イビツ・オツムの独り言

PK献上

このエントリーをはてなブックマークに追加

 のっけからの冒頭、吉田の支え釣り込み足PK献上で思い出すのは、W杯ブラジル大会コロンビア戦の今野のPK献上である。PKについては、出会い頭の事故の様に感ずる傾向はあるかとも思うが、こうも繰り返し、多少なりともあった善戦への期待をぶち壊してしまうと、気持ちを持ち直すのが大変だ。吉田は柔道をやりたいのなら出場種目が違う。

 繰り返されるPKを見ると(と言っても二つ目ではあるが)何らかの傾向や法則を見いだせるかもしれない。少なくとも今回はそう言う印象を持った。

 ネイマールが、度重なるファールを受けるのはある意味やむを得ない。しかし、同時に、確かに「受け身」の様に派手に倒れるのは、無用な怪我を受けない方法でもあるのだろう。しかし、つくづく思うのは、ディフェンス側が少しでも触ったり、押したり、引っ張ったり、抱えこんだり、足がかかったりするのを、それを何倍にも増幅してもんどりを打って、自然に・派手に演出して倒れる「技量」というものが確かに有る。それは、一人ネイマールのみならず、相手方の選手ほとんどが持っており、例えば比較して、原口がシミュレーションでイエローカードを貰った場合などを思い起こすと、その「技量習熟度」の格差を思うのである。

 これはもう「戦術」のレベルだろう。特にチッチ監督が見せる、ブラジルの怒濤の攻めは迫力満点で、思わず視聴するテレビの前で手に汗を握ってしまったのであるが、こういう状況であればあるほど、PKを誘発しやすいのだ。二回目のPKを阻止した川島の反応は大したものだが井手口のアシストでマルセロにしてやられてしまったから、PKがらみと理解する。そうすると、まんまと戦術にはまったことになる。こういう積み重ねでやられてしまうのだ。

 それから、もう一つ印象が深いのが、こぼれ球の処理である。これがほとんどブラジルのマイボールになる。特に頭によるボールコントロールの精度が1.5倍くらい高いか。こういう基礎的な部分の差は大きいなあ。これはもう、体のボディバランス(肉の付き方)による挙動のなめらかさとでも言ったら良いか。日本選手の首の細さが気になるのである(昔のロナウジーニョとかカカのころはもっと太かった。顔の下に富士山の様に首の裾野が広がっていた)。

 フリーキックの時に、あえてオフサイドの位置に陣取るのは、バックラインを下げさせる意図があるのだと思うが、ボールが蹴られる時に確実にオンサイドになっていないと、これは回り回って選手の評価額にも関係するだろうし、思ったよりも影響は大きいと思う。多くのスカウトの前のまぼろしの杉本ゴールは大魚になりそこねた。

 前半レスペクトしすぎたと言うのは良くわからないが、後半のブラジルは2点差でもあるし、後半は抜いている感じはあった。格下の日本戦でも競争は熾烈だと言うが、どんなもんだろう。

 しかし、ハイチ戦などとくらべ、ファンとしての入れ込みはどうしても高くなる。負けるのは本当に悔しいけれど、ブラジル代表と本気で戦えて、点も入るくらいになったのだから、昔を知るファンとしては隔世の感がある。

 これらの失策は次のベルギー戦で、取り戻してほしい。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2017 日本対ブラジル (フランス リール)強化試合【かぼすシュートの蹴球アラカルト】

あなたはサポーター?それとも“ユーザー”?〜ブーイングとフロンターレ文化〜【Białe Orły Dyskusja Sport-白鷲スポーツ-】

日本代表あるいは日本サッカーのキーワードは3つの「奪う」。【FCKSA66】

ブロガープロフィール

profile-iconibitsu-otsumu

  • 昨日のページビュー:2
  • 累計のページビュー:266887

(11月11日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 錦織と香川
  2. 終わってみれば順当な(2013lコンフェデ杯)
  3. あの17歳のエラソーだった姿が戻るのは何時だろう
  4. みんなコロコロPK合戦
  5. 世界に近づく収支計算ーイタリアの手ほどき
  6. ヤヤ・トゥーレのキック
  7. FIFAランク
  8. なぜ「惨敗」と呼ばれる「失態」を繰り返し演じると書かれるのか
  9. スアレス対策はどうしようか
  10. 岩清水選手へ

月別アーカイブ

2017
11
2016
08
06
05
04
03
2015
09
08
07
06
01
2014
09
07
06
05
01
2013
12
11
10
09
08
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月11日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss