニス・アゲロ

《本日のTV観賞》 今年も残り1ヶ月を切りました!今年だけでもボクシングの世界王者は、2月の福原辰也選手から、小国以蔵選手 『観戦記1259』久保隼選手 『観戦記1293』 拳四郎選手 『観戦記1329』 比嘉大吾選手 『観戦記1319』 京口紘人選手 『観戦記1344』 木村翔選手、山中竜也選手、岩佐亮佑 『観戦記1371』 村田諒太選手 『観戦記1386』 と10人の新たな世界王者が生まれ(久......続きを読む»

観戦記1370 K-1 65kg 大和哲也vs中澤純

《本日のTV観賞》 ヘビー級らしい豪快な試合が続き、期待よりも面白かったK-1ヘビー級王者決定トーナメントだが・・・・ワンマッチが面白かった!K-1ならばでの対戦カードとなった城戸康裕vs木村ミノル 『観戦記1368』 なんとも緊張感ある闘いで5Rで観たかった!と思わされる1戦でした。元MAキック同士といっても時代や階級でスレ違い、まさかのK-1での遭遇するというまさにK-1らしいマットメイクでこ......続きを読む»

観戦記1369 WBCライトフライ級王座戦 拳四朗vsペドロ・ゲバラ

《本日のTV観賞》 年末のボクシング世界戦カードも続々と発表になり楽しみになってきましたが、なんと言っても6年連続で大晦日に試合をしていた井岡一翔選手の動向が気がかり・・・・ 10月にWBCフライ級5位のトム・マソンを7RにTKOで降し『観戦記1391』WBCフライ級王座の初防衛に成功した比嘉大吾選手が統一戦をアピールしていたが、井岡選手の父がWBAフライ級王座の返上を発表。 その日のメインは、......続きを読む»

観戦記1368 K-1 城戸康裕vs木村ミノル

《本日のTV観賞》 分裂はあったてもまとまる事は無い!と言われたキック界だが、旧K-1の70kg、63kgの時にも「勝ち馬」に乗るように各団体がK-1を目指したが・・・・新生K-1とKNOCK OUTが誕生して、なんとなくK-1とKNOCK OUTを目指すように既存団体が付くようになった。 そして、満を持してK-1が‘K-1らしく‘ヘビー級の初代王者決定トーナメントを開催しました!やはりこの階級で......続きを読む»

観戦記1367 WBC&WBAライト級王座統一戦 ホルヘ・リナレスvsアンソニー・クロラ    

《本日のTV観賞》 11月4日のダイナミックグローブを、リングサイドの席で観戦させていただきました。横にはたまたまジョー小泉さんが座っていて緊張しましたが、メインが京太郎選手の東洋太平洋ヘビー級王座戦だったのでリングサイドだとド迫力でした。 その日は、元日本&東洋太平洋ライト級王者の加藤善孝さんが引退式を行い10カウントゴングが鳴らされました。2013年5月の東洋太平洋&日本ライト級王座戦での佐......続きを読む»

観戦記1366 UFC214 ロビー・ローラーvsドナルド・セラーニ

《本日のTV観賞》 あれだけフロイド・メイウェザーvsコナー・マクレガーを「サーカス」とバカにしていたオスカー・デラ・ホーヤが、冗談にしろコナー・マクレガーと闘う!と発言したとか・・・ まぁ~二番煎じでは話題にもお金にもならないでしょうが、メイウェザー戦も「まさか!?」だっただけに実現したりして!? それよりもマクレガーのUFCでの闘いがみたいが・・・・ここのところのマクレガーは、2015年7月......続きを読む»

観戦記1365 NABFフェザー級王座戦 ジョセフ・ディアスvsアンドリュー・カンシオ

《本日のTV観賞》 井岡選手のお家騒動?もあり、今年の年末のボクシングは例年より寂しくなってしまいそうだな・・・・WBAライトフライ級王者の田口良一選手と、WBOライトフライ級王者の田中恒成選手の統一戦も田中選手の怪我があり来年以降に持ち越し。 2014年末には、五輪2連覇したギジェルモ・リゴンドーの当時保持したWBA&WBOスーパーバンタム級王座の防衛戦をし、急きょ対戦相手に抜擢」された天笠尚......続きを読む»

観戦記1364 Krush.79 野杁正明vsディエゴ・フレイタス

《本日のTV観賞》 大和哲也選手がKrushに久しぶりに登場して、地元・名古屋でヒヤヒヤの勝利をした 『観戦記1392』 Krush.79のメインはKrush名古屋大会の発案者である‘怪物‘野杁正明選手! 野杁選手は2009年、16才の時にK-1甲子園で衝撃の優勝~17歳になる2ヶ月前に地元名古屋でデビューし、浅瀬石真司選手に判定勝ち~4月からKrushに参戦して、ソルデティグレ・ヨースケ選......続きを読む»

観戦記1393 WBOアジアパシフィック・ウェルター級王座決定戦 小原佳太vsナロン・ボーンチャン

《本日のTV観賞》 6年連続で開催し恒例となっている、井岡一翔選手の大晦日での防衛戦が発表されないなぁ~と思っていたら・・・・父の井岡一法会長がWBAフライ級王座の返上を発表。結婚を期に、大阪から東京に住まいを変えて練習ができていなく準備不足なのでとの事だが!? WBAフライ級1位のアルテム・ダラキアン(15勝11KO無敗)と指名試合が行われると思っていただけに残念だが、井岡一法会長はこのまま引退......続きを読む»

観戦記1392 Krush.79 大和哲也vsエルソン・パトリック

《本日のTV観賞》 11月22日にシュートボクシングのTDC大会 Groud Zero 大会でシュートボクシング日本65kg級王座決定トーナメントが開催される!出場メンバーは、シュートボクシング・スーパーライト級1位の海人選手、元DEEP☆KICK 65kg級王者の憂也選手、WBCムエタイ日本統一ウェルター級王者の健太選手、元J-NETWORK&MA日本ライト級王者の高橋幸光選手が出場する! 一......続きを読む»

観戦記1391 WBCフライ級王座戦 比嘉大吾vsトム・マソン

《本日のTV観賞》 11月4日のダイナミックグローブをリングサイドで、なんと!たまたまジョー小泉さんの横で観戦させていただき!その興業には角海老宝石ジムに移籍した、元東洋太平洋スーパーウェルター級王者の渡部あきのり選手が出場していました。そして、試合後に私の近くで浜田剛士さんとリングサイドで長く会話しているのを見て「なにを話しているのだろう!?」 と、なにかKOのコツについて話していたのか?試合よ......続きを読む»

観戦記1390 UFC213 ミドル級暫定王座決定戦 ヨエル・ロメロvsロバート・ウィテカー

《本日のTV観賞》 UFC213は、元UFC&WECライト級王者のアンソニー・ペティスがジム・ミラーに完勝 『観戦記1385』 ヘビー級ランカー対決のファブリシオ・ヴェウドゥムvsアリスター・オーフレイムは際どい判定でアリスターの勝利 『観戦記1387』 本来のメインは女子バンタム級王者のアマンダ・ヌネスが、ヴァレンティーナ・シェフチェンコの挑戦を受ける予定も・・・・・アマンダ・ヌネスが体調不......続きを読む»

観戦記1389 WBCライトヘビー級王座戦 アドニス・スティーブンソンvsトーマス・ウィリアムス

《本日のTV観賞》 賞金12億円のトーナメント 『ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ』 がスタートしましたが、クルーザー級とスーパーミドル級という日本には存在すらしていない階級だからか!?あまり日本では話題になっていなく放送予定がない!? スーパーミドル級はチャンピオンからはWBA王者ジョージ・グローブスのみ出場となったが、出場選手のうち5人がパーフェクトレコードという実力と名がある選手が参......続きを読む»

観戦記1388 日本スーパーフェザー級王座戦 尾川堅一vs山元浩嗣

《本日のTV観賞》 なんだか、8月15日に山中慎介選手からWBCバンタム級王座を奪った『観戦記1356』ルイス・ネリの7月の検査で禁止薬物ジルパテロールが出た問題で、試合前のB検体でもドーピング検査で陽性が出たらしい。今回の世界戦では、試合数日前の検査は契約書に盛り込まれ、複数の検査をプロモーターの帝拳ジムが経費を負担してVADAの職員が検査にくる。WBCではアンチドーピングを強化しているが、世界......続きを読む»

観戦記1387 UFC213 ファブリシオ・ヴェウドゥムvsアリスター・オーフレイム

《本日のTV鑑賞》 いよいよ10月も終わろうとしているが、年末の格闘技は今のところRIZINだけなのかな!?女子トーナメントとバンタム級トーナメント(61kg)が中心にはなるだろうが、やはり年末らしいヘビー級の豪快なファイトも観てみたい!マーク・ハントは契約でがんじがらめみたいだが、キャリアの最後は日本であの剛腕パンチを魅せてほしい。 ハントはここ7試合で3勝3敗1無効試合で、UFC200でのブ......続きを読む»

観戦記1386 WBAミドル級王座戦 アッサン・エンダムvs村田諒太

《本日のTV観賞》 1995年12月19日、後楽園ホールで竹原慎治さんが日本人で初めてミドル級世界王座に挑戦した22年前のテレビ中継は夜中だった(視聴率は2.5%)アルゼンチン出身の92勝68KO4敗2分の王者ホルヘ・カストロに挑戦。WBAミドル級王座の5度目の防衛戦だった王者に、3R左ボディーでヒザを着かせダウンを奪う!10Rにも右ストレートで追い込み、まさかまさかの118-112 117-11......続きを読む»

観戦記1385 UFC213 アンソニー・ペティスvsジム・ミラー

《本日のTV観賞》 8月のフロイド・メイウェザーvsコナー・マクレガーが終わって、もともと引退していたメイウェザーが更なる大金を掴んで隠居なのは分かるが・・・・一応マクレガーは、まだUFCのライト級王者なハズだが2016年11月のUFC205でエディ・アルバレスから王座を奪取し『観戦記1253』2階級制覇をしていらいUFCで試合をしていない。 0 フェザー級王者も2015年7月のUFC189で、チ......続きを読む»

観戦記1384 WBOライト級王座戦 テリー・フラナガンvsムゾンケ・ファナ

《本日のTV観賞》 日曜日は(22日)ディファ有明で、キックボクシングの興業・蹴拳を観に行きます!ディファ有明は、バブル時代のディスコ・MZA有明を改修し日本初の格闘技会場として2000年に誕生。昨年まではプロレス団体のNOAHの事務所もあり、キックボクシングなどの格闘技も多く開催され後楽園ホール以外の東京での格闘技の聖地であった。しかし、土地所有権者との契約更新がいかず?2018年6月に終了・・......続きを読む»

観戦記1383 KNOCK OUT VOL.3 ライト級王座決定トーナメント 前口太尊vs山口侑馬

《本日のTV観賞》 KNOCK OUT.5も生観戦しましたが・・・・・まだblogではKNOCK OUT.3から!KING OF KNOCK OUT 初代ライト級王座決定トーナメント1回戦から、J-NET WORKライト級王者の前口太尊選手vsINNOVATIONライト級&DEEP☆KICK60kg級王者の山口侑馬選手! いいですねぇ~!王者対決はやはり萌えるもにがあり、新イベントでトーナメントが......続きを読む»

観戦記1382 WBCスーパーフライ級王座戦 シーサケット・ソールンビサイvsローマン・ゴンサレス

《本日のTV観賞》 元3階級制覇王者の八重樫東選手が、5月にIBFライトフライ級暫定王者のミラン・メリンドにまさかの1RでKOされ王座陥落 『観戦記1313』  激闘王の名前通り、ダメージの蓄積もあり去就が注目されていたが 『あの試合でボクシング人生を終わりにするのは納得できなかった』 現役続行し年末に再起戦~来春にもスーパーフライ級で日本人初の4階級制覇を目指すと発表された。 来年には35歳にな......続きを読む»

観戦記1381 UFC on FOX.24 デメトリアス・ジョンソンvsウィルソン・ヘイス

《本日のTV観賞》 具志堅用高さんが第3代のWBAライトフライ級王座を13度防衛したのが日本人最多防衛記録で、その記録に37年振りに並ぶのを期待された山中慎介選手がルイス・ネリにWBCバンタム級王座を奪われたのが8月15日 『観戦記1356』 その後、ネリのドーピング検査での陽性反応が検出された・・・・その後の正式な処分がいまだに発表にならず、様々な意見が出る中で山中選手の「声」が聞こえてこない。......続きを読む»

観戦記1380 WBAスーパーバンタム級王座戦 ギジェルモ・リゴンドーvsジェームス・ディケンズ

《本日のTV観賞》 先月にアメリカでアント二オ・ニエベスを6R終了時にTKO勝利した井上尚哉選手 『観戦記1367』 今年の年末も防衛戦をするみたいですが、他はどうなのかな!?10月に防衛戦をする比嘉大吾選手、拳四郎選手は年末は無いでしょうし田中選手は怪我、田口選手の7度目の防衛戦と京口選手の初防衛戦は大晦日なのかな!?WBAフライ級王者の井岡一翔選手も6年連続で大晦日に世界戦をしていたが、今年は......続きを読む»

観戦記1379 シュートボクシング 海人vs宮越慶二郎

《本日のTV鑑賞》 10月4日のKNOCK OUT.VOL5を観戦してきました!なんと言っても 水落洋祐vs鈴木博昭 が凄かった!シュートボクシングを背負ってKNOCK OUTに出陣してきた鈴木選手と、2月のシュートボクシングでもSBスーパーライト級王者で65kg S-CUP準優勝したMASAYA選手との再戦を6Rに及ぶ激闘を制した水落選手が鈴木選手と 「これぞキックボクシング!」 と、いう凄まじ......続きを読む»

観戦記1378 WBAフェザー級スーパー王座戦 レオ・サンタ・クルスvsカール・フランプトン

《本日のTV観賞》 9月9日の、井上尚弥選手の鮮烈な全米デビューとなった『観戦記1367』アントニオ・ニエベスとのWBOスーパーフライ級王座戦。マイケル・カルバハルがウンベルト・ゴンザレスとの死闘などにより、軽量級選手(ライトフライ級)初の100万ドルボクサーになったのが1993年~1994年。あのローマン・ゴンサレスでもなかなか100万$に達しない中で、世界的には軽い階級のバンタム級~フェザー級......続きを読む»

観戦記1377 Krush.78 65kg級王座戦 中澤純vs左右田泰臣

 《本日のTV鑑賞》 Krush.78のセミで、Krush初参戦の谷山俊樹選手を見事に判定で完勝し『観戦記1375』63kg級王座を守った佐々木大蔵選手。同じくK-1に参戦しているとはいえ、外敵を迎え撃つ王者!と、いう構図は盛り上がるし試合は白熱し面白い。 そして、この日のメインも正確には外敵とは違うがRISE~K-1で活躍している左右田泰臣選手がKrushに初参戦!左右田選手は、かつて佐山サト......続きを読む»

観戦記1376 3階級制覇に向けて! マイキー・ガルシアvsエリオ・ロハス

《本日のTV観賞》 元2階級制覇王者の粟生隆寛選手の再起戦はあるのだろうか!?現時点での最後の試合は、2015年5月のテレンス・クロフォードが返上したWBOライト級王座をレイモンド・ベルトランと決定戦をして2RにTKO負け 『観戦記882』 しかし、この試合はベルトランが体重オーバーでベルトランが勝っても王座空位。しかも、ベルトランは試合後に違反薬物の陽性反応が出て試合は無効試合。 踏んだり蹴った......続きを読む»

観戦記1375 Krush.78 63kg級王座戦 佐々木大蔵vs谷山俊樹

《本日のTV鑑賞》 分裂はあっても中々まとまる事は無かったキックボクシング界で、大きく分けると「K-1」と「KNOCK OUT」に既存の団体が付き、そのステージにあがる為に凌ぎを削る。なんだかプロレスのインディー団体とメジャー団体みたいで、以前からのファンとすると嬉しい気持ちもあるが・・・・やはり寂しさもある。 そしてK-1に出場する為にKrushに上がる選手も出てきたり、逆にK-1での再起の前......続きを読む»

1 3 4 5 6 7 8 9 46 47

このブログの記事ランキング

  1. 観戦記362 WBAに抗議するべきだ WBAスーパーフェザー級王座戦 内山高志vsブライアン・バスケス
  2. 観戦記632 WBAバンタム級王座戦 亀田興毅vs孫正五
  3. 観戦記1036 WBOスーパーフライ級王座戦 井上尚弥vsワルリト・パレナス
  4. 観戦記1251 WBOスーパーフライ級王座戦 井上尚弥vs河野公平
  5. 観戦記338 WBAバンタム級王座戦 亀田興毅vsウーゴ・ルイス
  6. 観戦記1356 WBCバンタム級王座戦 山中慎介vsルイス・ネリ
  7. 観戦記451 WBO&WBAスーパーバンタム級王座統一戦 ノニト・ドネアvsギジェルモ・リゴンドー
  8. 観戦記447 名勝負!WBCバンタム級王座戦 山中慎介vsマルコム・ツニャカオ
  9. 観戦記544 WBOバンタム級王座戦 パウルス・アンブンダvs亀田和毅
  10. 観戦記1265 再びアメリカで激闘! WBCスーパーフェザー級挑戦者決定戦 三浦隆司vsミゲール・ローマン

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
2014
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
カテゴリー

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss