プロ野球 データスタジアム

月別アーカイブ :2011年10月

和田新体制のカギを握る若虎

 2年ぶりのBクラス転落という屈辱を味わった阪神。ここ数年は補強に次ぐ補強で戦力を充実させてきたが、来季は和田新監督のもと脱金満体制で戦う事を早くも明言した。そんな中、来季阪神のカギを握ると思われるのが森田一成だ。7月26日の中日戦で、阪神史上初となる初打席初本塁打を放った、チーム待望の生え抜き選手である。   阪神の生え抜き野手といえば関本賢太郎(1996年ドラフト2位)が挙げられる......続きを読む»

「男・村田」はどこへ行く

 昨年に引き続き今年も球団売却問題で世間を騒がしている横浜。そんな球団の問題とともに、主将である村田修一の去就も注目を集めている。今季途中に獲得したFA権を行使し、他球団への移籍を前提に考えているというのだ。  村田を必要とするチームはどこなのか。やはり、村田の持ち味である長打力が乏しいチームは、手を挙げてくるに違いない。また近年、長打力のある三塁手が少なくなってきているだけに、自ずと市場価値......続きを読む»

迎える者と挑む者

 ペナントレースもいよいよ佳境を迎えた2011年のプロ野球。セ・リーグは首位と最大10ゲームも離されていた中日が、2連覇に向けて秒読み段階に突入した。このままいけば、中日はクライマックスシリーズをホームで開催する権利を得ることになる。  中日の強さの秘密は、まさしく本拠地・ナゴヤドームでの戦いにある。昨年の数字とまではいかないが、今年も6割を超える高い勝率を残しているのだ。特に投手......続きを読む»

エキサイティング・リーグ “パ!”

セ・パともに“クライマックス”が近づいてきた。 先週のブログで「ヤクルトにもまだ逆転優勝の目がある」とファンに期待をもたせる記事をアップしてしまったが、セ・リーグの天王山は“筋書き通り”中日が4連勝して、優勝は時間の問題となった。 “筋書き通り”は語弊があるが、1・2位の直接対決がすべて「中日ホーム」だったのは、仕組んだことではないが、まるでクライマックス・シリーズ(CS)のようだった。......続きを読む»

クライマックスの皮算用

"セ・リーグの優勝争いが混沌としてきた。5月31日以来、首位を突っ走っていたヤクルトが、最大10ゲームも引き離していた中日に、ついに追い抜かれてしまったのだ。 残る両者の直接対決を含めて、ラスト試合(中日=13、ヤクルト=12)の勝敗の行方から目が離せなくなっている。 最終的に勝率で首位が並んだ場合、セ・リーグでは「勝利数が多いチーム を上位とする」ため、この規定が初めて適用さ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconinput

データスタジアム(株)
野球、サッカー、ラグビーを中心としたプロスポーツの詳細データを記録・分析し、あらゆるメディアやプロチーム向けに情報提供しているスポーツ・コンテンツ・プロバイダー。
海外の企業との業務提携により、国内スポーツに加えて米4大メジャースポーツや欧州サッカーなどの人気コンテンツも提供する。
  • 昨日のページビュー:24
  • 累計のページビュー:4099983

(10月13日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【速報】合同トライアウトまとめ
  2. 【2014センバツ】出場有力校予想(近畿、中国・四国)
  3. 【2013年第1回トライアウト結果】
  4. 【2014センバツ】出場有力校予想(北信越、東海、九州)
  5. 【2014センバツ】出場有力校予想(関東)
  6. 【甲子園出場校まとめ】夏の決勝進出ジンクスは崩れるか!?
  7. 合同トライアウト その後
  8. 【ダルビッシュレビュー】“45キロの球速差”でライバルを翻弄!
  9. 【2014センバツ】出場有力校予想(北海道、東北)
  10. 【トライアウト合格者:松本幸大】ヒートマップ

月別アーカイブ

2014
07
06
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年10月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss