バレーボール日和

監督、コーチ、アナリストの役割とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さま、こんにちは。

先週末の東京大会では7位と8位のFC東京、大分三好が
ともに3勝目を挙げるという試合を見ることができました。

どちらのチームも「こういうバレーをすれば勝てる」という
勢いのある姿が見られましたが、それを何試合も続けることができるか否かが
今、下位にいる2チームと上位チームとの差のように思えます。
両チームの来週以降の戦いにも注目したいと思います。

2日間で印象に残ったのは堺のセッター、今村選手です。
これまでも内定選手らしからぬ安定したプレーを見せていましたが
日曜日の試合途中、西尾選手に代わりオポジットのポジションに
本来はレフトである木内選手が入った場面がありました。
木内選手はオポジットでも練習をしているのかな、
どうするのかなと思って見ていると
何本かライトから攻撃をしたあと、木内選手がライトから、
中央に素早く走り込んで時間差を決めました。
ああ、そうかこの手があったか、そうだよなと目が覚めました。
木内選手には機動力という武器があったことを思い出させてくれたプレーでした。

あとで今村選手に「自分のアイデアですか」と尋ねると
「木内さんからもかき回して行こうと声をかけられたので」と。

今村選手の冷静な視点、そして代わって出た選手がそれぞれ
「自分の持ち味を生かそう」としている気持ち、
あれだけ故障者が多い中でも
チームが好調である理由を現すプレーだったように感じます。

さて、前回の記事にもさまざまなご意見をありがとうございました。

いただいたコメントにあったように、近代バレーは情報戦も戦いの一部です。
試合が始まる前の準備が極めて大切な競技であることは確かです。
アナリストの存在がクローズアップされる機会も増えました。

現時点で、日本のVリーグおよび代表チームに関わるアナリストは
大きくわけて以下のような仕事をしていると考えられます。

①まずは試合経過のオペレーション。
これは試合を見ながらパソコンに結果を打ち込み、同時に
ビデオ撮影もする作業のことを言います。
②次に、そのオペレーションの結果を数値化すること。
よく聞く「効果率」とか「レセプションのAカット率」などは
こうして結果を数値化することで出てくる数字です。
対戦相手の分、そして、同時に自分たちのチームのデータも必要になります。
③その数値化したデータ結果を検証し、
次の戦いに必要な資料を選ぶ作業。
④最後に、そうやって膨大な量の資料の中から選ばれたデータをもとに
次の試合ではいかに戦うかと選手に戦術を伝授する作業です。

ちなみに、ここまでの工程はリーグ中、
試合を戦う際に必要な準備作業だと思ってください。

アナリストのキャリアやスキルによってデータ算出のスピードに違いはありますが
近年ではおそらくどのチームも同じ分析ソフトを使用していると思われますので
出てくる資料の種類には大きな差はないと思います。

ここで重要なのが③と④です。
各ローテーションごとの、それぞれのポジションからのスパイク決定率や
配球率、そしてレセプションがAカットだった場合、
Aよりやや劣るAダッシュだった場合、Bカットだった場合等、
すべての状況でのセッターの配球など、出てくる資料は膨大な量になります。
その中からどれが自分たちのチームに必要なのかを見極め
試合前には選手が混乱しないよう、要点をまとめて指示を出し
試合中はその展開によって、わかりやすく、簡潔に
選手に対してアドバイスができるかどうかが大切です。

とにかく「わかりやすく」「簡潔」であることがポイントです。

この作業の中で、どこまでを監督がやるべきなのか。
どこまでがコーチの仕事なのか。
どこまでをアナリストの仕事とみなすのかは各監督&チームによって違います。
④までをアナリストが担うチームもあれば、
アナリストはあくまでオペレーションのみで
その他を監督とコーチが受け持つチームもあります。
後者のほうが多いかもしれません。
そして、各役割の分担配分というのは、線引がとても難しいとわたしは思います。
いずれにせよ、それそれのチームの方針ですので、
「これが正解だ」と決めることはできません。

昨年度の全日本男子の場合は、そのほとんどを監督が担っていましたので
負担が大きいという見方もできるでしょう。
もう少し、手放して、専門家に任せてもいい気がしますが
ただし、その専門家であるアナリストがどんなに資料を用意しようと、
コーチがどんなアドバイスをしようと
それに耳を傾けるか、傾けないかは監督次第です。

2008年北京五輪での全日本に、そういったスタッフ間の意思の疎通が
あったようには、わたしには見受けられませんでした。

確かな戦術があるときの選手の戦い方には、自信というか
安心感のようなものを感じることができます。
五輪直前の最終予選での全日本チームには
試合中も、試合後のコメントひとつにも
そういった「落ち着き」が見られました。

五輪本戦という大舞台だったから浮足立ったのも事実でしょうが
「こうすれば勝てる」という自信があれば、たとえ初めての五輪出場でも
その緊張感を少しは緩和できたのではないかと感じます。

さて、Vプレミアリーグも佳境に入ってきます。
とても楽しみです。
皆さまもお風邪など召しませんように、試合観戦を楽しんでください。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
戦略、戦術、コーチング
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

監督、コーチ、アナリストの役割とは

今村選手は、テレビ中継で見て「いい!」と思っていましたが、東京大会で実際に見てもっとよかったです。「間合い」の取り方がいいというんでしょうか、アタッカーが打ち方をいくつかの選択肢から選べるようなトスという印象です。木内選手へのトスには思わずニヤリとしてしまいました。長くバレーを観ていると「ああやっぱりココに上げたか」ということがどうしても多いのですが、久しぶりに新鮮なキモチになりました。

usakoさん、監督になった方々は、皆さんオリンピックにも出場していますし、「世界」を十二分に体感されていることを忘れていないでしょうか。国内では高さとパワーでは通じたけれど、国際大会ではそれは難しいということは当然承知でしょう。ちなみに中垣内さんの入る直前の新日鉄は、田中さんが中へ切り込んで時間差攻撃というのをはじめ機動力もいくつか使っていたように記憶しています。

Re:監督、コーチ、アナリストの役割とは

市川さん、丁寧に解説してくださってありがとうございます。
実はもうひとつ気になっていることがあります。それは全日本の監督人事です。男子も女子も最近は旧新日鐵出身ばかりです。(植田、眞鍋両監督はもちろん、柳本、田中の前監督もです)
人事の派閥化を心配するというより、新日鐵のカラーが戦術などに影響することを心配しています。
新日鐵といえば、いつの時代も大商大附属出身の大型選手を中心に、田中幹・中垣内両選手のような大砲も有し、高さとパワーで押すチームカラーです。ひと昔前に、中型・機動力で勝ち抜いていた富士フィルムとは正反対です。
今、体格で劣る日本に求められる機動力を体感したことがない監督であることに、戦術的に一抹の不安を感じてしまうのです。
リーグの話題から離れてしまって申し訳ありません。

監督、コーチ、アナリストの役割とは

市川さん、こんばんわ。

元楽天監督の野村さんが南海の監督時代のころ、ヘッドコーチだったブレイザー氏がピンチヒッターの人選や投手交代で迷っているとき、役に立つ忠告をされたとのこと。
ただし、次の一言を加えて。
「私は彼のほうがいいと思うが、決めるのはボス、あなただ」

やはり、バレーにもヘッドコーチが・・・
また、しつこいと言われそうですね。

2/20日(土)は北九州市で堺VS東レ戦観戦予定です。
いい試合になりますように。

監督、コーチ、アナリストの役割とは

ブーイング・・・

サッカー東アジア選手権男子大会が終了しましたね、岡田ジャパンはふがいない結果に終わり、サポーターのブーイングが鳴り響き渡りました。でもこれって、裏を返せばサポーターもそれだけ必死になって応援しているということだと思う。

バレーボールはどうだろう・・・

北京オリンピック世界最終予選男子大会、イタリア戦、日本がまさかの大逆転負けした時、ファンはブーイングしただろうか?09グラチャン女子大会、日本が格下ドミニカに敗戦した時ファンはブーイングしただろうか?

日本のファンの礼儀正しさはいいんだろうけど・・・

ファンがブーイングするぐらいの熱い球技になってほしいですね、バレーボールも。

こんな記事も読みたい

Vリーグ女子1部│個人成績・スコア│2010-02-14【排球博客】

2009/10プレミア女子佐賀大会二日目【Road to ... somewhere】

中学生女子クラブチーム「枚方ヤング」の練習日【枚方バレーボールアカデミーの日記】

ブロガープロフィール

profile-iconishino36

市川 忍/Shinobu Ichikawa
<フリーランスライター>

男子バレーボール、プロ野球を中心に活動中。
●業務実績●Number(文芸春秋)、Sportiva(集英社)、
SMR(データスタジアム)、
Vリーグ公式パンフレット記事、
ワールドカップ2007公式パンフレット記事他
●著書●「復活~全日本男子バレーボールチームの挑戦」(角川書店)
  • 昨日のページビュー:5
  • 累計のページビュー:999592

(11月05日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 監督、コーチ、アナリストの役割とは
  2. 会場の座席について
  3. 男子バレー雑感 《効果率》
  4. 1勝17敗・大分三好の存在意義
  5. はじめまして、市川忍です。
  6. スポーツは必要か
  7. ちょっとした「こだわり」
  8. 大学バレーの魅力
  9. 全日本登録選手について思うこと
  10. 北京五輪・男子バレー3試合を振り返って

月別アーカイブ

2010
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月05日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss