愛媛の虎党の呟き

広島戦

9/21 対広島戦(マツダ)ダイジェスト~相手が本気では無かったとは言えども…~

序盤の5点ビハインドを跳ね返す逆転勝利。 タイガースの先発は能見。初回に田中選手のセンター前ヒットなどでワンアウト一二塁とされると,松山選手にライトスタンドへのスリーランホームランを浴び先制を許す。なおも新井選手にフォアボールを与えると,続くバティスタ選手にレフトスタンドへのツーランホームランを浴びいきなり五点を失う展開となってしまう。それでも2回以降は立ち直りの気配をみせ,3回の三者凡退以外は......続きを読む»

9/18 対広島戦(甲子園)ダイジェスト~目の前での屈辱~

善戦も惜敗。  タイガースの先発はメンドーサ。初回に先頭の田中選手へのフォアボールなどでツーアウト三塁とされると,松山選手のセンター前タイムリーヒットで先制を許す。2回は安部選手とエルドレッド選手に連続センター前ヒットでノーアウト一二塁とされるも後続を抑えると,続く3回も先頭の菊池選手にツーベースヒットを打たれるも後続を断ちいずれも無失点で切り抜ける。だが4回,先頭の安部選手にデッドボールを与え......続きを読む»

9/5~9/7 対広島戦(マツダ)ダイジェスト~口惜しさと諦めと~

※前半の試合ダイジェストについては後程掲載予定。 総括と次戦へ向けて 正直,辛いし悔しい。初戦と二戦目の連続サヨナラ負けからの,エースのアッキャマンで落とした三戦目。二戦目までは精神的にかなりやられた一方,三戦目はこれまで完璧な好投を続けていた秋山で落としたのである意味諦めがつくような気持ちにもなった。確かに三タテ敗戦を喫したものの,野手はビハインドでも諦めずに得点をする姿勢をみせてくれたし,投......続きを読む»

8/15~8/17 対広島戦(京セラD)ダイジェスト~絶望の中に見えた「一筋の希望」~

8月15日 中盤に追い上げも序盤の大量失点が響く。 タイガースの先発は小野。初回に田中選手と菊池選手の連打でノーアウト一三塁とされると,丸選手にライトスタンドへのスリーランホームランを浴び三点を先制されてしまう。2回はワンアウト二三塁を凌いだ小野だったが,3回にノーアウト二三塁から松山選手にセンター前への二点タイムリーを打たれリードを拡げられてしまう。その後ワンアウト一二塁としたところで小野は降......続きを読む»

8/1~8/3 対広島戦(マツダ)ダイジェスト~良くも悪くも「野球の恐ろしさ」を見せつけられた三日間~

8月1日 岩貞KOも追い上げる。しかし最後に…。 タイガースの先発は岩貞。初回に先頭の田中選手へのフォアボールなどでワンアウト一二塁とされると,鈴木選手にセンター前タイムリーヒットを打たれ先制を許す。続く松山選手は打ち取るも,エルドレッド選手に左中間を破られる二点タイムリーツーベースを浴び初回に三失点と出ばなを挫かれる。2回と3回は三者凡退に抑えるも,4回に松山選手のセンター前ヒットなどでワンア......続きを読む»

7/17~7/19 対広島戦(甲子園)ダイジェスト~「大誤算」の連続~

7月17日 メッセンジャーの最低限のピッチングで勝利。 タイガースの先発はメッセンジャー。初回の立ち上がりと2回共に得点圏にランナーを背負うも,いずれも無失点に抑える。ところが3回,ワンアウトから菊池選手と丸選手の連打などでツーアウト満塁のピンチを招くと,エルドレッド選手に押し出しフォアボールを与え先制を許してしまう。だが後続の安部選手を空振りの三振に仕留め最少失点で切り抜ける。対する打線は,2......続きを読む»

6/23~6/25 対広島戦(マツダ)ダイジェスト~投打共に足りない「工夫」~

6月23日 メッセと柳瀬の投壊で惨敗。 タイガースの先発はメッセンジャーだったが,初回に丸選手のタイムリーツーベースなどでいきなり3失点と出ばなを挫かれる。2回は三凡に抑えるも,3回にも2失点。結局メッセンジャーは4回を投げ5失点で降板した。そして5回,二番手の柳瀬が大炎上することとなる。まず丸選手とエルドレッド選手にツーランホームランを浴び4失点。その後ツーアウト満塁となり,菊池選手にセンター......続きを読む»

ダイジェスト番外編~同一リーグ再開へ向けた各チームの分析(広島編)~

交流戦が終了し,我がタイガースは10勝8敗と勝ち越して終えた。ここではセ・リーグの他球団の近況を分析していく。第五回は広島編である。 近況概要 交流戦前最後のカードで,巨人に敵地東京ドームで三連勝したカープ。その勢いは交流戦に入っても健在で,三タテ勝利(同一カード三連勝)を二度記録するなど,12勝6敗という圧巻の成績で交流戦を終えた。昨季同様にここから勢いにのってきそうなだけに,それは何としても......続きを読む»

ダイジェスト番外編~球団史上最大の大逆転劇・完全版~

前回投稿分で「完全版を載せる」と述べたので,今回は予告通り大逆転劇の完全版について述べていく。 初登板・初先発の福永がKOされた序盤~中盤。 先発は昨年開催のドラフト会議で6位指名され,この試合が一軍初登板・初先発の福永春吾だった。立ち上がりに注目されたが,先頭の田中選手にフォアボールを与えると,続く安部選手にタイムリーツーベースヒットを打たれあっさりと先制を許す。その後丸選手へのフォアボー......続きを読む»

5/5~5/7 対広島戦(甲子園)ダイジェスト~良くも悪くも濃厚だった三日間~

5月5日 大逆転序章~執念の四点差逆転~ 先発のメッセが6回4失点と崩れ,打線も3回までは2安打無得点に抑えられた。しかし4回に梅野のタイムリーで一点を返す。6回には北條と糸井の連続タイムリーで一点差に迫った。そして7回,ワンアウト二三塁から梅野の左中間への二点タイムリースリーベースなどで一挙五点を奪い逆転した。直後の8回に一点を失うも失点はそれだけにとどめ逃げ切った。 5月6日 大逆転本......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconiyonotorakichi

愛媛県在住の阪神タイガースファンです。宜しくお願い致します。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:340505

(12月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 6/23~6/25 対広島戦(マツダ)ダイジェスト~投打共に足りない「工夫」~
  2. 7/17~7/19 対広島戦(甲子園)ダイジェスト~「大誤算」の連続~
  3. ダイジェスト番外編~同一リーグ再開へ向けた各チームの分析(巨人編)~
  4. 8/25~8/27 対巨人戦(東京D)ダイジェスト~逆転優勝は厳しくなったけど…~
  5. ダイジェスト番外編~同一リーグ再開へ向けた各チームの分析(広島編)~
  6. ダイジェスト番外編~藤浪晋太郎「イップス」問題~
  7. ローテーションピッチャーよ,危機感を持て!(良い意味で)
  8. ダイジェスト番外編~球団史上最大の大逆転劇・完全版~
  9. 6/9~6/11 対ソフトバンク戦(ヤフオクドーム)ダイジェスト~交流戦初のカード負け越しからみる「高山と福留スタメン外しのすゝめ」~
  10. ダイジェスト番外編~同一リーグ再開へ向けた各チームの分析(中日編)~

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss