ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

月別アーカイブ :2016年03月

道具としての『パター』で決まるパッティングストローク

パターのシャフト…なんていう部材は なきゃ打てないから程度の扱いで結構ぞんざいな存在です。 よく考えてみると マレットパターにあるような ベント(曲がった)シャフトなんて  シャフトの意義を無視しているようなものですね。 市販のパターヘッドは だいたい 300~330gです。 結構重いことを売りにしているものでも  330g がいいところです。 宣伝…みたいになってしまいますが 弊社の L型ブリ......続きを読む»

ゴルフ◆ダフリ と トップ のメカニズム

意味不明に感じるかも知れませんが、 少々噛み気味(厚めに当たる)になるものを除けば、 ゴルフショットの「ダフリ」というのは ボールにヘッドが届きすぎている と考えるのは大きな誤解です。 ドライバーショットで 10センチも手前を ダフってしまっているのは 実は ボールに届いていないのです。 ボールに届いていない という言葉は 単にヘッドとボールの上下関係 高さの違い を連想させますが、 「届く」と......続きを読む»

ゴルフスイング大改造計画

弊社のお客様でない方も  このブログを見て頂いています。 何かの参考になるといいのですが、 ご自分でスイングを研究したり もっと良くしたい、もっと飛ばしたい 自分のゴルフショットやゴルフスイングに行き詰まりを 感じている のであれば ショットを大きく変え クラブの機能を使えるようになる スイングの 単純な改造点は2点 です。 この2点が出来ないと先には進めません。 単純といっても口で言うのは簡......続きを読む»

ゴルフ◆飛ばし

ゴルフスイングはその前傾姿勢と体の向き そしてゴルフクラブの構造が密接につながっています 正しいダウンスイング時は 右向きと前傾姿勢のおかげで 左サイドの方が右サイドより低くなっています。 それを維持することが 結果 ボールを上から打つ に つながっていきますし、 左股関節への前傾姿勢の移譲 ディッシュアングルの維持 も可能になるのです。 しかし この部分、例えば 左股関節の前傾姿勢維持 や ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconhummingbirdsporte

世のゴルフクラブの流れと逆行し 重た~いヘッド 軟らか~いシャフト 短いクラブ ロフトの寝たクラブ という「あまのじゃく」を地で行くヘンテコリンなオヤジ   海水魚飼育と尾崎亜美をこの上なく愛するメタボなオヤジが書く ゴルフの道です
  • 昨日のページビュー:207
  • 累計のページビュー:1291333

(11月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ある「プロゴルファー」の言葉
  2. 外国での日本人選手
  3. 太平洋マスターズ
  4. シャフトのしなり戻りで打つ なんて大嘘
  5. 【ゴシップ記事】 です
  6. 軽量スチール撲滅主義
  7. キャディでの体験記
  8. トーナメントを見て
  9. ”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2
  10. ジャンボ尾崎 エージシュート

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss