ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

月別アーカイブ :2015年10月

クラブ選びという観点からすると

アプローチショットで「スピンが効く」 「着弾時、ボールの回転によってブレーキがかかる」 というのはスピン量の「多さ」でかかる訳ではありません。 他の遊びで例えるのならば ボーリングのストライクは そのボールスピードだけやスピンの量で決まるのでなく コースやスピード、スピン、スピンの質など それぞれに最適解があるのであって なにか!だけで決まる訳ではないでしょう。 それと同じです。 着弾時にスピン......続きを読む»

スイングを造るゴルフクラブ選び

クラブ選びという観点からすると 基本、スイングは2種類に分けられるかと思います。 ◆グリップを支点にヘッドを振るか ◆ヘッドの重さを使ってグリップを動かすか と二つに分かれるでしょう。 重心距離が短くて ヘッドが軽くて シャフトが硬くて ライ角度がアップライト そこら辺を押さえれば あとは 色とデザインで選べばいいんじゃないでしょうか。 リンクテキスト ヘッドの重さでグリップを動かすスイング......続きを読む»

ゴルフクラブ◆軽量スチールシャフトの罪

【投稿】  現状で某メーカーの軽量スチール付アイアンを使っています。 パワーには自信がないので、硬いシャフトは敬遠しておりますが、 貴社で試打クラブを打たせて頂いて以来、 タイミングも取れず、全く当たらなくなりなりました。 飛距離も以前よりぐっと落ちてしまいました。 弾道の伸びがなく、 あまり高く上がらず緩い球になってしまいます。 ・・・その理由を教えてください。  お手紙ありがとうございます。 ......続きを読む»

ゴルフ◆重さはそこに留まろうとするエネルギーでもある

実際に『ボールを打つ』際 ダウンスイングやインパクトの意識が高いのは 分からない訳ではないのですが、 やはり テークアウェイの取り方 によって ほぼ全部…少なくとも半分以上は決まってしまいます。 多くのゴルファーはショットをするのに 反動をつけたがります。 勢いを付けたがります。 気持ちは分からないではない…ですが、 特にヘッドを軌道に意識的に円を描かせる場合 円を描けば、ヘッドの移動距離も増える......続きを読む»

二重の円弧がゴルフスイングを壊す

スイングは「結果」として、ヘッドの軌道によって 円弧を描きます。 スイングの”誤解”は、 クラブを持った打ち手が体の向きを変えれば、それだけで 第3者、外から見れば ヘッド軌道が円を描くことなのですが、 打ち手の多くはそれを動作として円を描いてしまう こと (それをクラブを振る、ヘッドを振る と言います) から生まれてしまうのです。 多くのゴルファーは 体の向きの変更と手さばき(クラブさばき)の......続きを読む»

L型ブリストルパターのすゝめ

市販されている平均的なクラブでは あまりにシャフトが硬すぎ、動きがないため シャフトの効果である ヘッドの重みによってグリップを動かされる と言う部分を知ることも感じることも出来ないでしょう。 c市販されている平均的なクラブでは あまりにヘッドが軽すぎ、 シャフトの硬さも相まって シャフトの効果である ヘッドの重みによってグリップを動かされる と言う部分を知ることも感じることも出来ないでしょう。......続きを読む»

昨今の軟鉄鍛造アイアンヘッドのお話

この十数年で色々なアイアンヘッドが出ていますが。。。 先日も書きましたが、 軽量スチールと言う スイングだけでなく、ゴルフの未来すら破壊しかねない 代物が主流になって以来 ゴルフ用品の性能や質ががっくりと落ちてきています。 軽量スチールシャフトは 軽量に出来るだけあって 硬いというか強いです。 強くて金属の肉厚の硬いペラペラなシャフトです。 そのシャフトの性質上、 今までのスチールシャフトより......続きを読む»

知っていますか◆ゴルフクラブ◆ 『ソールの秘密』

たまに見かけますが ウエッヂなどのソールを削っているゴルファー…。 リーディングエッジならいざ知らず ソールを削ることは  メロンを切って、中身を捨てて皮だけ残しているような ソール部分を削って、良いことは何一つありません。 重量も落ちる上、機能も削る分捨てています。 バンス幅やバンス角度は度合いはあるものの 双方ともに多くて、広くて、大きいほど 機能として充実していると言えます。 アイアンにお......続きを読む»

知っていますか? ライ角度が方向に影響を及ぼすのはロフト45度以上から

ライ角度は大切なものなのは確かです。 最近のドライバーは一時流行った(随分昔かも…) フックフェースのドライバー   (ドライバーのフェースの角度が左を向いている) が姿を消し、かなりアップライトなドライバーが 増えてきています。 20年前は 45インチで57度位が普通でしたが、 そのフックフェースのブーム消滅。。。と比例し いまでは45インチ62度、63度も珍しくなく なんと ライ角度65度を超......続きを読む»

L型ブリストルパター

フェイスブックのアカウントを手違いで融合してしまい・・・ う~~~ん なんだかよく分からない… ご不便おかけいたします m(__)m リンクテキスト です。 です。 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10  046-804-1480  ⇒ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp L型ブリストルパターに関して…ですが 多くのお問い合わせを頂いておりま......続きを読む»

L型ブリストルパターのお薦めな使い方^^

L型ブリストルパターの最大の特徴は そのヘッド重量にあります。 市販の平均的なパターのヘッド重量は300g強 L型ブリストルパターのヘッド重量は470g強 このヘッド重量を活かすのには… まあ これは普通のパターでもそうなんですけどね パターヘッドを真っ直ぐ動かす という事を勘違いしないことだと思います。 ショットやアプローチも同じですが、 一番大切なことは 希望の距離を打つ⇒距離感です......続きを読む»

L型ブリストルパターのお薦めな使い方^^

L型ブリストルパターの最大の特徴は そのヘッド重量にあります。 市販の平均的なパターのヘッド重量は300g強 L型ブリストルパターのヘッド重量は470g強 このヘッド重量を活かすのには… まあ これは普通のパターでもそうなんですけどね パターヘッドを真っ直ぐ動かす という事を勘違いしないことだと思います。 ショットやアプローチも同じですが、 一番大切なことは 希望の距離を打つ⇒距離感です......続きを読む»

ゴルフクラブ◆シャフト選び 『シャフトの硬さ』

シャフトを選ぶ場合、 打ち手にとって硬いシャフトを選んでしまった場合 やれキックポイントだとか、トルクだとか 全くもって無意味です。 機種や対象によって硬さの基準は異なりますが、 2015年の時点で平均的なシャフトの硬さは 『Rシャフトで振動数240cpm位』ですね 平均的なゴルファーの多くは スタンダードである  Rシャフトを選択しません。。。から 多くの人はこれよりも「硬い」シャフトを使って......続きを読む»

ゴルフクラブ◆シャフト選び シャフトの形状

ゴルフクラブのシャフトについてのお話し。 シャフトの違いは 1.硬さ 2.形状 3.重量バランス 4.重量 5.トルク 6.キックポイント この順序がシャフト選びの選考ポイントになる! 色柄が付いているといまいち見分け難いけれど ウッドならウッド、アイアンならアイアンで 違う種類のものを見比べてみると 実はシャフトの形状は結構違うのです。 ウッドであれば先端部は 8.5mm グラファイト......続きを読む»

ゴルフショット事件簿 ソールの傷・・・

自分のクラブのソールとフェースには まるで 事件現場の証拠のようにくっきりと 自分のショットの痕跡が残っている。 左にボールが行きやすい、行き過ぎる と言う悩みにおいては ★ソールの傷がヒールに集まり ★フェース面上の打痕もヒールに多ければ おそらく ライ角度をややフラットにすれば解決するだろう。 2009年10月20日_IMG_0980 ボールが右に行きやすい 行き過ぎる と言う悩みでは ★......続きを読む»

知っていますか◆ゴルフクラブ◆ 『ソールの秘密』

たまに見かけますが ウエッヂなどのソールを削っているゴルファー…。 リーディングエッジならいざ知らず ソールを削ることは  メロンを切って、中身を捨てて皮だけ残しているような ソール部分を削って、良いことは何一つありません。 重量も落ちる上、機能も削る分捨てています。 バンス幅やバンス角度は度合いはあるものの 双方ともに多くて、広くて、大きいほど 機能として充実していると言えます。 アイアンに......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconhummingbirdsporte

世のゴルフクラブの流れと逆行し 重た~いヘッド 軟らか~いシャフト 短いクラブ ロフトの寝たクラブ という「あまのじゃく」を地で行くヘンテコリンなオヤジ   海水魚飼育と尾崎亜美をこの上なく愛するメタボなオヤジが書く ゴルフの道です
  • 昨日のページビュー:358
  • 累計のページビュー:1298512

(12月10日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ある「プロゴルファー」の言葉
  2. 外国での日本人選手
  3. 太平洋マスターズ
  4. シャフトのしなり戻りで打つ なんて大嘘
  5. 【ゴシップ記事】 です
  6. 軽量スチール撲滅主義
  7. キャディでの体験記
  8. トーナメントを見て
  9. ”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2
  10. ジャンボ尾崎 エージシュート

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月10日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss