継続は力

2017/3/2 ACL_GL#2ガンバ大阪vs済州「不入りに拍車をかける惨状」

このエントリーをはてなブックマークに追加

J1開幕戦から中2日とはいえ、ホームで連戦できるというアドバンテージ。しかも相手の済州は甲府と同じく5バック。 ただ、鋭いカウンターで昨年はKリーグで70得点らしい。それに恐れをなしたか、ミラーを意識したか、ガンバも5バックの布陣。3バックであればオジェソクでなくても良いし、なんだろうなあ・・・。 慣れないシステムにオロオロしながら、ピッチで修正できるだけの習得はしておらず、ボールを前につなぐどころか、とにかくやられっぱなしのあげく、凡ミスで与えたFKを遠藤の頭で流し込むオウンゴール。そして、ゆっくりキープして前半終われば良いのに、それもできず突っかけていって失ってカウンターからあっという間の2失点。

甲府戦で足首を負傷した井手口を下げるも、後半も5バックはおろか3センターも変えず、これはこの試合捨ててでもOJTでものにする気だな、と悟る。それでも長沢の頑張りで少し相手陣内でプレーできるようになったかな、のところから、早いカウンターをくらい、CK献上してショートからの失点、最後は東口がぽっかり空けたゴールにロングシュートを決められて失点。練習試合のように習熟重視のつもりかもしれないけど、試合で気持ちが切れた状態では、どれだけプレー時間積んでも経験にはならない。ミスをして以降糸の切れた凧のようにさまよっていた藤春と、利敵し続ける遠藤を下げてから、やっとまともになったけども、そこで初めて済州の守備はかなり堅くてそこからのカウンターのメニューが豊富だったんだね、ということを学習しました。拮抗した展開なら絶対もらえないPKを記念にもらって試合終了。ホームで1-4敗戦。

なによりも心配なのは8,211人しか入らなかったお客さん。J1開幕戦の21,284人も衝撃だけども、やはり明るい話題が少ないことは致命的。サッカーでも行ってみようかねのパイは小さいし、それが近隣に持って行かれることも考える必要がある。昨年のACLホーム初戦は14,000人以上入っているので実にその58%しか集客できていない。 新スタバブルはそのうち弾けるだろうとは思っていたけど、ちょっと早いし大きいですね。基本的にはこのくらいの減り方を想定して運営していかないといけないというのも辛い。ホーム3試合開催で、現在平均入場者数は12,548人。これも昨季の54%しか入っていない。この2試合のようなサッカーをしていては、さらに人は減るのではないでしょうか。

2017ここまでの入場者数と昨年との比較

東口:謎のボールロストを乗り切ったと思ったら、直後にゴールマウスをぽっかり空けて失点。特に有効なフィードができてたわけでもないのに、失点が増えて感情的になる悪癖。途中までは良いプレーもあったのだが、いろいろ切れてよいポジションではない。もう少し オジェソク:5バック念頭のポジショニングは単に窮屈になっただけで、ポジションを限定された分だけ余計に前のスペースを使われる羽目になった。苦労しながらも右サイドは精一杯食い止めた印象。できました 三浦:ファビオとのコンビもまだ発展途上だというのに、アジア相手に急造3バックまでやらされては、良さは出せない。ボールに引っ張られる悪癖は少なかったし、局面では奮闘したが、間を通されるのはおろか、股下まで狙われて少々メンタルに来たかも。糧にしてください。フィードを送る相手もいなかった。もう少し :どうやってチャンスをつかむかと思ったら、ストッパーで出場機会。へこたれなさは最後まで感じたけど、できたら波及させて欲しいな、と。できました ファビオ:起点を作られ続けた。ボールがらみでの凡ミスはないけど、ボールは跳ね返せても劣勢の方はいかんともしがたい。いつもよりも近い藤春との距離感に戸惑いも。もう少し 藤春:余計なファウルを失点につなげたあたりから、活力を失った。早々に交代もやむなし。あの布陣では思い切って前に運んでもいいことはないし、どうするつもりだったのか監督に問うべき。もう少し 井手口:J開幕戦で痛めた足の状態の悪さは、すぐに伝わってきた。正しく自分の状況を伝えられないようでは、信頼は得られない。プロはチームのための準備が重要。もう少し 遠藤:「いまいちだなー」というのはあっても、ここまであからさまなミスを連発するのは珍しい。動けなくても相手を引きつけられるなんて、絶好のギャップなのに。4失点目につながったロストが象徴的だったけど、なんでそこまでプレーさせたのかといえば、そもそも井手口の起用の犠牲か。中2日はさすがに酷で、4連戦どうやって乗り切るつもりなんだろうか。もう少し 今野:おそらくベンチからの狙いの指示はあって、でも実際はまったく違ったのでしょう。狭いエリアで渋滞して機能不全となった守備ラインから、動かない遠藤井手口のお守り、走れない倉田の分まで前線へのリンク、とマルチタスクをこなした。よくできました 倉田:甲府戦は劣勢でもお休みをもらって、ここが重要な役割だったわけだけど、トップとしてはもちろん、リンクマンとしての仕事もできず、ただ寄せられて失うの繰り返し「フィジカルに問題があったのではないかというレベル」と試合後に嘲笑われたのは主に倉田のことだよ。後半開始からは井手口に代わってインサイドハーフに。泉澤が入ってきてやっと形が作れたけど、パッシブな10番では困る。もう少し アデミウソン:遠藤も倉田も活きていない状況では、ドリブルにも対応は容易。チャレンジは最後までしてくれたし、PKはせめてもの意地。ゼロよりはずっといい。できました 長沢:後半アタマから故障気味の井手口に代わって入ったけど、こちらも状態は万全ではない。どうにもならない状況から、ボールの収まりどころは増えたので、ちょっとは期待できた。追い込みかけるほどの展開ではなかったので、守備意識は活かせず。できました 初瀬:元気のなくなった藤春に代わって、インサイドハーフの外のレーンにチャレンジ。なかなか自由にはさせてくれなかったけど遠目からクロスとか、周りで回すような展開でもなかったので、元気がよかった。遠藤が泉澤に代わって一気に支配力が増したけど、時すでに遅し。よくできました 泉澤:少ない時間ながら、ピッチに調律をもたらした。まともな指揮官ならば、システムではなく選手を回りに馴化させるプレータイムを確保してくれると思いたいですが・・・。よくできました

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
サッカー
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

レッズが優勝するためにやるべきこと【サッカーバカのブログ】

『グランパス』 VS岐阜戦 覚悟が必要!【赤の血潮と、青の魂】

2017:J2:2節プレビュー:H:vsロアッソ熊本「ホーム開幕戦で初勝利を!!」【蹴鞠談議2】

2017/2/26 J1#1 ガンバ大阪vs甲府「窒息寸前で水面へ」【継続は力】

ガンバ大阪2017シーズン展望(1)【継続は力】

前年度的中率72.2%!2017J1リーグ順位予想~ガンバ大阪編 ~【キキアシワアタマ】

ガンバ対JDT【にわかフロンターレファンの試合分析】

ガンバ大阪とACLプレイオフで対戦するジョホール・ダルル・タクジムについて調べてみた【SPORTS MEMO】

ブロガープロフィール

profile-iconironmouse

色々なスポーツを見ます。野球・サッカー・ラグビー・格闘技・競馬。
自分でするのは陸上競技(長距離)のみ。
好きなプレースタイルと、好きなチーム・プレイヤーが一致するとは限らないが、チームを愛する気持ちは変わらない。

観戦は、スタジアム、テレビ、ラジオ。
なかなかスタジアムに行けない分、テレビは、地上波、スカパー!、BS、地上波デジタル、と何とか環境を確保している。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:407471

(11月06日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ガンバ大阪:金森社長の退任に寄せて
  2. 2012/6/16 J#14 ガンバ大阪vs浦和「チーム状態の差をわざわざ見せつける采配で敗戦」
  3. 2012/6/30 J#16 ガンバ大阪vs柏「シーズンをひっくり返すほどの大逆転!の可能性を自ら断ち切ったベンチ」
  4. ガンバ大阪2014シーズン予想 (1)選手構成編
  5. ガンバ大阪の2013シーズンを占う
  6. J1勝ち点ジェネレータ
  7. 2012/7/7 J#17 ガンバ大阪vsFC東京「鬼門で我慢できずに投げやりな采配では負けますよね」
  8. ガンバ大阪2017シーズン展望(1)
  9. 2013/4/14 J2#8 ガンバ大阪vs山形「なんでポゼッションしてこないんだよ、がたまにハマります」
  10. 2013/3/31 J2#6 ガンバ大阪vs札幌「非実在完封・・・」

月別アーカイブ

2017
08
04
03
02
2016
02
01
2015
05
04
03
2014
10
03
02
01
2013
12
11
10
09
05
03
02
01
2012
12
10
09
08
06
05
04
03
2011
09
03
2010
03
2009
11
06
05
04
03
2008
11
10
08
04
03
2007
11
10
09
08
07
05
04
03
01
2006
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月06日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss