ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

月別アーカイブ :2015年04月

ゴルフショット◆インパクトの音

【投稿】  練習場で最近気になり出したのですが、 特にアプローチで弊社で聞けるような音を 出している人ってぜんぜんいないですね。 振り子にクラブを動かしてアプローチをしていると思うのですが (じろじろ見るのは失礼なので、ほのかに音を聞いているだけですが)、 決まってトップをしたような音がずっと聞こえてきます。 繰り返し同じ球を打っているので (球も上がっているようなのでトップではなさそうだし)......続きを読む»

クラブを作る(開発)時、まず、考えるコト

ハミングバード では L型ブリストルパター だけに限らず、アイアンヘッド アイアンシャフト ウエッヂ、ウッドヘッド、ウッドシャフト 殆どのモノが オリジナル (&国産)  まず 日本中 何処に行っても この常軌を逸脱したセッティングを創る(開発) するクラフトマンはいないのではないかと思います。 伊達や酔狂で作る領域を遥かに超えてますもんね。。。 開発 というと仰々しいのですが クラブを作る際......続きを読む»

どこへ向かうの ゴルフクラブ…ドライバー編

ヘッドをユーザー自身が調整するタイプの ドライバーヘッドのブームと言うか 流行も定着せずに終わりそうな気配です。 発想としては遊び心をくすぐられるので ちょっといいかな~ とは思いましたが、 なんだか違う方で進んでしまったような気がします。 ネック着脱式のゴルフクラブは メーカー独自のカスタムフィットをする時に その場でシャフトを付け替えられる と言う発想から 始まったものだと思います。 まあ......続きを読む»

どこへ向かうのか…ゴルフクラブ アイアン編

業界ニュースを見ていると 軽量スチールシャフトが  さらに進化と言うか、軽量化が進み アイアンで言うと素材として グラファイトとスチールの重量的境目が なくなって来ている。 それはそれでゴルファーの選択肢が増えた と考えられるので悪いことではないが どうも アイアンヘッドの軽量化 が進みそうな気配が してきている。 何度も説明しているが スチールシャフトの場合、 細くなる先端部分を補給する手立て......続きを読む»

遠心力はボールを飛ばす主力エネルギーではありません!

ゴルフクラブの形状をもう一度ご覧ください。 ボールを打つ部分 ヘッドは非常に偏った造りを しています。自分から向かって、 シャフトより右にしかヘッドは存在していません。 アドレスの状態を基本に そのまま クラブ全体を高くし グリップを緩めてください。 必ず 右に 自分から向かって 時計回りにしか 回転せず 作為的にクラブを捩じらない限り ヘッドは左回転しないのです。 ヘッドも含めたクラブ全体が......続きを読む»

恐怖のバンカーショット

バンカーショットはハザードであって 確かに ミスショットのペナルティではあるだろう。 しかし、ちゃんとしたクラブ ちゃんとした機能を備えたクラブでゴルフをしている限り 恐れを抱くほどのものではない「筈」。 現在流通している殆どのとサンドウエッヂは 日本中に大量のバンカー恐怖症を生み出してしまっている。 バンカーショットは ボールだけでなく 大量の砂や土を打つ、どかす必要が出てくる。 例え ボー......続きを読む»

ゴルフ◆ロフト、その効果

ゴルフボールは、当たり前ですが  球体 マル です。 クラブヘッドにある ロフト角度 は ボールを打撃するエネルギーを ボールのスピード、角度、回転 に ロフトなりに分散させ、意図的に 距離をロスさせ、距離を打ち分ける為に 番手ごとに設定されています。 球体であるボールを 円を描くように、特に腕を使って ヘッドの上下(高さ)方向に円を描いてしまうと ボールに加えられた打撃のエネルギーは 高さやス......続きを読む»

ゴルフスイング◆フェースターンに出口はありません

一般的には  スライスはヘッドの返し損ね と考えられているようだ。。。 まあ、ヘッドを返して、フェースターンして ゴルフクラブを使おう、ショットをしよう とすること自体 諸悪の根源というか、大間違いなのだけれど それはさておき、 是非 自分で実験して貰いたい のです。 ドライバーとサンドウエッヂを持って来て 片手、できれば利き手ではない方の腕で どちらがヘッドをターンさせやすいか どちらがヘッ......続きを読む»

ゴルフクラブ◆クラブ同士の組み合わせ

多くのゴルファーは新しいゴルフクラブを購入するのに その購入するクラブの試し打ちばかりしてしまう。 その購入する「1本」のクラブが 試し打ちではそこそこの結果が出たとしても それが自分のゴルフバッグに入って使われるとき、 一本のクラブを打ち続けている時とは 違った環境で使われることになると気付いている人は少ない。 実際にゴルフクラブは ドライバー → アイアン → ウエッヂ → パター ドライバ......続きを読む»

柔らかいパターシャフトの効果

このパターのシャフトも非常に柔らかいものが 装着されているようですが、 パターの場合 シャフトの柔らかさがどのように作用するのか教えてください。 例えばこのL型ブリストルに硬いシャフトが装着されていると どのようになってしまうのでしょうか。 パターシャフトについてのご質問ですね。 パターに限りませんが、 ゴルフクラブのシャフトの役割というのは ヘッドの重さ、そしてその形状によりグリップが動か......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconhummingbirdsporte

世のゴルフクラブの流れと逆行し 重た~いヘッド 軟らか~いシャフト 短いクラブ ロフトの寝たクラブ という「あまのじゃく」を地で行くヘンテコリンなオヤジ   海水魚飼育と尾崎亜美をこの上なく愛するメタボなオヤジが書く ゴルフの道です
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1291658

(11月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ある「プロゴルファー」の言葉
  2. 外国での日本人選手
  3. 太平洋マスターズ
  4. シャフトのしなり戻りで打つ なんて大嘘
  5. 【ゴシップ記事】 です
  6. 軽量スチール撲滅主義
  7. キャディでの体験記
  8. トーナメントを見て
  9. ”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2
  10. ジャンボ尾崎 エージシュート

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss