プロ野球 データスタジアム

月別アーカイブ :2009年06月

キングの挑戦

※掲載データは2009年6月20日現在  長い長いベースボールの歴史の中で、ハンク・アーロンよりもベーブ・ルースが「本塁打の象徴」として語り継がれてきたのは、おそらく彼が時代を支配したからだろう。ともに通算700を超える本塁打を放ちながら、アーロンが4度しか本塁打王になれなかったのに対し、ルースは実に12度もの栄誉を手にした。長年タイトルを守り続けることは、その存在が人々の記憶に刻まれる最もシ......続きを読む»

選手分析 ~西武 #18 涌井 秀章~

※文章、表中の数字は2009年6月17日現在  昨季は10勝11敗に終わり、自身の成績としては不本意だった涌井。しかしWBCを経て、2年連続の開幕投手としてスタートした今季は、ここまで7勝を挙げ順調に白星を積み重ねている。17勝を挙げ最多勝を獲得した07年をほうふつとさせる安定感だ。  最近3年で比較してみると、目を引くのが被打率の低さと奪三振率の大幅な向上だ。特に奪三振......続きを読む»

選手分析 ~中日 #42 ブランコ~

※文章、表中の数字は2009年6月15日現在  昨季は主に米マイナーの2Aでプレーし、決して前評判の高い選手ではなかった中日・ブランコ。しかし、ここまで18本塁打を放つなど、並み居る強打者を抑えて本塁打ランキング単独トップの好調ぶりだ。本塁打1本あたりに要する打数は12打数強と高い数字を残し、ナゴヤドーム天井直撃弾を放つなど、ずば抜けたパワーの持ち主である。その驚異的な長......続きを読む»

選手分析 ~巨人 #49 ゴンザレス~

※文章、表中の数字は全て2009年6月7日終了現在  助っ人外国人を多数抱えるチームの中で、意外な男が台頭を見せた。ヤクルトを退団し、今年から巨人にやって来たゴンザレスだ。5月初旬の一軍昇格後、6度の先発登板で防御率1点台、41回1/3イニング連続無四球と、チーム随一の安定感を発揮している。  好調の要因はいくつかある。まずは、先頭打者の出塁を許さない点だ。昨年3割......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconinput

データスタジアム(株)
野球、サッカー、ラグビーを中心としたプロスポーツの詳細データを記録・分析し、あらゆるメディアやプロチーム向けに情報提供しているスポーツ・コンテンツ・プロバイダー。
海外の企業との業務提携により、国内スポーツに加えて米4大メジャースポーツや欧州サッカーなどの人気コンテンツも提供する。
  • 昨日のページビュー:8
  • 累計のページビュー:4099522

(08月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【速報】合同トライアウトまとめ
  2. 【2014センバツ】出場有力校予想(近畿、中国・四国)
  3. 【2013年第1回トライアウト結果】
  4. 【2014センバツ】出場有力校予想(北信越、東海、九州)
  5. 【2014センバツ】出場有力校予想(関東)
  6. 【甲子園出場校まとめ】夏の決勝進出ジンクスは崩れるか!?
  7. 合同トライアウト その後
  8. 【ダルビッシュレビュー】“45キロの球速差”でライバルを翻弄!
  9. 【2014センバツ】出場有力校予想(北海道、東北)
  10. 【トライアウト合格者:松本幸大】ヒートマップ

月別アーカイブ

2014
07
06
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年08月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss