ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

月別アーカイブ :2015年12月

ゴルフスイング◇ヘッドの重さの使い方

スイングを構築していくのには 間違った認識やイメージの土台があっては 先に進むことは出来ません。 スイングの絶対的な約束は 「ゴルフクラブは自分(クラブ自身)では動きません。  ゴルフクラブ・クラブヘッドの移動・運動の源は  それを使う打ち手の移動であり、運動です。  ゴルフクラブが打ち手の移動や運動を促進や手助けしても  決してゴルフクラブ自身は移動・運動はしないのです。」 もう少し具体的に言......続きを読む»

クラブを丸く振る◆ゴルフスイング

『クラブを振る』『丸く振る』 という事の 駄目なこと、 クラブを機能させない振り方、 それをちゃんと頭で理解する必要があると思います。 まず、丸く振る クラブを振る と言う振り方は なぜ そうするのか という事を考えてみるべきです。 クラブは長い棒の先に重さが集中した クラブの重さの6割以上のものがヘッドとして 装着されている道具です。 もしも その構造の道具で 遠心力を多く造りだそうとする......続きを読む»

ゴルフ◆誤解しやすい⇒『上から打て』

代表的なゴルフ用語に「上から打て」 と言うのがありますが、これはとても誤解しやすい用語 と言えます。 言葉のイメージ通り クラブを上から下に向かった振ったら ヘッドを上から意図的に降ろしたら 実は必ず 上に向かって振ることになります。 上から打つというのは確かに クラブやクラブヘッドの重さ 支えるという意味で自分の重さも利用できますから 「飛距離」に直結しやすい方法です。 ところがスイング動......続きを読む»

質問◇ゴルフ◇クラブの重さは「どこ」で感じますか?

・・・という質問を頂きました。 感じ、感触なので 私個人の意見で 参考になるかどうかわかりませんが… どこという言葉には 体の部位とどの時期に というのが含まれていると思うので その両方を( ^^) 右行き アドレス→テークアウェイ→トップ の場合は、 「右ひじ」 です。 テークアウェイは右行きの移動は 前輪にあたり 右サイドで行いたいです。 肘自身が曲がる、 後方に肘鉄を打つように 動かすの......続きを読む»

昨今の軟鉄鍛造アイアンヘッドのお話

この十数年で色々なアイアンヘッドが出ていますが。。。 先日も書きましたが、 軽量スチールと言う スイングだけでなく、ゴルフの未来すら破壊しかねない 代物が主流になって以来 ゴルフ用品の性能や質ががっくりと落ちてきています。 軽量スチールシャフトは 軽量に出来るだけあって 硬いというか強いです。 強くて金属の肉厚の硬いペラペラなシャフトです。 そのシャフトの性質上、 今までのスチールシャフトより......続きを読む»

シャフトの走り・ヘッドの走り

シャフトが走る という言葉がありますね。 これ 相当間違った認識や勘違いを生んで その言葉がクラブやシャフトの使い方を壊してしまっています。 概ね シャフトが走るとは ヘッドが走る。。。グリップに対しヘッドが走り グリップを追い抜くようなイメージだと思われています。 はっきり言って「大間違い」です。 質量とは 基本「そこに留まるエネルギー」です。 それに運動が加わると勿論慣性も生み出しますが......続きを読む»

ゴルフ◇アプローチショット

アプローチショットの基本は 当たり前過ぎて 怒られそうですが 設定されている距離  を打つコト、こなすコト です。 そして それは 立体 であるというコト。 当たり前なのですが 実際に自分が打つ時、アプローチする時 殆ど 忘れ去られている というか 考えていない という風に見えます。 今は見かけなくなりましたが 昔、パットパットゴルフ場というかプレイスポットが 有ったと思うのですが だいたい 最......続きを読む»

ゴルフ◆誤解しやすい⇒『上から打て』

代表的なゴルフ用語に「上から打て」 と言うのがありますが、これはとても誤解しやすい用語 と言えます。 言葉のイメージ通り クラブを上から下に向かった振ったら ヘッドを上から意図的に降ろしたら 実は必ず 上に向かって振ることになります。 上から打つというのは確かに クラブやクラブヘッドの重さ 支えるという意味で自分の重さも利用できますから 「飛距離」に直結しやすい方法です。 ところがスイング動作......続きを読む»

オーダーメイドゴルフクラブ

軽量ヘッドのドライバー  軽量スチールのアイアン ここら辺のクラブで クラブに助けられることの限界を感じ どれ使っても同じだな~ と感じている人は まず  悶絶セット 入門編 あたりから始めると あまり 悶絶もせず 今まで体験したことの無い 打感とか 弾道とか アプローチでのスピンとか 実感・体験できることであろう。 1~2年使えば ボールポジションも正しい場所に 徐々にずれ始めるし スウィン......続きを読む»

スピンのなぞなぞ ◇ゴルフ

ボールのスピン 昔もこのテーマで記事書きましたけど 通常 何千回転という風に表記されますが、 結構忘れられているのは その単位です。 この何千回転は 1分間で ということなのですね。 例えば ドライバーショット 2000回転前後と言われていますが これは やはり 1分間のボールの回転数 で 1秒間には30回転強です。 ドライバーショットのボールスピードは 200キロ/時速になります。 時速200......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconhummingbirdsporte

世のゴルフクラブの流れと逆行し 重た~いヘッド 軟らか~いシャフト 短いクラブ ロフトの寝たクラブ という「あまのじゃく」を地で行くヘンテコリンなオヤジ   海水魚飼育と尾崎亜美をこの上なく愛するメタボなオヤジが書く ゴルフの道です
  • 昨日のページビュー:199
  • 累計のページビュー:1291127

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ある「プロゴルファー」の言葉
  2. 外国での日本人選手
  3. 太平洋マスターズ
  4. シャフトのしなり戻りで打つ なんて大嘘
  5. 【ゴシップ記事】 です
  6. 軽量スチール撲滅主義
  7. キャディでの体験記
  8. トーナメントを見て
  9. ”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2
  10. ジャンボ尾崎 エージシュート

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss