愛媛の虎党の呟き

巨人戦

9/30・10/1 対巨人戦(東京D)ダイジェスト~「予想外」の連勝~

9月30日 波乱の幕開けも勝利し二位確定。 打線は初回,俊介の左中間へのツーベースと上本のデッドボール(これが危険球となりジャイアンツ先発の畠投手は退場)などでワンアウト二三塁とし,福留のセカンドゴロの間に俊介が還り一点を先制。続く2回にはツーアウト二塁から俊介のライト前タイムリーヒットで一点を追加。中盤はなかなか追加点を奪えなかったが,7回にワンアウトから俊介のライトスタンドへのソロホームラン......続きを読む»

9/20 対巨人戦(甲子園)ダイジェスト~リベンジ挑戦も…~

なすすべなく完封負け。 タイガースの先発は秋山。初回にツーアウトランナー無しからマギー選手にレフトスタンドへのソロホームランを浴び先制を許すと,2回にはノーアウト二三塁から長野選手にレフト前タイムリーを打たれ0-2と追加点を許してしまう。それでも3回以降は立ち直り,3回と4回はランナーを出すも無失点に,5回と6回は三者凡退に抑え,6回裏に代打を送られマウンドを降りる。7回からは高橋→藤川→石崎と......続きを読む»

9/12~9/15 対巨人戦(甲子園)ダイジェスト~ため息連発の三日間~

9月12日 序盤で天敵を攻略も痛恨のドロー。 打線は初回,ワンアウトから上本と糸井の連続長短打で二三塁とすると,福留のセンター前へのタイムリーヒットで二点を先制。続く2回は,ツーアウトランナー無しから藤浪のフォアボールと俊介のライト前ヒットで一二塁とし,上本・糸井・福留の三者連続となるライト前タイムリーヒットで一挙三点を奪い,これまで苦手としている田口投手から2回で5点と試合を優位に進める。対す......続きを読む»

8/25~8/27 対巨人戦(東京D)ダイジェスト~逆転優勝は厳しくなったけど…~

8月25日 天敵から先取点を奪うも逆転負け。 打線は初回,先頭の俊介のレフト前ヒットなどでツーアウト二塁とすると,福留の左中間へのタイムリーツーベースで苦手としている田口投手から幸先良く先制点を奪う。その裏にに同点とされるも直後の2回,ワンアウト一二塁から青柳と俊介の連続タイムリーで二点を勝ち越した。対するタイガースの先発は青柳。先制点を貰った直後の立ち上がりにツーアウト三塁から阿部選手にタイム......続きを読む»

8/8~8/10 対巨人戦(東京D)ダイジェスト~勝ち越せなかったのか,「辛うじて三タテ敗戦阻止」と考えるべきか…?~

8月8日 岩貞,連日のKO降板で連勝ムードに水を差す。 タイガースの先発は岩貞。初回にワンアウト一二塁のピンチを招くと,阿部選手にライト前タイムリーヒットを打たれ先制を許す。続く村田選手はセカンドゴロダブルプレーで一点で凌ぐも,2回はワンアウトから石川選手にライトスタンドへのホームランを浴び二点目を失う。3回には陽選手とマギー選手の連続フォアボールを皮切りにツーアウト満塁とされ,長野選手への押し......続きを読む»

7/7~7/9 対巨人戦(甲子園)ダイジェスト~辛うじて三タテ敗北を阻止~

7月7日 小野はいつになったら勝てるのか? タイガースの先発は小野だったが,初回に村田選手と中井選手にタイムリーを打たれ二点を先制される。対する打線はその裏,ワンアウトから上本のソロホームランで一点を返す。初回に先制を許した小野だったが,その後はランナーを背負うも4回までは無失点に抑える。ところが5回,ツーアウト一二塁のピンチを招くと,阿部選手にライト前タイムリーを打たれリードを拡げられてしまう......続きを読む»

ダイジェスト番外編~同一リーグ再開へ向けた各チームの分析(巨人編)~

交流戦が終了し,我がタイガースは10勝8敗と勝ち越して終えた。ここではセ・リーグの他球団の近況を分析していく。最初の第一回は巨人編である。 近況概要 5月24日に阪神に勝って以来,球団ワーストの13連敗を喫してしまった巨人。しかし9日の日本ハム戦(札幌ドーム・以下省略)で連敗を止めると,翌週の本拠地東京ドームの六連戦では最初のソフトバンク戦で2勝1敗。次のロッテ戦に至っては三タテを喰らわせ,一時......続きを読む»

5/23~5/25 対巨人戦(甲子園)ダイジェスト~黒虎に襲うあらゆる「危機」~

5月23日 秋山の好投をふいにする打線。 先発は秋山。二週間前同様菅野投手との投げ合いだ。秋山は6回まで3安打無失点と好投。7回に先制を許すも,最少失点にとどめこの回で降板。しかし打線が再三の好機を活かしきれない。菅野投手に対し4回以外毎回ランナーを出し,その中でもさらに2回と5回以外毎回得点圏にランナーを進めるも,全てにおいて点を奪えなかった。菅野投手降板後も点を奪えず,結局今季2度目の完封負......続きを読む»

5/9・5/10 対巨人戦(東京D)ダイジェスト~2タテ同然の1勝1敗~

5月9日 大記録を阻止しての勝利。 相手先発は三試合連続完封勝利中の菅野投手とあって,ある種の「ほこたて」状態となった試合だった。だが初回に糸井のタイムリーヒットなど4本のヒットを集め2点を奪い,いきなり4試合連続完封を打ち砕いた。3回には福留のツーランホームランで2点を追加。4回以降は散発の3安打に抑えられたものの,菅野投手に今季初の土をつけた。先発の秋山は一発やピンチにも動じることなく,7回......続きを読む»

ローテーションピッチャーよ,危機感を持て!(良い意味で)

タイトルの意味は後々分かるとして,まずは試合から振り返っていく。 今日の先発はタイガースが藤浪の「代役」(太字にしてあるのも後で触れる)の横山雄哉,対するジャイアンツは「虎キラー」である内海哲也投手。僕は投手戦になると予想。 しかし試合はいきなり初回から動く。まずは今季初めて1番に座った中谷が口火を切る二塁打を放つ。その後ツーアウトとなってしまうものの,このカード全てで先制打を放っている福留......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconiyonotorakichi

愛媛県在住の阪神タイガースファンです。宜しくお願い致します。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:340198

(10月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 6/23~6/25 対広島戦(マツダ)ダイジェスト~投打共に足りない「工夫」~
  2. 7/17~7/19 対広島戦(甲子園)ダイジェスト~「大誤算」の連続~
  3. ダイジェスト番外編~同一リーグ再開へ向けた各チームの分析(巨人編)~
  4. 8/25~8/27 対巨人戦(東京D)ダイジェスト~逆転優勝は厳しくなったけど…~
  5. ダイジェスト番外編~同一リーグ再開へ向けた各チームの分析(広島編)~
  6. ダイジェスト番外編~藤浪晋太郎「イップス」問題~
  7. ローテーションピッチャーよ,危機感を持て!(良い意味で)
  8. ダイジェスト番外編~球団史上最大の大逆転劇・完全版~
  9. 6/9~6/11 対ソフトバンク戦(ヤフオクドーム)ダイジェスト~交流戦初のカード負け越しからみる「高山と福留スタメン外しのすゝめ」~
  10. ダイジェスト番外編~同一リーグ再開へ向けた各チームの分析(中日編)~

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss