愛媛の虎党の呟き

タイガースに関する出来事を誉めちぎったりボヤいたりしています。 (その他話題も稀にチラホラ)

iyonotorakichi

愛媛県在住の阪神タイガースファンです。宜しくお願い致します。
  • 昨日のページビュー:2315
  • 累計のページビュー:339771
  • (10月12日現在)

最新の記事

10/5・10/10 対中日戦(甲子園)ダイジェスト~CSへ弾みをつける連勝〆~

10月5日 初物づくしの記念すべき勝利。 タイガースの先発は秋山。初回を三者凡退で立ち上がると,2回はツーアウト満塁のピンチを招くも小笠原投手をライトフライに打ち取り無失点で切り抜ける。3回から5回までは3イニング連続で三者凡退に抑え,6回もワンアウトから友永選手にデッドボールを与えるも梅野の強肩でタッチアウトにしツーアウトとする。しかし高橋周平選手にフォアボールを与えると,福田選手に右中間を破......続きを読む»

9/30・10/1 対巨人戦(東京D)ダイジェスト~「予想外」の連勝~

9月30日 波乱の幕開けも勝利し二位確定。 打線は初回,俊介の左中間へのツーベースと上本のデッドボール(これが危険球となりジャイアンツ先発の畠投手は退場)などでワンアウト二三塁とし,福留のセカンドゴロの間に俊介が還り一点を先制。続く2回にはツーアウト二塁から俊介のライト前タイムリーヒットで一点を追加。中盤はなかなか追加点を奪えなかったが,7回にワンアウトから俊介のライトスタンドへのソロホームラン......続きを読む»

9/27~9/29 対DeNA戦(横浜)ダイジェスト~二年ぶりのCS確定も2位確定はならず~

9月27日 序盤の劣勢を跳ね返しドローへ。 タイガースの先発は秋山。初回にツーアウト二塁からロペス選手にレフトスタンドへのツーランホームランを浴び先制を許すと,続く2回もツーアウト二三塁から桑原将志選手に二点タイムリーを打たれ,序盤2回で四点を失う。3回と4回こそ無失点に抑えるも,一安打ずつ浴び結局三者凡退のイニングを作れないまま直後の5回に代打を送られ降板した。対する打線は,5回まで初回以外毎......続きを読む»

9/24・9/25 対DeNA戦(甲子園)ダイジェスト~連日の屈辱~

9月24日 少ないチャンスを活かせず零封負け。 タイガースの先発はこの日に一軍登録されたばかりの岩貞。初回にワンアウト二三塁とされると,ロペス選手のショートゴロと宮崎選手のレフト線へのタイムリーツーベースヒットで二点を先制され出ばなを挫かれてしまう。それでも2回以降は立ち直り,3回の柴田選手のセーフティーバントによる内野安打と4回の嶺井選手へのフォアボール以外5回までを全てアウトに仕留める。6回......続きを読む»

9/23 対ヤクルト戦(神宮)ダイジェスト~「苦手意識」の有無~

中盤以降に打線が爆発。  タイガースの先発は小野。初回に先頭の山崎選手にヒットを許すも藤井選手をショートゴロダブルプレーに抑えるなどし結果的に三人で終える。2回も三者凡退に抑え上々の出だしをみせる。。しかし以降は我慢のピッチングが続く。3回にワンアウト満塁の大ピンチを招くも後続を断つと,点を貰った(後述・以下※)直後の4回もツーアウトながら一二塁とされるも奥村選手を空振り三振と綱渡り状態のピッチ......続きを読む»

9/21 対広島戦(マツダ)ダイジェスト~相手が本気では無かったとは言えども…~

序盤の5点ビハインドを跳ね返す逆転勝利。 タイガースの先発は能見。初回に田中選手のセンター前ヒットなどでワンアウト一二塁とされると,松山選手にライトスタンドへのスリーランホームランを浴び先制を許す。なおも新井選手にフォアボールを与えると,続くバティスタ選手にレフトスタンドへのツーランホームランを浴びいきなり五点を失う展開となってしまう。それでも2回以降は立ち直りの気配をみせ,3回の三者凡退以外は......続きを読む»

9/20 対巨人戦(甲子園)ダイジェスト~リベンジ挑戦も…~

なすすべなく完封負け。 タイガースの先発は秋山。初回にツーアウトランナー無しからマギー選手にレフトスタンドへのソロホームランを浴び先制を許すと,2回にはノーアウト二三塁から長野選手にレフト前タイムリーを打たれ0-2と追加点を許してしまう。それでも3回以降は立ち直り,3回と4回はランナーを出すも無失点に,5回と6回は三者凡退に抑え,6回裏に代打を送られマウンドを降りる。7回からは高橋→藤川→石崎と......続きを読む»

9/18 対広島戦(甲子園)ダイジェスト~目の前での屈辱~

善戦も惜敗。  タイガースの先発はメンドーサ。初回に先頭の田中選手へのフォアボールなどでツーアウト三塁とされると,松山選手のセンター前タイムリーヒットで先制を許す。2回は安部選手とエルドレッド選手に連続センター前ヒットでノーアウト一二塁とされるも後続を抑えると,続く3回も先頭の菊池選手にツーベースヒットを打たれるも後続を断ちいずれも無失点で切り抜ける。だが4回,先頭の安部選手にデッドボールを与え......続きを読む»

9/12~9/15 対巨人戦(甲子園)ダイジェスト~ため息連発の三日間~

9月12日 序盤で天敵を攻略も痛恨のドロー。 打線は初回,ワンアウトから上本と糸井の連続長短打で二三塁とすると,福留のセンター前へのタイムリーヒットで二点を先制。続く2回は,ツーアウトランナー無しから藤浪のフォアボールと俊介のライト前ヒットで一二塁とし,上本・糸井・福留の三者連続となるライト前タイムリーヒットで一挙三点を奪い,これまで苦手としている田口投手から2回で5点と試合を優位に進める。対す......続きを読む»

9/8~9/10 対DeNA戦(甲子園)ダイジェスト~大記録達成がもたらした三タテ勝利?~

9月8日 大記録を祝う逆転勝利。 タイガースの先発は能見。初回にワンアウト二塁のピンチを招くと,筒香選手にライト前タイムリーヒットを許し先制を許す。続く2回にもツーアウト二塁から倉本選手にセンターへのタイムリーヒットを打たれ追加点を許す。対する打線は直後の2回裏,ワンアウトから中谷がフォアボールで出塁すると,続く鳥谷が右中間へのタイムリーツーベースヒットを放ち一点を返す。このタイムリーツーベース......続きを読む»

9/5~9/7 対広島戦(マツダ)ダイジェスト~口惜しさと諦めと~

※前半の試合ダイジェストについては後程掲載予定。 総括と次戦へ向けて 正直,辛いし悔しい。初戦と二戦目の連続サヨナラ負けからの,エースのアッキャマンで落とした三戦目。二戦目までは精神的にかなりやられた一方,三戦目はこれまで完璧な好投を続けていた秋山で落としたのである意味諦めがつくような気持ちにもなった。確かに三タテ敗戦を喫したものの,野手はビハインドでも諦めずに得点をする姿勢をみせてくれたし,投......続きを読む»

9/1~9/3 対中日戦(甲子園)ダイジェスト~手痛い2勝1敗~

9月1日 一旦は逆転を許すも…。 打線は3回,ツーアウトランナー無しから上本と糸井の連続フォアボールで一二塁とすると,プロ初の4番に座った大山のレフトへのタイムリーツーベースヒットで先制。4回もツーアウトランナー無しから坂本のレフトオーバーのツーベースヒットでチャンスを作ると,ピッチャーの青柳のセンター前タイムリーヒットで追加点を挙げる。対するタイガースの先発はその青柳。初回と3回は三者凡退に抑......続きを読む»

8/29~8/31 対ヤクルト戦(甲子園)ダイジェスト~課題が山積の三タテ勝利~

8月29日 念願の,待望の…! 打線は2回,先頭の中谷のサードゴロエラーなどでワンアウト二塁とすると,鳥谷のセンター前タイムリーと北條のレフトへのタイムリースリーベースで二点を先制。5回にはワンアウト一三塁から上本のセンター前へのタイムリーヒットで一点を追加した。対するタイガースの先発は小野。初回を結果的に三人で終え,無失点で立ち上がる。しかし2回,先頭の山田選手へのフォアボールなどでツーアウト......続きを読む»

8/25~8/27 対巨人戦(東京D)ダイジェスト~逆転優勝は厳しくなったけど…~

8月25日 天敵から先取点を奪うも逆転負け。 打線は初回,先頭の俊介のレフト前ヒットなどでツーアウト二塁とすると,福留の左中間へのタイムリーツーベースで苦手としている田口投手から幸先良く先制点を奪う。その裏にに同点とされるも直後の2回,ワンアウト一二塁から青柳と俊介の連続タイムリーで二点を勝ち越した。対するタイガースの先発は青柳。先制点を貰った直後の立ち上がりにツーアウト三塁から阿部選手にタイム......続きを読む»

8/22~8/24 対ヤクルト戦(神宮)ダイジェスト~気がかりの残るカード勝ち越し~

8月22日 あらゆる意味で手痛いサヨナラ負け。 タイガースの先発は小野。初回を無失点とまずまずの立ち上がりをみせるも,2回にツーアウトランナー無しから中村選手にソロホームランを打たれ先制を許す。3回はワンアウト一二塁とされるも,バレンティン選手をショートゴロダブルプレーに抑え切り抜ける。しかし味方が逆転してくれた直後の4回,先頭の山田選手とリベロ選手に連打を浴び二三塁とされると,藤井選手のセンタ......続きを読む»

8/18~8/20 対中日戦(ナゴヤD)ダイジェスト~今季初の「敵地での三タテ勝利」も腑に落ちない点がチラホラ~

8月18日 一発攻勢で相手投手陣を粉砕。 打線は初回,ツーアウト一二塁から中谷のライト前タイムリーヒットで一点を取ると,なおも鳥谷のフォアボールで満塁から大山のレフト前二点タイムリーヒットで幸先良く三点を先制する。5回には先頭の北條がレフトスタンドへのソロホームランを放ちリードを拡げる。6回はツーアウトランナー無しから坂本のツーベースヒットでチャンスを作ると,ピッチャーの秋山がプロ入り後初となる......続きを読む»

8/15~8/17 対広島戦(京セラD)ダイジェスト~絶望の中に見えた「一筋の希望」~

8月15日 中盤に追い上げも序盤の大量失点が響く。 タイガースの先発は小野。初回に田中選手と菊池選手の連打でノーアウト一三塁とされると,丸選手にライトスタンドへのスリーランホームランを浴び三点を先制されてしまう。2回はワンアウト二三塁を凌いだ小野だったが,3回にノーアウト二三塁から松山選手にセンター前への二点タイムリーを打たれリードを拡げられてしまう。その後ワンアウト一二塁としたところで小野は降......続きを読む»

8/11~8/13 対DeNA戦(横浜)ダイジェスト~ローテのやりくりと苦手克服~

8月11日 終始主導権を握り圧勝。 打線は2回,ワンアウトから中谷のレフトフライを筒香選手が見失い一気に三進すると,鳥谷の左中間フェンス直撃となるタイムリーツーベースで先手を取る。3回には先頭の俊介のレフト前ヒットなどでツーアウト一二塁とすると,中谷の左中間スタンドへ飛び込むスリーランホームランでリードを四点に拡げる。5回には先頭の西岡のサードへの内野安打から大山の左中間へのタイムリーツーベース......続きを読む»

8/8~8/10 対巨人戦(東京D)ダイジェスト~勝ち越せなかったのか,「辛うじて三タテ敗戦阻止」と考えるべきか…?~

8月8日 岩貞,連日のKO降板で連勝ムードに水を差す。 タイガースの先発は岩貞。初回にワンアウト一二塁のピンチを招くと,阿部選手にライト前タイムリーヒットを打たれ先制を許す。続く村田選手はセカンドゴロダブルプレーで一点で凌ぐも,2回はワンアウトから石川選手にライトスタンドへのホームランを浴び二点目を失う。3回には陽選手とマギー選手の連続フォアボールを皮切りにツーアウト満塁とされ,長野選手への押し......続きを読む»

8/4~8/6 対ヤクルト戦(京セラD)ダイジェスト~手放しでは喜べない(?)三タテ勝利~

8月4日 中継ぎ陣を温存するメッセンジャーの快投。 タイガースの先発はメッセンジャー。初回と2回の立ち上がり2イニングをパーフェクトに抑える。3回に大引選手に初ヒットを許すも,ブキャナン投手をセカンドゴロダブルプレーに打ち取るなどし無失点。4回もツーアウトからバレンティン選手にフォアボールを与えるも,続く山田選手を見逃し三振に切って取る。メッセの最大のピンチは5回。ワンアウトから奥村選手と大引選......続きを読む»

8/1~8/3 対広島戦(マツダ)ダイジェスト~良くも悪くも「野球の恐ろしさ」を見せつけられた三日間~

8月1日 岩貞KOも追い上げる。しかし最後に…。 タイガースの先発は岩貞。初回に先頭の田中選手へのフォアボールなどでワンアウト一二塁とされると,鈴木選手にセンター前タイムリーヒットを打たれ先制を許す。続く松山選手は打ち取るも,エルドレッド選手に左中間を破られる二点タイムリーツーベースを浴び初回に三失点と出ばなを挫かれる。2回と3回は三者凡退に抑えるも,4回に松山選手のセンター前ヒットなどでワンア......続きを読む»

7/28~7/30 対中日戦(ナゴヤD)ダイジェスト~三タテ勝利失敗に見る「能見降格のすゝめ」~

7月28日 完封リレーで長期ロード初戦を取る。 打線は2回,大和の今季初ホームランで先制。続く坂本のレフト前ヒットなどでワンアウト二塁とすると,俊介のファーストへのファールフライで二塁ランナーの坂本がタッチアップからスタート。その際に中日のファーストであるビシエド選手が悪送球を犯し,その隙を突いた坂本が本塁に生還しこの回二点を奪う。4回は先頭の鳥谷と続く大和の連打などでツーアウト二三塁とし,俊介......続きを読む»

7/25~7/27 対DeNA戦(甲子園)ダイジェスト~固定と休養と~

7月25日 岩貞が復活の兆し。しかし打線が…。 タイガースの先発は岩貞。1回から3回の序盤3イニングを投げ一人のランナーも許さないパーフェクトピッチングを展開する。4回はワンアウトから田中浩康選手のフォアボールと筒香選手のセンター前ヒットで一三塁のピンチを招く。それでも4番のロペス選手をサードフライに,5番の宮崎選手をサードゴロにいずれも退け無失点で切り抜ける。5回は三者凡退に抑えると,6回は先......続きを読む»

ダイジェスト番外編~「完全試合」について~

広島東洋カープの岡田明丈投手が23日の中日戦で6回までをパーフェクトに抑える快投をみせ,完全試合が期待されていた。ところが7回,先頭の京田陽太選手にツーベースヒットを浴びその夢が打ち砕かれてしまった。その際に,一部のカープファンがTwitterで「中日空気読め」とか「なんで京田はヒットを打つんや」といったツイートをしていた。確かにこういったツイートはあまり良くないのだが,今回はそういった可否感情は抜......続きを読む»

7/21~7/23 対ヤクルト戦(神宮)ダイジェスト~「采配」の大切さ~

7月21日 一発攻勢で天敵を攻略。 打線は2回,先頭の福留の後半戦初ホームランで先制点を入れる。4回は先頭の高山のツーベースなどでワンアウト二塁とすると,ロジャースの来日初ホームランで二点を追加。圧巻だったのは6回。ワンアウト一塁からロジャースに二打席連続となるツーランホームラン。なおも鳥谷と大和の連打で一二塁とし,坂本に左中間を破る二点タイムリーツーベース。この回結局四点を奪い,この試合前まで......続きを読む»

7/17~7/19 対広島戦(甲子園)ダイジェスト~「大誤算」の連続~

7月17日 メッセンジャーの最低限のピッチングで勝利。 タイガースの先発はメッセンジャー。初回の立ち上がりと2回共に得点圏にランナーを背負うも,いずれも無失点に抑える。ところが3回,ワンアウトから菊池選手と丸選手の連打などでツーアウト満塁のピンチを招くと,エルドレッド選手に押し出しフォアボールを与え先制を許してしまう。だが後続の安部選手を空振りの三振に仕留め最少失点で切り抜ける。対する打線は,2......続きを読む»

7/11・7/12 対中日戦(倉敷・甲子園)ダイジェスト~今度こそ打線復調か?~

7月11日(倉敷) 打線が爆発し二年前のリベンジを達成。 1年に一度の倉敷での主催試合の先発を託されたのはメッセンジャー。しかし初回,ワンアウト一三塁のピンチを招くと,ゲレーロ選手の打ち取ったあたりが野手の間に落ちる不運なタイムリーヒットとなり先制を許す。対する打線は2回,先頭の中谷のサードゴロエラーなどでツーアウト二三塁と一打逆転のチャンスをつくる。ここでメッセンジャーの打席だが,相手先発のジ......続きを読む»

7/7~7/9 対巨人戦(甲子園)ダイジェスト~辛うじて三タテ敗北を阻止~

7月7日 小野はいつになったら勝てるのか? タイガースの先発は小野だったが,初回に村田選手と中井選手にタイムリーを打たれ二点を先制される。対する打線はその裏,ワンアウトから上本のソロホームランで一点を返す。初回に先制を許した小野だったが,その後はランナーを背負うも4回までは無失点に抑える。ところが5回,ツーアウト一二塁のピンチを招くと,阿部選手にライト前タイムリーを打たれリードを拡げられてしまう......続きを読む»

7/4~7/6 対DeNA戦(新潟・横浜)ダイジェスト~「御の字」の1勝1敗~

7月4日(新潟) 今季最後の地方ビジターも試合前に中止。  中止なので省略 7月5日(横浜) 打線が繋がりを欠き連勝ストップ。 打線は2回,ノーアウト一三塁から梅野のセンターへの犠牲フライで先制。なおもツーアウト一三塁とするも,上本が空振り三振に倒れ1点止まりとなる。対するタイガースの先発はメッセンジャー。初回は三者凡退に抑え,2回と3回はランナーを背負うも無失点で凌いだ。ところが4回,......続きを読む»

6/30~7/2 対ヤクルト戦(甲子園)ダイジェスト~「一筋の光」が見えた三日間~

6月30日 青柳による「突然の一人相撲」で8連敗。 打線は2回,ワンアウト満塁から鳥谷のセカンドゴロでファーストランナーが挟まれている間に先制(記録はセカンドゴロ併殺で打点無し)。対するタイガースの先発は青柳。3回までパーフェクトに抑える好投をみせ,4回もワンアウトから上田選手にフォアボールを与えるも,盗塁死の影響もあり3人で攻撃を終わらせる。ところが5回,バレンティン選手の初ヒットなどでノーア......続きを読む»

1

このブログの記事ランキング

  1. 6/23~6/25 対広島戦(マツダ)ダイジェスト~投打共に足りない「工夫」~
  2. 7/17~7/19 対広島戦(甲子園)ダイジェスト~「大誤算」の連続~
  3. ダイジェスト番外編~同一リーグ再開へ向けた各チームの分析(巨人編)~
  4. 8/25~8/27 対巨人戦(東京D)ダイジェスト~逆転優勝は厳しくなったけど…~
  5. ダイジェスト番外編~同一リーグ再開へ向けた各チームの分析(広島編)~
  6. ダイジェスト番外編~藤浪晋太郎「イップス」問題~
  7. ローテーションピッチャーよ,危機感を持て!(良い意味で)
  8. ダイジェスト番外編~球団史上最大の大逆転劇・完全版~
  9. 6/9~6/11 対ソフトバンク戦(ヤフオクドーム)ダイジェスト~交流戦初のカード負け越しからみる「高山と福留スタメン外しのすゝめ」~
  10. ダイジェスト番外編~同一リーグ再開へ向けた各チームの分析(中日編)~

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月12日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss