サックスブルーと共に

ジュビロ磐田と日本サッカー全体の発展を願うブログ

ittyo1

ブログを書き続けるって大変ですね・・・。 知り合いの方も休止されてますし、私のブログもたまに更新するくらい。 なんというか、前回のW杯である程度の満足と、あと少しと言う名の大きな世界との差を感じ、みなさん何を語ってよいのかわか もっと見る
  • 昨日のページビュー:16
  • 累計のページビュー:1668798
  • (04月17日現在)

最新の記事

聖域・・・どころか柵すら無きSB

長友選手が現状、頭一つ抜けているとは言え、クラブでの状況や年齢的なもの、ピーク時と比べると衰えが見え隠れすることを踏まえると・・・日本代表ほSBは最も手薄なポジションと言えるのではないでしょうか? 海外組がスタメンを張っているとはいえ、国内組でも可能性は十分にあるポジションです。 SB専門じゃなくても、遠藤航選手や槙野選手なども可能性がある。 もっとこのポジションを貪欲に代表を狙ってくれたらなぁと......続きを読む»

次へのステップとなる試合となったか

今日のサウジアラビア戦はターニングポイントとなる試合だったかもしれませんね。 あらゆる面で戦える選手の重要性、そういう選手が一人でも多くいることでのチームの機能性の高さということが見れた試合でした。 ハリルホジッチ監督が求めるデュエルやフィジカルというものについて、今まで以上に日本サッカー全体が真剣に考えてみる必要があるのではないでしょうか? 原口選手や大迫選手の走力と守備への献身性、身体を当てる......続きを読む»

香川選手に対して感じる2つの不安

香川選手は当然の事ながら、日本屈指の実力者で、代表の中心の選手です。 ですが、ここ最近、力を発揮できているとは言い難い。 それが何故なのか。 自分なりに2つの点を挙げてみたいと思います。 ①ポジショニングが高すぎる。 代表でもクラブでもトップ下のポジションをやることが多い。 その際、FWの近くというか、横に並ぶ2トップの一角のようなポジショニングをしています。 こうなると、相手を背負ったプレーが多......続きを読む»

1失点目に繋がった大島のパスはパスミスか?

大島選手から酒井選手へのパスが引っ掛けられ、そこから相手にドリブルを仕掛けられて吉田選手がファールを犯してフリーキック。 それを直接決められて失点。 この時のパスを松木さんなどは、「遅い」とか「緩い」と言っていました。 みなさんは「あのパス」をどう見ましたか? あのシーン、私は違う反応をしました。 「なんで酒井選手は上がってないの? なんで止まって足元で受けようとしているの?」 足元へ出すパス......続きを読む»

組織か個人か~ハリルホジッチ監督が言った、Jリーグは下がりながら守備をするについて~

今日の代表メンバー発表の際にハリルホジッチ監督は、Jリーグの守備について指摘しました。 恥ずかしながら、初めに読んだ時、守備の組織論だとばかり思っていました。 ただ、改めて読んだり、スポナビの別の方がこの件について記事を書かれているのを読ませていただいたりする中で、組織論だと辻褄が合わない点を感じます。 組織論として見た場合、ハイプレスが少し出来ているとして挙げられたクラブが川崎フロンターレという......続きを読む»

スカパーの解説と実況について~アビスパ福岡VSジュビロ磐田

【実況】 3-2でアビスパが負けている場面。 「アビスパの選手、誰一人諦めていません!!」 ・・・これって試合している選手から聞いたの? それとも見ていて選手の心を読み取ったの? あなたはエスパーですか? サッカーの実況って、実況の人がストーリーを勝手に作ることが多くないですか? 実況は行われている事実をわかりやすく伝えることや、テレビを見ている人には伝わらない空気感や熱量、匂いや感覚を伝える......続きを読む»

勝利しても楽観できる要素はほとんど無い

久しぶりのジュビロについての投稿です。 今シーズンの私のスタンスとしては、残留すれば御の字。 降格してもやむ無しで、名波監督続投指示。 J1に引き上げてくれた名波監督へは感謝と敬意をもって批判はしない。 こんな感じです。 ですが、この試合については言わせてください。 勝利はしたが、これほど残念、悔しいと思った試合は久しぶりです。 悲しみと怒りで分析も正確性もあったもんじゃありませんが、ご容赦くださ......続きを読む»

常識と風間八宏とJリーグ

「真ん中から攻めようという意識がない。俺がポストプレーをやったり、下がって叩くと、そこで(シュートを)打っちゃう。崩し切る前に終わっちゃう。だから、自分がただ下がっているだけに見えてしまう。でも、自分がやっていることは(以前と)変わってないから」 「自分が引いてボールを受けた時は、前を向いて危険なところに(パスを)出して、(動き直して)危険なところに行くけど......続きを読む»

欧州と日本の基準点〜武藤嘉紀というものさしについて〜

代表戦において感じる個としての力の不足 決定力と共に感じたフィジカル能力の弱さ 代表戦を見て、あいつがダメだこいつがダメだと言っても、じゃあ誰ならいいんだ?ってなると中々出てこない Jリーグはフィジカル的な要素の低いリーグなので、どの選手が通用するか見えにくいですよね? そこで基準点となる選手を一人 武藤嘉紀 ドイツに渡ってすぐ、中央のポジションで欧州の屈強なDFとぶつかり、競り合い、戦っている ......続きを読む»

東アジアカップ後のJリーグと海外サッカー

過去は美化されるものなんでしょうか? 昔はよかった…うん、あまり言いたくないセリフではありますな 東アジアカップの試合内容の酷評、それは果たして的を射ているのか? 前回、前々回と内容を比べてそれ程までに今回は悪かったのか? 北朝鮮戦に負けたことでサポーターの一部が集団ヒステリーを起こし、その論調に釣られていないだろうか? まあ、ダラダラ書きましたが、要はみんな結果に捉われファビョってない???っ......続きを読む»

東アジアカップ後のここについて

東アジアカップが散々な内容に終わりましたね そうするとここにも東アジアカップに関する記事がたくさん出ています 日本サッカーのレベルアップには、そうしたことって大事だと思うんですよ だからいろんな意見が出て、あーだこーだ議論する場があるって素晴らしい‼︎ …ん?議論する場? あれやこれこれ、いつの間にかここって議論する場じゃなくなってませんか!? あの変なコメントを制御することがあって以来 確かに......続きを読む»

ナイスゲーム

ナイスゲームだった 気持ちもいつもより見せた いつもより戦っていた 選手も監督も批判されるような戦いはしてなかった ただ、力が足りなかった 山岸選手のヘディングは見事でした 解説同様、鳥肌がたつヘディングだった ジュビロの八田選手も今日はほんと素晴らしかった 彼ら2人のGKがこの試合を引き締めてくれた ナイスゲームだと両チームを讃えたい 山形にはぜひ、ジュビロ磐田のぶんも次に勝って、J1に上がっ......続きを読む»

Jリーグで見て欲しいもの〜選手編〜

最近のJリーグ、人気が低迷して…とかレベルの低下が…とか言われていますが、個人的には、 「ちゃんと見たらJリーグは世界的にも面白いリーグだよ」 と思っています。 リーグの混沌さもそうですが、チームの戦術の違い、選手の個性など、面白い要素はたくさんあります。 その中で今日は、選手に絞ってJリーグのこいつが面白い‼︎というのを書いていこうかなと。 ただ、だいぶ偏りがあります(笑) なのでもし内容に不満......続きを読む»

次の日本代表へ送る

今、これからの日本代表の方向性を攻撃的にいくのか、守備的にいくのかという議論が見られます。 でもこれってトルシエ監督からジーコ監督、そしてオシム監督、岡田監督、ザッケローニ監督への振れ幅の大きな方向性の変化を繰り返す歴史が続くだけで、あまり意味のあるものにならないのではと考えます。 大切なのは、今回のW杯でできたこと、できなかったこと、足りなかったものと、足りていたこと。 ここを考えて行くことが、次......続きを読む»

日本人とショートパス

 一応、前回の記事からの続きとなっています。 http://http://www.plus-blog.sportsnavi.com/ittyo1/article/282 「相手にマーク付かれていても関係なくする相手の意識の逆を取り相手の守りを無力化するパスサッカー」は日本人だからできるようになるのではないか。 前回の結論はそれでした。 バルセロナと川崎フロンターレの違いから強引にこの結論までもってい......続きを読む»

バルセロナと川崎フロンターレの違い

 久しぶりの更新です。 今日は個人的に感じていたけれど、どう違うかイマイチはっきりしなかった「バルセロナと川崎フロンターレの違い」を書きながら少し明瞭にしていきたいと思います。 なので、私の中でもまだ明確な答えが出ている内容ではありません。 また、バルセロナのサッカーについて、間違えや古さがあるかもしれません。 その場合は指摘してくだされれば幸いです。  さて、バルセロナと川崎フロンターレのサッカ......続きを読む»

終戦か?

ジュビロ磐田サポーターの皆さま。 いかが絶望的にお過ごしでしょうか? わたくしは遠い目をして口を開けながら絶望的に過ごしております。 母さん、僕は元気です。 さすがに今日の結果は悲観的にならざるをえません。 1つの失点であれほど選手の心に焦りと不安が生まれるのか。 2つの失点で諦めが生まれました。 一人の責任ではなく、チーム全体の問題であることは分かっています。 ......続きを読む»

やはり技術の問題です。

日本代表対中国代表の失点シーン。 駒野選手のクリアミス。 遠くに、外にボールを弾き出す。 それができなかったための失点。 このブログで少し前に、川口選手のパンチングが弱くて失点したシーンを批判しました。 それと同じ、技術のミスからの失点です。 やはり、技術の問題です。 …日本代表でもジュビロ磐田でも、ベテラン(駒野選手はキャプテン…)がこういうプレーをすると、流れが相手にいって......続きを読む»

気持ちではありません。技術の問題です。

ベガルタ仙台対ジュビロ磐田の一戦。 ジュビロ磐田の失点シーンに解説が言った一言。 『気持ちで取った得点ですね』 …いいえ、気持ちではありません。 技術の問題です。 決めた選手は難しいボールをきれいにミートした。 インパクトを重視した素晴らしいシュートでした。 シュートの技術の高さです。 また、ジュビロ磐田側から見れば、GKのパンチングが弱すぎるという技術的なミス。 遠くに飛......続きを読む»

川又選手のゴールはハンド‼だけど…

アルビレックス新潟対ジュビロ磐田の一戦。 アルビレックスの川又選手のゴールは手に当たって入ったものでした。 でも…この得点はジュビロ磐田側からすれば、ミスによるものであり、川又選手を非難できるものではない。 責めるべきは、川口選手だと思います。 PA横、ゴールライン近くからのFK。 ボールはGK手前でバウンドして、奥の川又選手が体で押し込んでのゴール。 GKが低い弾道のボールを後......続きを読む»

失点を呼び込んだベテランのプレー

セレッソ大阪戦。 運や流れもあり、2-1とした後のジュビロ磐田の戦い方。 試合直後からずっとゲームをコントロールをしていたのはジュビロ磐田。 勝っているチームが、無理にチャンスを作ろうとして展開が詰まる、バランスが崩れる。 そして相手のチャンスが増え、ジュビロ磐田は守備は乱れる。 それをしていたのが、ベテラン選手。 コンフェデ杯の日本代表の拙い試合運び。 ベテラン選手を見ているとや......続きを読む»

フットボールにあるのは歓喜よりも苦しみ

フットボールにあるのは歓喜よりも苦しみ。 ここ最近の私の思いです。 コンフェデ杯の結果にしても、今シーズンのジュビロ磐田の結果にしてもそう。 わずかな可能性に期待していましたが…現実は嘘をつきませんね。 ではこういう時にどうするか? 一度フットボールから離れる…なんてできれば楽になれるのでしょうが、一度フットボールを好きになると(特にサポーターなんぞになると…)苦しくても離れられない(......続きを読む»

個の力、組織の力

コンフェデ杯は散々たる結果で終わりましたね。 なんというか、イタリア選もメキシコ戦も前々からの課題が解決されていないことが明らかになっただけで、W杯本場になって研究されての対戦になったらより厳しくなるのが確認できた。 いやもう、朝から暗い気持ちになりました(笑) こうなってくると、新しい選手とか言いたくなるんですが、正直、今の代表メンバーに変わる選手が見当たらない。 よく、柴崎選......続きを読む»

足りなかった個の力、伸ばすべき力

壁は遥か仰ぎ見る高さ… ブラジル戦は『少しはできるかも』という淡い期待を抱いていた私達に冷水を浴びせかけてくれました。 でもこの冷水は決して絶望の水ではないかなと。 むしろ目を覚まさせ、道があることに気付かせてくれたものだと思います。 『個』の違い。 個を高めなければ、何にもならない。 それがより具体的に見えてきました。 スタメン自体はブラジル戦のスタメンでよい。 ......続きを読む»

危機感ひしひし

ボールへの執着、勝ちへの執念。 システムやらなんやらの前に、そこが何よりの問題点だったかなと思います。 例えば、清武選手がパスをカットされた場面や、ボールを奪われた場面。 その次の行動。 即座にボールを奪い返しに行っていない。 少しうつむきながら、ジョギングで戻るかその場に留まっていた。 なんか違くないか?と思ってしまった。 勝ち負けや点差、システムやフォーメーショ......続きを読む»

牙のない獣は餌でしかない

森下監督解任後の最初の試合。 どういった試合を見せてくれるかと恐ろしさ9割、楽しみ1厘、もやもや感少しで観に行きました。 結果は2-2の引き分け。 好調FC東京相手に引き分けなら…という気持ちもありますが、今日に関しては完全に勝てた試合。 問題点は色々とありますが、その中でも最大の問題点が、後半の最後の方、1点を守り切る段階でのところ。 1失点前からこの問題はじわじわと......続きを読む»

心が折れても、貴方は信じられますか?

ジュビロ磐田泥沼ですね。 7節終わって勝ち点2。 赤信号が点灯してます。 内容はいいが…なんて言ってられる場合じゃない。 こんな状況ですが、管理人としては、森下監督続投を支持し続けます。 これは例え、J2に落ちようとも変えるつもりはありません。 …今のところ(笑) 勝ち負けも大事なんだけど、今このクラブに感じている危機感はサポーターの数が少ないこと。 テレビや新聞、雑誌......続きを読む»

ACLで勝てない

ACLで勝てないですね。 ベガルタ仙台の試合を見ていて、勝てない理由が目に付きます。 ちなみにこれは、一昨年、去年、今年とどのクラブにも言えることだと思います。 ①パススピードが遅い 最終ラインにおいて特に。 遅いから相手に寄られる、パスコースがどんどん狭くなる、カットされたり相手のプレスにミスを誘われる。 サイドに追い込まれて手詰まりにしているのは、だいたい最終ラインのパススピ......続きを読む»

カンペキ‼

FC東京のポポビッチ監督が負け試合で審判に対して言った言葉が、審判が素晴らしかった。 そして去り際に日本語で一言 『カンペキ‼』 やべぇ、ポポビッチ監督かっこいい。 そしてこう言わせた審判団もまたかっこいい。 みんな粋ですな。 ...続きを読む»

ブラジルの幻影

後半開始直後の日本代表の左サイドでの守備。 長友選手の裏を付かれ、今野選手が相手FWに対応して何事もないシーン。 この時、今野選手の近くには敵も味方もいなかった。 ブラジル戦は覚えているでしょうか? チャンスで多くの人数が恐ろしい勢いで押し寄せてきた場面を。 私はラトビア戦のこのシーンで、もし相手がブラジルだったら…と一瞬思ってしまいました。 相手選手が近くに走り込んでくる…......続きを読む»

1 3 4 5 6 7 8 9 10

このブログの記事ランキング

  1. 清武は香川になりたいのか?本田は何になりたいのか?
  2. あっ、トップ下なんだ…
  3. Jリーグで見て欲しいもの〜選手編〜
  4. 東アジアカップ後のJリーグと海外サッカー
  5. ジョルジーニョ監督と松浦拓弥
  6. 日本人とショートパス
  7. バルセロナと川崎フロンターレの違い
  8. 組織か個人か~ハリルホジッチ監督が言った、Jリーグは下がりながら守備をするについて~
  9. 常識と風間八宏とJリーグ
  10. 勝利しても楽観できる要素はほとんど無い

このブログを検索

月別アーカイブ

2016
11
09
08
07
2015
09
08
2014
11
08
06
05
2013
08
07
06
05
04
02
01
2012
09
08
07
05
04
03
02
01
2011
09
08
06
05
04
03
02
01
2010
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss