ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

月別アーカイブ :2013年08月

楽しめるゴルフクラブ

市販の道具は残念な方向へ 毎年進んでおります。 販売量、コストなど、ゴルフクラブという趣味、娯楽のモノを販売しておきながら 売り手の思考(指向)はユーザーの方ではなく、株主の方ばかりを向いているように思えます。 特にNS等、軽量スチールが発売されて以来 ヘッドの重量やウッドのシャフトまでもが それを軸に動いていて、クラブによってゴルフ......続きを読む»

軽いヘッド が スウィングを闇へと誘う

軽いクラブヘッド。。。そして 硬いヘッドの組み合わせを使って ゴルフスウィングを覚えると。。。 一番の弊害は ヘッド姿勢やクラブの位置などを 感じられず 自分の動き 動き 動き そちらばかりに頭が行ってしまうコトだと思います。 クラブを手で上げて。。。 左腕 左肩だけで テークバックを取った時 クラブは、フェースは開きます。 本来 傾いた姿勢の中で 向きを変えるので ......続きを読む»

アプローチショットの基本

アプローチショットの基本は 当たり前過ぎて 怒られそうですが 設定されている距離  を打つコト、こなすコト です。 そして それは 立体 であるというコト。 当たり前なのですが 実際に自分が打つ時、アプローチする時 殆ど 忘れ去られている というか 考えていない という風に見えます。 今は見かけなくなりましたが 昔、パットパットゴルフ場というかプレイスポットが 有ったと......続きを読む»

雑学◆日本の”ゴルフクラブ”発祥の地は兵庫県川辺町

弊社のオリジナルのアイアンやパター なども この 兵庫県市川町川辺  イギリスの人が、今から111年前 明治34年(1901)六甲山に神戸GC(4ホール)を オープンしたことが、大衆の娯楽?としての ゴルフのはじまり です。 国産のゴルフクラブに関しては、それより 遅れるコト 20数年、昭和に入ってからのコトです。 日本製のアイアンヘッドが初めて製作されたのは 昭和5年......続きを読む»

ウエッヂ◆溝

溝にもルールが設定されました。 これはウエッヂだけ、アイアンだけでなく ロフト25度より大きいクラブは 一律に溝の規制があります。 フェアウェイウッドであっても、 25度以上あるモノは、その適用対象内です。 大きなロフトのフェアウェイウッドやユーティリティが 消滅してしまったり、新しく発売されないのは こんな所に理由が有ったりします。 ウエッヂの広告を見ると ......続きを読む»

番手に距離の差が出難い、という悩み。

女性や力のない方に多い悩みが どのクラブを打っても、さほど距離の差が出ない 同じような距離になってしまう。 その原因は簡単で 多くの方がこのようなテークバックを取ってしまう このテークバックを取ってしまうと クラブの種類、番手の違いに関係なく いったん ロフトはかなり大きく開くことになる 5番アイアンを持っても、 ウエッヂのロフトになってしまう。 ......続きを読む»

煽り打ちへの流れ

1995年から2005年までの  ドライバーヘッドのデータです。 6178a215   年 体積 重量 ライ角 重心距離 重心深度 モーメント 1995  230  195  55.8  35.9  32.4  2720 1996  241  197  55.6  35.7  31.2  2870 1997  258  195  56.5  35.7  32.6  292......続きを読む»

トライ! 重たいヘッド

ドライバー 45インチを基準とすると 市販品のヘッド重量 は 190g 位 ◆質問◆ これを 20g軽くして 170g にすると ヘッドスピードが上がるか ??? ◆答え◆     否 ヘッドスピードが多少上がるとしても 買い替えた、軽いと感じる時 のみ ちょっと だけ上がるだけ 変える前 40ms だったスピードが 41ms に上がるか 上が......続きを読む»

ゴルフクラブとの付き合い方

モノは変わらないけれど、人は変わっていく… 変わっていくというか、衰えていく訳で そりゃ、ゴルフクラブは出来るだけ長く使いたいけれど、 年齢による体力の低下の激しい時の10年と 若い時の10年はずいぶん異なる。 シャフトの硬さは変わらなくとも、使う方の自分は 衰えるから、どんどんとシャフトが硬くなっていくのと同じ…。 硬いシャフトってのは、どうしても ヘッドを感じにくいから、......続きを読む»

重さは運動とともに増えていく。。。

ゴルフクラブの重さ(総重量)。。。 計量器に乗せれば、アイアン400gとか なのですけれど、その姿勢や位置などによって 体に影響する重さはマチマチです。 http://blog.livedoor.jp/hbs/ 重力の対する投影長さも変わりますし 姿勢も、速度によっても変わります。 自分の動きたい方向と、クラブの行きたがる方向によっても 変わってきますが、やはり運動による重さ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconhummingbirdsporte

世のゴルフクラブの流れと逆行し 重た~いヘッド 軟らか~いシャフト 短いクラブ ロフトの寝たクラブ という「あまのじゃく」を地で行くヘンテコリンなオヤジ   海水魚飼育と尾崎亜美をこの上なく愛するメタボなオヤジが書く ゴルフの道です
  • 昨日のページビュー:207
  • 累計のページビュー:1291333

(11月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ある「プロゴルファー」の言葉
  2. 外国での日本人選手
  3. 太平洋マスターズ
  4. シャフトのしなり戻りで打つ なんて大嘘
  5. 【ゴシップ記事】 です
  6. 軽量スチール撲滅主義
  7. キャディでの体験記
  8. トーナメントを見て
  9. ”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2
  10. ジャンボ尾崎 エージシュート

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss