ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

月別アーカイブ :2013年06月

ゴルフクラブ◆反発係数

例えば ドライバー。。。 ドライバーの使い方をはっきりと示唆してしまった 今世紀? 最大の誤解、 それが「反発係数」だろう。 この言葉は日本だけに限らない、ゴルフ界全体に広がり それによって、アマチュアは ドライバーは 反発させて、弾いて使うもの という認識を持ってしまった。 チタニウム、チタンと言う高強度の素材によって ボールを弾いて、飛ばす 硬いものほど遠くに......続きを読む»

パッティングストローク

久々に出てくる言葉ですよね 刷毛塗・・・ 最近から読み始めた方には、イマイチぴんと来ないかも しれませんが。。。 まずは、こちらからご覧ください。 前半は、肩を揺さぶる「振り子式ストローク」 後半は、弊社で「刷毛塗」と呼ばれている ストロークです。 ストロークで大きな違いがあるのは一目瞭然。 ヘッドの高低の変化の激しい「振り子式」の場合 フォローを出せ......続きを読む»

スイングウエイトの数値

ゴルフクラブの性格?や特徴を表すのに よく使われる言葉の一つに『スイングウエイト』というのが あります。 D-1 や C-8 といったものです。 このような計測器で計ります。 基本的な原理はグリップエンドから14インチ(35.5センチ) の場所を支点にして、クラブを水平に保つためにグリップエンド 側にどのくらいの重量が必要なのか 天秤で計るもので、 クラブに......続きを読む»

現代のクラブとスイングの関連性

ゴルフというスポーツの 他のスポーツとの一番の相違点は 騙しあう事が 勝負を左右しないことにあると思うのです。 サッカーやバレーなどで 行うフェイントは 相手をだます技ですし 野球だってピッチャーの配球は いかにバッターを騙すか と言うところは否めないと思います。 確かに ゴルフでも マッチプレーなんかは 番手通りの距離を打たないようにしたり も しますが 基本論は 誰かを騙す......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconhummingbirdsporte

世のゴルフクラブの流れと逆行し 重た~いヘッド 軟らか~いシャフト 短いクラブ ロフトの寝たクラブ という「あまのじゃく」を地で行くヘンテコリンなオヤジ   海水魚飼育と尾崎亜美をこの上なく愛するメタボなオヤジが書く ゴルフの道です
  • 昨日のページビュー:270
  • 累計のページビュー:1290929

(11月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ある「プロゴルファー」の言葉
  2. 外国での日本人選手
  3. 太平洋マスターズ
  4. シャフトのしなり戻りで打つ なんて大嘘
  5. 【ゴシップ記事】 です
  6. 軽量スチール撲滅主義
  7. キャディでの体験記
  8. トーナメントを見て
  9. ”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2
  10. ジャンボ尾崎 エージシュート

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss