球球球記

弛緩と緊張の按配

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ラジオ体操はウォーミングアップとして実に良く出来たもので
あるそうです。 スポーツ前に誰もが行なうであろう準備運動。
理想は肩甲骨周辺をゆっくりと大きく動かすことと股関節周辺を
やはりゆっくりと大きく動かすこと。目的は体を温めることですからね。

 ところが個人的に勘違いしていた時期がありまして、運動前後には
ストレッチ(性的・・もとい静的ストレッチ)をするものだと思い込んで
いたのです。

 運動後は良いですよね。クールダウンなのですから。ところがまだ
体が温まっていないうちに静的ストレッチを行なってしまうと、体を
痛めてしまう危険があるそうです。基本的にストレッチの目的は、その名の通り「伸ばすこと」にあります。 体を温める効果は少しはあるでしょうが、それよりも無理に伸ばすことによる危険性の方が遥かに大きい。

 体を温めるためには大きな筋肉を動かすこと。 筋肉は「縮んで伸びて」なんぼです。伸ばすだけでは駄目なのですね。縮こまりすぎていたら伸ばしてやる。 筋力トレーニング後などには無理のないストレッチが必需品でしょう。



 縮こまってばかりいる場合、伸ばす必要があります。それは筋肉も精神も同様なのだと思います。 寒さで体はこわばり、余震を感じればまたこわばります。

 そんな時には少しでいいから体も心もほぐしたいですね。難しい状況ではありますが。

 体のほぐし方は個人差があるとはいってもそれほど大差はないでしょう。

 ところが、緊張感のほぐし方には相当な個人差があると考えます。

 日頃スポーツナビ+をご覧の方々にとって(当然私も含まれます)、「スポーツ」は生き甲斐であり、かつ娯楽(息抜き)でもあるはず。

 過度の緊張感を長期に渡って強いられるこんな状況だからこそ、心のストレッチがたまには必要だと思うのです。

 ジョークの要諦は面白いか面白くないかにあるのではなく、いついかなる時でもジョークを飛ばす姿勢にあると誰かが言っておりました。自己弁護込みで。

 筋肉も精神も緊張しっぱなしでは長持ち出来ません。

 スポーツでも冗談でも良いですが、適度にほぐす時間を持てればよいですね。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
トレーニング
タグ:
マイケル・ジョーダン
デーブ・スペクター
レディー・ガガ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

返:4(ヨン)様 

 こんばんは。 まあ空回りぎみではありますが^^;、元気にはしています。

 ええ、仰りたいことは良くわかります。別の言い方をすると罪悪感になるのかな? あの信じがたい光景、惨状ですからね。同じような思いは私も持っています。

 4さんのエントリー拝見しました。 あれを是非避難所で過ごさざるをえないJリーグファンにも読んで欲しいですね。 ネット環境があればの話ですけど。

 今回のような想像を絶するような事態でも、平時においても各自の置かれた環境は本当に千差万別ですよね。 自業自得な場合もありますけど、基本的には世の中って不公平ですから。

 それぞれの置かれた状況が異なり、各人の資質もそれぞれ違う以上、舌鋒鋭く他人の言動を非難しまくってる人達ってどうかと感じています。 

 そういったごく一部の心無い声の大きな人達の影響で、必要以上に萎縮してしまうのは非常にまずいですよ。

 上手く言えないですけどこんな時だからこそ「寛容」でありたいですね。 

 普段は比較的「顔が怖い」とか「不機嫌そう」とか言われがちなので、つとめて不気味な笑顔を振りまくようにしています。

 全く関係ないですけど、デーブ・スペクターのツイッターはくだらなすぎて最高ですよ。 時間があったら覗いてみて下さい。時間の無駄だったと思うでしょうから^^;。 

弛緩と緊張の按配

どうもです。

時節柄、不謹慎っぽいので「~」は省略です。

前のエントリーで少なからず被災されたと読みましたが、お元気そうですね。

なんというか、被災していない人間って、被災されている方に対してコンプレックスみたいのものがありまして(語弊のある表現ですが、Qさんなら斟酌してくれるだろうと、そのまま言いました)、なかなか言い出しづらいのですが、いずれ、全ての人々が新たな一歩を踏み出さなきゃいけない日が来ますから、そのときのためにはも、ストレッチは大切ですよね。

返:通行人様

 こんばんは。 どうもです。

 静的ストレッチは運動後に、そして性的ストレッチは運動の前にということですね^^;。 

 いつも以上に下ネタも冴えませんが、本文に書いたことは偽らざる本心ですね。 

 早く緊張感をやり甲斐と思える状況が訪れることを願いましょう。

弛緩と緊張の按配

通常、緊張感は良いものです。ゴルフのティーグランド、野球の打席、新規開拓外回り営業、会議の司会・講演等、スポーツでも仕事でも緊張を伴うものはやり甲斐のある証拠です。緊張をほぐそうとか、場慣れしようとか、逃れようとするのではなく、ガタガタ震えてくると「しめた!チャンスや、やってやる!」と自然に感じれば、大概うまくいくように思います。
しかし、命に関わる極度の緊張状態やそれが断続的に続くような度が過ぎる状態は、仮に乗り越えても、心の病が生じるでしょう。「しめた!」なんて言ってはいられません。
嵐が過ぎて、心の病、空虚、倦怠に襲われた時、それでも日々、歩んで生きて行くのであれば、時にスポーツをし、スポーツを観戦し、冗談を言って笑いや感動を供に歩むのも良いと思いますよ。


>ストレッチ(性的・・もとい静的ストレッチ)をするものだと

変わってないなあ~(汗)安心しましたぞ!
ほな、さいならー(笑笑)

こんな記事も読みたい

3/17-19日【札幌アルペン】

宮沢湖トレイル駅伝実施について【トレイルランナー/スカイランナー 宮地藤雄】

計画停電による営業自粛のお知らせ【味の素スタジアム・ランナーズクラブ【楽走ブログ】】

不屈の仙台【狗鷲通信】

◆東日本震災に関する情報提供のお願い【走れ!!ソニー仙台FC】

頑張ろう!東北、頑張ろう!イーグルス【鷲の巣日記】

プロフェッショナル〜彼らの流儀〜【スポーツ大好き聖人−燃え上がれ東北魂−】

ブログを休止します【GO!GO!GO!イーグルス!】

ブロガープロフィール

profile-iconitorbi

元近鉄バファローズファンです。
現在は楽天イーグルスと鹿島
アントラーズ、FCバルセロナ
を贔屓にしています。
王、猪木、野茂、ジョーダン、
ケンプ、ロマーリオ、本山、
ロッベン、田中将大などが
お気に入り選手。
最近はスポーツとあまり関係ない
こともさりげなく織り交ぜたり
しています。




  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1633139

(09月27日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. スプリットと縦のスライダー(マー君の)
  2. ‘早熟の天才’にのびしろはあるのか?
  3. アッパースイングの是非
  4. 甲子園で輝く男
  5. ダンクの王様~ショーン・ケンプ1
  6. 統一球の断面図を見て、別のことを考えてみる
  7. シュートを投げても肘は痛めない
  8. 外野守備こそ才能がものをいう
  9. シャキール・オニール引退
  10. 2人のシャビ

月別アーカイブ

2011
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年09月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss