愛媛の虎党の呟き

9/30・10/1 対巨人戦(東京D)ダイジェスト~「予想外」の連勝~

このエントリーをはてなブックマークに追加

9月30日 波乱の幕開けも勝利し二位確定。

打線は初回,俊介の左中間へのツーベースと上本のデッドボール(これが危険球となりジャイアンツ先発の畠投手は退場)などでワンアウト二三塁とし,福留のセカンドゴロの間に俊介が還り一点を先制。続く2回にはツーアウト二塁から俊介のライト前タイムリーヒットで一点を追加。中盤はなかなか追加点を奪えなかったが,7回にワンアウトから俊介のライトスタンドへのソロホームランで貴重な追加点を挙げると,続く8回にはツーアウト一三塁から梅野と桑原(後述)の代打・中谷の連続タイムリーで二点を追加し,終始主導権を渡さなかった。対するタイガースの先発は岩貞。初回にいきなりノーアウト一二塁のピンチを招くも,後続を断ち何とか無失点で立ち上がる。しかし2回,先頭の村田選手にレフトポール直撃のソロホームランを打たれ一点を還される。3回こそ三者凡退に抑えるも,以降は綱渡り状態のピッチング。4回はツーアウト満塁から小林選手を見逃し三振に打ち取ると,5回はツーアウト一二塁から阿部選手を僅か一球でセカンドフライに退けいずれのピンチも辛うじて無失点で切り抜ける。岩貞はこの回を投げ切ったところで降板。6回からは藤川→桑原→マテオ→ドリスと1イニングずつ継投。6回の藤川がツーアウト一二塁のピンチを招くも,代打の亀井選手をピッチャーゴロに仕留めピンチを凌ぐ。それでも,7回の桑原以降は全て三者凡退というパーフェクトリリーフで,レギュラーシーズンの2位を確定させファーストステージの本拠地甲子園での開催権を得た。

10月1日 天敵に漸くつけた黒星。

打線は3回,ツーアウトランナー無しから俊介と上本の連続ヒットで一三塁とし,糸井のレフト前タイムリーヒットで一点を先制。なおも中谷のフォアボールで満塁とし,大山がセンター前へ二点タイムリーを打ち天敵の田口投手からこの回三点を先制する。一点差に詰め寄られた直後の5回にはこの回からマウンドの前日危険球退場となった畠投手からワンアウトランナー無しの場面で上本と糸井の連続ソロホームランで二点を追加し点差を元に戻す。対するタイガースの先発は岩田。初回にツーアウトから坂本勇人選手にレフト前ヒットを打たれるも,阿部選手をセンターフライに打ち取る。2回には二つのフォアボールでワンアウト一二塁とするも後続を断ち無失点で切り抜けると,3回は三者凡退に抑えた。ところが4回,ワンアウトから村田選手にレフトスタンドへのソロホームランを打たれると,なおも一三塁のピンチで小林選手にスクイズを決められ一点差とされてしまう。5回はワンアウトからマギー選手にセンター前ヒットを打たれるも,坂本勇人選手をセカンドゴロダブルプレーに仕留める。直後の6回表の攻撃で代打を送られ岩田は降板した。一方の打線だが,6回以降はノーアウト一二塁(7回)のチャンスをを逃すなどし得点できない。それでも6回以降を石崎→桑原→マテオと持ち前の強力中継ぎ陣が無失点に抑えてきた。しかし9回,抑えのドリスがワンアウト一塁から亀井選手に右中間を破るタイムリーツーベースを浴びると,なおもツーアウト二塁から宇佐見選手にセンター前へのタイムリーヒットを打たれ一点差に詰め寄られてしまう。それでも陽岱鋼選手をピッチャーゴロに仕留め,辛うじて逃げ切った。

総括と次戦へ向けて

畠投手と田口投手が登板するということで,正直連敗は覚悟の上だった。だがまさか連勝するとは思わなかった。この二連戦は畠投手の危険球退場という波乱の幕開けだったが,個人的な意見かつ半ば結果論だがもしかするとこの危険球退場がこの「どんでん返し」の始まりだったのかなとつい思ってしまう。にしてもこの二連戦ではピッチャー陣がよく踏ん張ってくれた。先発した岩貞と岩田は共に綱渡り状態のピッチングにも拘らず,相手の拙攻もあったとはいえ勝ちの権利を得られる5回までをよくぞ投げ切ってくれたなと思う。あと,相変わらずリリーフ陣は頼もしいと感じさせてくれた。二戦目のドリスはヒヤヒヤものだったが,特に確証はないものの「今回は大丈夫」だと信じていた。そして打線だが,まずは前述の頭部へデッドボールを喰らった上本に何事も無くて良かったと思った。そして退場となった畠投手から翌日にお返しと言わんばかりのソロホームラン。相手が投げにくかったであろう状況を鑑みてもよくぞ打ってくれたと称賛したい。こんなことをいうのは不謹慎かもしれないが,危険球退場の翌日の同一カードでの登板ではヤジられて当たり前。現地でヤジってる虎党も本心はみんな「ホンマは大丈夫やで」って思ってる筈。この更新分は本来阪神カテだが,この場を借りて「畠投手には是非ともこのショックから立ち直ってもらいたい」という一言を贈りたい。話を元に戻すが,二戦目で福留抜きで勝てたのは大きい。4番に入った中谷がノーヒットだったものの,前後を打つ糸井と大山が打点を挙げてくれた。今回のように,特定の選手が不調でも別の選手が打てば勝利できることもある。なので不調の選手を別の選手がカバーするという姿勢は絶対に忘れないでほしい。そして,次は少し日程が空いて10月5日から中日と二連戦。この二連戦でレギュラーシーズンが終わる。数字上でも気持ち的にも完全に消化試合となったが,連勝で2017年シーズンを締めクライマックスシリーズへと弾みをつけたいところだ。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
巨人戦
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

9/30・10/1 対巨人戦(東京D)ダイジェスト~「予想外」の連勝~

minakojiさん,コメントありがとうございます。
僕も同感です。巨人だけに限らず,何故同じようなピッチャーばかりにやられるかが分からないんですよね。なので来年こそは今までやられてきたピッチャーをカモにするぐらい徹底的に攻略法を練ってほしいです。

9/30・10/1 対巨人戦(東京D)ダイジェスト~「予想外」の連勝~

巨人戦のことで言えば4位のチームに勝ち越せないとゆうのは寂しい、それも同じピッチャーに何度も負けるとゆうことはプロとして恥ずかしいのではないですか。来年はそのようなことがないようにもっと詳しいデータ今はいくらでもあるはずだから研究して同じことは繰り返さないようにお願いしますよ。

こんな記事も読みたい

2017個人的感想【博多の熱烈G党オジサン】

アレの季節【西にいても心はマリンに】

* 祝い酒、どう?(笑)【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

個人的なセリーグチームの想定外を述べてみる。【虎バナシ中心。時たま他球団・・多分】

上本かっこよかったですね。後はセリーグ予想と結果について【虎バナシ中心。時たま他球団・・多分】

2017/9/30(土) タイガース2位確定!でも戦いは続く【甲子園浜通信】

【タイガース】俊介に最敬礼!【no title】

貯金10以上で終えれるのが嬉しい限り【虎バナシ中心。時たま他球団・・多分】

ブロガープロフィール

profile-iconiyonotorakichi

愛媛県在住の阪神タイガースファンです。宜しくお願い致します。
  • 昨日のページビュー:15
  • 累計のページビュー:340290

(11月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 6/23~6/25 対広島戦(マツダ)ダイジェスト~投打共に足りない「工夫」~
  2. 7/17~7/19 対広島戦(甲子園)ダイジェスト~「大誤算」の連続~
  3. ダイジェスト番外編~同一リーグ再開へ向けた各チームの分析(巨人編)~
  4. 8/25~8/27 対巨人戦(東京D)ダイジェスト~逆転優勝は厳しくなったけど…~
  5. ダイジェスト番外編~同一リーグ再開へ向けた各チームの分析(広島編)~
  6. ダイジェスト番外編~藤浪晋太郎「イップス」問題~
  7. ローテーションピッチャーよ,危機感を持て!(良い意味で)
  8. ダイジェスト番外編~球団史上最大の大逆転劇・完全版~
  9. 6/9~6/11 対ソフトバンク戦(ヤフオクドーム)ダイジェスト~交流戦初のカード負け越しからみる「高山と福留スタメン外しのすゝめ」~
  10. ダイジェスト番外編~同一リーグ再開へ向けた各チームの分析(中日編)~

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss