ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

月別アーカイブ :2015年07月

ドライバーをもっと飛ばすには?

ボールをより遠くに飛ばしたい という欲というか、願望は何歳であっても 性別にも関係なく存在します。 それはゴルフの、特にドライバーショットの 魅力の一つだとも言えます。 年齢を重ねてくると 徐々に距離が飛ばなく、飛ばせなくなってきたりします。 そして、その上でクラブを変えようかな ってなりますと 多くの人が「軽いクラブ」を選ぶようです。 全体重量が軽く振り易い(?) 扱いやすい(?) クラブは ......続きを読む»

ゴルフスイング◆遠心力を利用する方法

プロも含めた、多くのゴルファーが 遠心力とゴルフスイングについて 読み誤っている最大の点は 「遠心力はスイングの加速装置」 「遠心力が増すとスイングスピードも速くなる」 と言う点なんじゃないかと思う。 スイングに遠心力を利用すること自体は 決して間違ってはいない。 しかし、ゴルフスイング、ゴルフクラブの構造や機能において 遠心力は減速装置にはなり得ても、 決して 加速装置にはならない。 遠心力は......続きを読む»

シャフトを撓らせて、しなり戻して使うのは間違いです

柔らかいシャフトであっても無くても、 多くのゴルファーは シャフトをしならせてしなり戻して使う と言う認識を持っています。 その使い方は、正直何一つもメリットはなく、 悪いこと、うまく行かないことのてんこ盛り状態なのです。 まず、一つ目 その作業はすべて手、腕での作業になるからです。 体がある一定の速度、もしくは加速状態で動いている限り シャフトをしなり戻すことはほぼ不可能です。 体の動きが減速......続きを読む»

ゴルフスイングと遠心力

とても面白いというか、 興味深いところではあるのだけれど、 「ゴルフスイングは遠心力を使う」 「ゴルフスイングは遠心力だ」 とは言われているし、書かれてもいるし ほぼ全員に近いゴルファーはそれを信じている。 しかし、何を調べても その「遠心力」とやらを どう使うのか、いつ使うのか どうしたらいいのか とはどこにも何にも書かれてもいないし ちと意地悪ではあるけれど、それをレッスンプロに 問いかけ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconhummingbirdsporte

世のゴルフクラブの流れと逆行し 重た~いヘッド 軟らか~いシャフト 短いクラブ ロフトの寝たクラブ という「あまのじゃく」を地で行くヘンテコリンなオヤジ   海水魚飼育と尾崎亜美をこの上なく愛するメタボなオヤジが書く ゴルフの道です
  • 昨日のページビュー:199
  • 累計のページビュー:1291127

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ある「プロゴルファー」の言葉
  2. 外国での日本人選手
  3. 太平洋マスターズ
  4. シャフトのしなり戻りで打つ なんて大嘘
  5. 【ゴシップ記事】 です
  6. 軽量スチール撲滅主義
  7. キャディでの体験記
  8. トーナメントを見て
  9. ”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2
  10. ジャンボ尾崎 エージシュート

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss