スポーツ ななめ読み

広島や仙台にACL制覇を望むのは酷なのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ちょっと考えさせられたこの記事

http://news.livedoor.com/article/detail/7458227/


 私自身、近年、Jリーグ勢がACLで勝てないのは
例えACLで勝ってもCWCには出場できず、大きな利益も
期待できないからだと考えていました。

 そう考える理由としては、代表のアジアでの活躍で
日本のサッカーのレベルがアジアでは頭一つ抜けている
と感じていたからです。

 ですから、Jリーグの予算規模が少ない地方のチームでも
ACLに力を入れさえすれば、勝ち進んでいくことができるはずだと。

 ですが、スポーツの世界では、予算規模の大きいチームが
いい選手を集めやすく強いチームをつくりやすいという
ことは自明の理。

 そして、そのようなトップレベルのチーム、トップレベルの
プロリーグにお金もまた集まっていくものです。

 野球で言えば、WBCでどんなに日本が連覇しようとも
世界の超一流選手の多くは、メジャーに集まっていきますし、
サッカーでもイタリア、スペイン、イングランドとお金とともに
いい選手が集まるリーグは、どんどん変わってきています。

 例えば、今は、プレミアリーグの人気が高いですが
これは、世界中のトップ選手の多くがプレミアリーグに
集まっているから。

 なぜ集められるのかといえば、プレミアに昇格すれば
最低でも50億というお金が放映権料としてチームに入るからで
だからこそ、たくさんのいい選手を買えるのです。

 50億というのは、ブンデスの残留争いをするチームの
年間予算の2倍程度。

 CLへの出場券を取ったのと同じレベルの金額です。

 それを考えると、広島や仙台は、例えリーグで優勝や
上位に行ったとしても予算規模は増えるどころか、マイナスと
なる場合もあり、ACLは優勝してやっと黒字となる始末。

 対して、中国のチームは、予算規模が日本を上回る
チームがいくつもあることを考えると、広島や仙台に
ACLでの好成績を望むのは、確かに酷なのかもしれません。

 お金が全てではないかもしれませんが、やはり
プロスポーツではお金がその選手の評価の証。

 ナベツネや正力さんがやっていた巨人軍の戦略というのも
あながち間違いだったとは言えないのかもしれませんね。




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
サッカー
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

広島や仙台にACL制覇を望むのは酷なのか


OOH00048272さん

 コメントありがとうございます。

 確かに、経営規模の大きくないクラブに
週2試合の試合を勝ち続ける選手の厚さを
維持するのを期待するのは酷ですね。

 私自身は、ACLでJリーグ勢が振るわない理由は
やっぱりお金にあると思うのですよ。
 ACLの収入がせめて、EL並になってくれたら
ACLに出場するための選手補強も、各チームもっと積極的になれるのではと考えてしまいます。

 代表の強さをJのクラブもアジアで
みせるけて欲しいというのが、私自身の願いでもあるので、
そのためには、やはり日本にもビッククラブが必要なのかな?と考えてしまいます。

広島や仙台にACL制覇を望むのは酷なのか

初めまして!柏サポの端くれです。
今回は、一人のJを見続けてきた東北出身のサッカー好きとしてコメントします。

広島について、記事の内容は大旨当たっていると思います。
記事には述べられていないですが、毎年のように主力を浦和に売り払っているのも、ひとえに内証の厳しさ故でしょう。
その売り払った選手の代わりに入ったのは、大卒の無名選手やよそでレギュラー争いに敗れた選手がほとんどです。
それでもリーグ優勝してしまうのはJリーグらしいと言えますが、ACLでは通用しないでしょう。
同情するならカネをくれというコトなのでしょうが、元々経営に問題のあるクラブですから、単純にお金だけの話しとは思えません。
広島の強みは、ユース出身の森崎兄弟や高萩が中心であり続けている継続性なのは明らかですが、柏木や槙野世代より下の世代でこれは!という選手が育っておらず、選手層とかレギュラー、サブ間のレベル差の拡大などかなりの影響があるように思います。

仙台については、広島と同じとは言えません。
ユースは広島の足元にも及ばない 程弱く、これまでトップ昇格した選手で中心となった選手は皆無です。
トップ登録で東北出身者がたったの5人ですし。

懐具合は広島と大差なく、同じ体の選手補強をしていますが、ユースが機能していないので選手層の厚みは無く、ACLによる過密日程や故障者続出の時には対処が難しいように感じます。

両クラブともそんなに毎年上位争いをする力は無いと考えますし、どう考えてもACLで期待するのは酷であると追い追いJも協会も認識するだろうと思います。

ACLの遠征費を補助した程度で優勝出来るなら、今後共ジャブジャブ注ぎ込めばよいと思いますが、それだけで優勝するとは到底考えられません。

もっと根本的な問題が、ACLでJリーグ勢の成績が振るわなくなった原因でしょう。



こんな記事も読みたい

2012/8/25 J#23 ガンバ大阪vs札幌「二戦続けての大勝で知る2012シーズンの心の闇」【継続は力】

【2013年Jリーグ・選手、監督、海外日本人選手移籍情報ウワサほんと・その2】【GO'S Heaven's Door*soccer*】

2013Jリーグ順位予想(3)【Jリーグ is My Life】

2012年J1振り返り&2013シーズン展望 ~Part I~【星を目指して〜三矢のお話〜】

森保一と「森保チルドレン」の戦いが、今年も始まる【広島鯉太郎】

[SANFRECCE] 2013Jリーグ開幕戦 vs 浦和レッズ で起こりそうな事について【ひととせ - Sanfrecce Hiroshima Supporter's Blog ☆】

AFCチャンピオンズリーグ2013 G group vs ブニョドコル 「一丸(はじめまる)の船出」【星を目指して〜三矢のお話〜】

【サンフレッチェ】ブニョドコル戦【NO SANFRECCE,NO LIFE.☆☆】

ブロガープロフィール

profile-iconj-sports

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:864480

(10月01日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. この夏の移籍市場は熱くなるのか?
  2. 宮市亮の来シーズンは
  3. 南野は香川を超えられるか
  4. 昔の選手はヨーロッパで通用したのか
  5. ミランがバルサに完勝
  6. 待望の大型FWが花開くか?
  7. 錦織圭 ツアー3勝目で夢のTOP10へ
  8. マンチェスター・Uホームでレアルに敗れる
  9. ダルビッシュ 開幕投手決定・・・・か?
  10. 香川の代表でのベストポジションは

月別アーカイブ

2013
05
03
02
2010
05
04
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年10月01日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss