バレーボール日和

グラチャン2009ポーランド戦【雑感】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ポーランド相手にフルセットで勝利しましたね。

今日の功労者は阿部裕太選手ではないでしょうか。
宇佐美選手は「勝負所でトスが荒れる」という彼の弱点が出てしまい、
惜しくも交代しましたが…。結果的には
序盤にクイックを意識させていた宇佐美選手→
それを踏まえてサイドの速い攻撃とパイプを多用した阿部選手
と、2人のセッターが力を合わせて、
うまく相手ブロックを翻弄することができたと思います。

相手ブロックの動きの悪さにも助けられましたが
終盤は1枚ブロックでアタッカーが打つ場面も多く
そういったところでミスなく、確実に得点を重ねられたのが勝因でしょう。

今回のポーランドはヨーロッパチャンピオンとして出場していますが
わたしとしては、数年前にWLで対戦したときのチームのほうが
攻撃が速く、どこからでも、どんなトスからでも
あっという間にスパイクを決められていて、嫌な印象が残っています。

そういえば8年前のグラチャンが阿部選手の全日本デビューでした。
(当時はまだ大学生でした)
8年前は野球のキャンプ取材を終え、執筆による徹夜明けで
ふらふらしながら名古屋の会場へ行きました。
初戦のセルビアに敗れたあと、阿部選手がわたしに言った言葉が
今でも忘れられません。
「せっかく来てもらったのに、負けてしまってすみませんでした」

その日の阿部選手は、敗れはしたものの、
強豪を相手にしても、素晴らしいトス回しをしていて
彼が謝る必要などまったくないのになぁと感じた覚えがあります。

選手に、敗れたことを謝られたのは、
あとにも先にもあのときだけです。
だから印象に残っているのかもしれません。
プレーも、コート外での振る舞いも初々しい、代表デビュー戦でした。

数年後には、「八子選手はあのとき、サーブをネットにかけたんだよね」とか
「でも、なんだか楽しそうだったよね」などと思い出すのかもしれませんね。

さて、明日はエジプト戦です。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
試合の感想
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

グラチャン2009ポーランド戦【雑感】

男子バレー 久々に盛り上がりました。
今までのパターンだと絶対に負けていたと思うのですが
今のチームは技術はもちろん精神的にも強くなったみたい。エジプト戦もとっても楽しみでーす。
 
 風邪のため声が出ないので心のなかで応援しています。

グラチャン2009ポーランド戦【雑感】

初戦勝利うれしかったです!!!
第3セットは、前回記事で市川さんが心配されていたような展開になってしまうのかとヒヤヒヤしましたが、みごと次のセットを勝ち、勝利につなげることができました。
阿部選手のツーアタックに「魂」見ました。
石島選手が元気だと、こちらまでパワーもらえそうです。
どの試合も厳しい戦いになると思いますが今日も応援します!!



グラチャン2009ポーランド戦【雑感】

魅せるゲームでした。
途中、立て直して勝利したところも興奮しました。
全員がキッチリいい仕事をしてました。

勝てて本当に良かったです。

グラチャン2009ポーランド戦【雑感】

何だか書き込みしちゃいました。
グラチャン男子開幕ですね・・・
ついついテレビ観戦にて見入っちゃいってぇ、ポーランドに勝つなんてぇ思わなかったんです!(それでも1年振り)
たしかにこの試合の功労者は阿部選手ですね。
宇佐美選手の試合での悪いクセを監督は見抜いて阿部選手への交代するタイミングが良かったのかも・・・
もしこのまま宇佐美選手でだったら負けていたかも?
他にも攻撃やブロックサーブにて石島(ゴッツ)・清水(ゴリ)・福澤(ユキチ)・松本(まつやん)・富松(トミー)選手の動きが良くポーランド戦に勝利できたのかもしれない・・・
特に清水がサーブにブロックにスパイクにめっちゃ活躍でした。
でもまだグラチャン2009の初戦。今日も試合・・・しかも因縁のエジプト・・・そして名古屋での三連戦(イラン・キューバ・ブラジル)がある。
もし今回三連勝なんかしたら男子では32年ぶりのメダルが獲得できるかも・・・こりゃぁ大変だぞぉ!

こんな記事も読みたい

グラチャンバレー男子大会 日本-ポーランド 2009-11-18【排球博客】

テレビ局に管理された応援【升次のスポーツ日記】

グラチャンバレー男子大会 第1日結果 2009-11-18【排球博客】

ブロガープロフィール

profile-iconishino36

市川 忍/Shinobu Ichikawa
<フリーランスライター>

男子バレーボール、プロ野球を中心に活動中。
●業務実績●Number(文芸春秋)、Sportiva(集英社)、
SMR(データスタジアム)、
Vリーグ公式パンフレット記事、
ワールドカップ2007公式パンフレット記事他
●著書●「復活~全日本男子バレーボールチームの挑戦」(角川書店)
  • 昨日のページビュー:2
  • 累計のページビュー:997395

(09月29日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 監督、コーチ、アナリストの役割とは
  2. 会場の座席について
  3. 男子バレー雑感 《効果率》
  4. 1勝17敗・大分三好の存在意義
  5. はじめまして、市川忍です。
  6. スポーツは必要か
  7. ちょっとした「こだわり」
  8. 大学バレーの魅力
  9. 全日本登録選手について思うこと
  10. 北京五輪・男子バレー3試合を振り返って

月別アーカイブ

2010
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年09月29日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss