ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

月別アーカイブ :2016年01月

L型ブリストルパター 開発秘話 その2

L型パターは構えてみると、視覚的に 非常にシンプルな「線」によって構成されています。 トップラインのフェース側と対になった2本の直線と バンスというか ソール後方の緩い曲線です。 直線曲線の合計3本の線というのは 一つの曲線によって その直線が歪んて見えたりします。 試作段階では 木 次の段階では 粘土 と使って デザインを作っていきます。 開発当初から 溶接なしの軟鉄のインゴッドを 鍛......続きを読む»

ゴルフスイング◇スライスの対処療法では結局何も改善しません

リンクテキスト スライスに悩んでいる方がいらっしゃいました。 ご本人曰く スライスになるのは 「フェースが開いている」からだと仰います。 では 考えてみましょう。 ゴルフの弾道には  ボールの高さ(上下角度)  ボールの方向(左右角度)  ボールの回転(上下左右の回転) これが入り混じります。 高さはともかく、 ボールの飛び出る方向は右左 そして ボールの回転の右左 これは 2×2 の関係......続きを読む»

軽くて「振り易い」ゴルフクラブはあなたを蝕む

軽い 振り易い そんな言葉が飛び交います。 軽いと振り易い 本当ですか  ドライバーを買い替える場合  自分が振り易いコトが 本当の目的 ですか?!  頻度よく、遠くに飛んで  毎度、毎度、真っ直ぐ行く そんなに都合よく行きませんが そちらと 振り易い  どちらに重きを置きますか 例えば ドライバーのヘッド重量 200g を 基準としましょう。 20g軽くなって 180g になったとし......続きを読む»

L型ブリストルパター 開発秘話 その1

もう かなり前の話になりますが、 L型ブリストルパターを作ることになった経緯を お話しします。 ハミングバードの場合 重いヘッド 柔らかいシャフトを専門としていますから 御多分に漏れず パターにもその手のものを選択します。 当時、もうかれこれ 10年数年前でしょうか お付き合いのあったあるメーカーより 軟鉄の削り出しパターの在庫が大量に残ったことから パーツで販売しませんか と話がありました......続きを読む»

ゴルフ◆振り遅れをするためのスイング?

何度も似たような内容でいささか申し訳ないですが、 とても大切なことなので繰り返させていただきます。 ヘッドを振る シャフトを振るスイングというのは 行きつくところ 位置関係として、ヘッドがグリップを追い越す 追い抜くことを目指したスイングです。 このヘッドがグリップを追い抜くスイングには いくつか致命的な欠陥、 ゴルフスイングとして 重大な欠陥を秘めているばかりか 難易度も高いうえ、再現性に乏し......続きを読む»

ゴルフ◇振り遅れの正体 その2

振り遅れ そのものとは違うかもしれませんが、 調べてみると 多くのアマチュアゴルファー… いえ ほとんど全員かもしれません 左を向く、左に向きを変えることがとても苦手です。 ここで左を向く…というのは 上半身の上側 肩回りが左を向く ということでなく 骨盤、腰、秀二が左を向くということで アマチュアの多くが腰を止め  上半身の上側だけ左にねじる    もしくは はじめから 上半身の上だけ、肩回りだ......続きを読む»

スイングプレーンという言葉が出てきたらまず疑え

この10年位ですかね。 スイングプレーンなんて言葉が広まったのは…。 まあ 昔はスイング軌道なんて言ってましたかね。 正しい定義としては スイングプレーン/スイング軌道は アドレス時の前傾姿勢を      基礎に描かれるクラブの通り道 ということになります。 その前傾姿勢があるので 結果として クラブヘッドの描く弧は 斜めに傾いて「見える」訳です。 そして これも重要かつ 最近ではほとんど無視......続きを読む»

ゴルフ◆バンカーショットの秘訣

バンカーショット 多くのゴルファーは ボール自身が砂の上にあることが 一番の障害というか、難敵だと思っていますが 実はそうではないのです。 確かに 大きく砂に埋まっているような状況は そうとも言えますが、それはラフなどでも 似た状況であると思います。 バンカーショットの最大の障害は 自分の立っている場所が不安定な砂の上 ということなのです。 これは傍論というか、余談なのですが 現在多くのアマチ......続きを読む»

ゴルフ◆振り遅れの正体 その1

多くのゴルファーは振り遅れ ています。 それは 振り遅れのメカニズムを理解していないから です。 振り遅れ とは 体が正面を向いた時、その近辺(タイミング)で インパクトを迎えることで これより 遅れることを 振り遅れ と呼んでいます。 「振り遅れ」と呼んではいますが  (ややこしくなるりますが…) 振り遅れ・手遅れで打っている人は 振り遅れないと打てないスイングなのです。 体の正面・・・......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconhummingbirdsporte

世のゴルフクラブの流れと逆行し 重た~いヘッド 軟らか~いシャフト 短いクラブ ロフトの寝たクラブ という「あまのじゃく」を地で行くヘンテコリンなオヤジ   海水魚飼育と尾崎亜美をこの上なく愛するメタボなオヤジが書く ゴルフの道です
  • 昨日のページビュー:270
  • 累計のページビュー:1290929

(11月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ある「プロゴルファー」の言葉
  2. 外国での日本人選手
  3. 太平洋マスターズ
  4. シャフトのしなり戻りで打つ なんて大嘘
  5. 【ゴシップ記事】 です
  6. 軽量スチール撲滅主義
  7. キャディでの体験記
  8. トーナメントを見て
  9. ”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2
  10. ジャンボ尾崎 エージシュート

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss