ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

月別アーカイブ :2009年09月

シャフトの歴史とスウィング 前篇

以前のゴルフはヒッコリーシャフトが中心で、 ゴルフをするのには「如何にシャフトをひねらず、ボールを確実に遠くに飛ばすか。」 であった。何故ならば、クラブを捻ってしまうとたちまちシャフトが折れてしまい、 一球も打たずに壊れてしまうこともあるからだ。 その頃のゴルフは当然貴族のスポーツではあるが、主人と小姓さんがいろいろ考え工夫し、 自前で工作したゴルフクラブを使うもの......続きを読む»

シ ャ フ ト の 硬 さ

 同じ長さ 同じヘッド 同じロフト 同じヘッド重量 これに Sシャフト と Rシャフト  この仕様で 二本のドライバーを作れば 当たり前だけど Sシャフトが硬く Rシャフトが軟らかく 感じる と思うでしょ  ところが ところが 一般のアマチュアゴルファーを 練習場で ランダムにつかまえて テストをお願いしたとしましょう フレックス表示を隠し 事前に何も伝えずに......続きを読む»

スウィング改善を望むなら…

多くのゴルファーが スウィング(クラブ扱い)の改善を望んでいる 向上しよるとする気持ち、上達しようとする気持ち  非常に大切だと思う。 その欲と上手に付き合ってあげる必要があるだろう  改 善 し よ う ★クラブ扱いを良くしよう ★スウィングを良くしよう そういった時 注意して貰いたいことがある 治そう/直そう とするポイントを直接いじってはいけない ......続きを読む»

ハンディキャップ 2  からの手紙

スウィングとスコア スコアを基準にゴルフを組み立てる場合 (アマチュアというか自分の場合) あまりナイスショットを計算しません。その時の自分の中で最低とまではいかないにしても、そこそこで。距離でいえばコース表示400Yぐらいまでを一応の範囲内と判断し、それ以上はあくまで“まぐれ”として捉えます。 というとほとんどのミドルホールが自分にとって射程外のホールになってくるのですが、保険......続きを読む»

飛 ば す

 飛ばす 為の 最大の方法に ヘッドを振らない を訴え続けている とりあえず 出来る出来ないを 棚に上げて置こう 大半の人は ヘッドを振らない方が 飛ばない という観念から抜け出せない 気持ちは理解できる 目で見れば 誰もが振っているように 見える (本当は見えないけど…)  だから 例の映像を見ても ただ ゆっくり動いているだけ という感想も貰う ......続きを読む»

ロ フ ト 角 度

これも ひつこい話になり ウンザリしているかも 知れないけれど 大変 重要な 機能 なので 考えて貰いたい    ヘッドスピード 50ms の人の打つ 9番アイアン 40度    ヘッドスピード 40ms の人の打つ 6番アイアン 28度 これは どっちの人が飛ぶのだろう  多分 後者は 上手く当たって 150~160 ヤード だろう  果たして 50ms......続きを読む»

リリース

 古いハミングバードお客様には 懐かしい言葉 でしょ     リリース(する) 解放という意味。 釣りに於いて、釣った魚を持ち帰らずにそのまま返すこと。キャッチ・アンド・リリース 野球で投手が球を投げるときに、球を指から離すときの瞬間のこと。 音楽用語でレコードやCD(DVD)を発売すること。 映画用語で映画を公開すること。 ゴルフ用語では 切......続きを読む»

た だ し 書 き

ハミングバードのHP 幾つかのブログ すべてを合計すると 日々 大変多くの方に閲覧されています。 ブログを始めて以来 色々なコメントやメールを頂くようになりました  この ブログや ホームページに書いてある事は       すべて  ある程度 重量のあるヘッドのクラブ や            ある程度 運動する 柔らかいシャフトのクラブ を 使っているゴルフ......続きを読む»

ドイツからの痛い話

最近の私のゴルフバイブルは、雑誌やレッスンプロの本ではなく、HBSのホームペー  ジおよびブログと、そこに書き込まれる皆様のコメントやレポートなのですが、時に   は抽象的な、あるいは極端な表現もあり、「それってどういうことなの?」と言葉を    体の動きに替えながら日々練習場で悶絶しています。以下は、そんな中から自分なり     に最近理解した内容です。 突然ですが最近、練習中に右手......続きを読む»

か ら だ を ま わ す

ゴルフには円運動を想起させる言葉が多く混在する ☆体を回す         ☆オンプレーン ☆振り子運動        ☆スウィング という言葉そのもの ☆ボディターン       ☆インサイドアウト ☆ローテーション      ☆アッパー ダウン ブロー ☆腰をキル(手術か…)   などなど モーメントという言葉も 元来 回転運動を指す言葉でもある モーメントという言......続きを読む»

グリップ について

本日のお題は グリップ とは言っても 握り方の方では無く 握り部分について・・・      グリップ交換する事を 強くお薦めします 何故ならば 加硫ゴム系でない  熱可塑系 もしくは 熱硬化系のポリマー    通称 イラストマーの新しい素材のグリップ 色々なメーカーから 発売され 何年か経ちましたが  経年変化を経て 重大な欠陥?があるように感じま......続きを読む»

スコアとスウィングの関係…

スウィングとスコアの関係 単純な比例・反比例の関係ではないように感じます。 正直 スコアがすごい人ほど 独特の動き・スウィングをしている人を 多くいるような そんな気がします(気がするだけ?なのか) ショットは =スウィング と言うわけではありません ショット = クラブ × スウィング(含む体力) のようなモノだと思います そのクラブに合った打撃方法と言うのが......続きを読む»

アナログ主義

デジタルの申し子であるネット、そのはしりであるブログでこんなことを書くのも おかしなもんだが デジタルは好きになれない… やっぱり 年齢のせいなのかもしれないが…  最近 またも音楽プロデューサーのお客様が来店した その方から聞いた話なのだが 最近の音楽業界では レコーディング とは言わず サンプリング と言うそうだ   ビジュアルはOKだが 歌はね って人 多いでし......続きを読む»

ミート って何?

 お肉のことじゃないよ ミートすること     ジャストミート          芯を喰う これを勘違いしている人 かなり多いと思います はじめに言っておきますが これらの言葉は   クラブの真ん中(重心位置)等 どこかの場所に当たることでは ありません  ドライバーで言えば フェース面の真ん中に当たること 決して 間違いとは言い切れませんが それが正しいこと......続きを読む»

ゴルファーの探し物

 久しぶりに 本屋に行った 仕事も兼ね ゴルフ雑誌も見てみる  相変わらず ◎誌は スウィングレッスンと新しいクラブのこと だけ   本質的には ゴルファーはこの2点にしか興味がないんだろう…    分かる気がする クラブのデータ等は 仕事に関係するから 一応全部記憶する    スウィングの事は ひと通り 見てみよう ◎誌の●●部の人もこのブログを見ているから ......続きを読む»

わたしのゴルフ日記

例えばアドレスから動き始めるとき。つい手を捻ったり折り曲げたりしてクラブと体を一緒に動かすのを忘れてしまう。 例えば切り返しのとき。つい動きを速めてしまい、クラブの姿勢を保ちつつ動かすのを忘れてしまう。えいやと動かしてしまえば、姿勢や重さなどどこへやら。 今日もひたすらクラブと戯れていました。なかなかクラブと体が合いませんが、他の人の「スウィング」を見ていると何となく何故合わない......続きを読む»

ライ角度 って何?

これも HPを重複してしまう部分ではあるが ゴルフクラブにある 「ライ角度」これは何を意味するのか… 巷では フェースが右を向いている事 単純に地面にヘッドを置いて それが右に向いている事が スライスやミスショットの原因ととらえているゴルファーの多いこと… それは間違いです 多少 正しくないクラブ扱いまで容認すると フェースが右を向いていることよりも (ある意味 同じよう......続きを読む»

<最近のジュニアゴルファーに物申す>

ちょっと一休みしたいので HPから持ってきました   すんません!    異議・反論 お待ちしております  そして現在ご自分のお子さんにゴルフをやらせている方が これを読まれてお怒りに成られるかも知れません。ごめんなさい…  あくまでも私個人の経験と意見ですので該当されない方も いらっしゃるとは思いますが書かずにいられない状況なので  ご了承下さい。  お気づきだと......続きを読む»

不可抗力 とは

このブログに関連する中によく使われる言葉です。 辞書を引いてみると   人間にはアガナエナイ、逆らえない力 一般の事を指します この言葉は 保険用語や法律用語 不動産用語に中にも 頻繁に登場します。  そして この言葉の反対と言う意味では無く 対になる言葉が   「仕方がなかった」 というのがあります。 車の運転中に頻繁に起こる事ですが 車がカーブに差し掛かりま......続きを読む»

ス タ ン ス

スタンス  実は初歩の初歩にも癖が隠れている 多くのゴルファーを見てきた  現在ハミングバードには 〇千人の会員がいて   多くの方がHPやこのブログを見ている   その大多数の方が 自分の動きの都合の良さや  単なる勘違いから 一番初歩の動き スタンスを間違えている スタンスは ショットをする際に 一番初めにする動き ショットをする際の 自分の番の合図みたいなモノ 実......続きを読む»

雑記

僕が何故 こんな方法を考え付いたか  僕の経歴は皆さん ご存知でしょうし   店の経歴も昔の「チョイス」に出ていましたよね    そこら辺は すこし省きましょう… 同時に 色々なことを考えてしまう まるで オムニバスのような思考回路があるようです  だから 自分の作るクラブのセッティングやこの鼓笛隊打法についても 肯定論ばかりでなく 否定論や改善方法も常時 本当に常......続きを読む»

秀 一 君 の ゴ ル フ 日 記

(下ネタでも投稿でもありません)  俺 首都圏に住む システムエンジニア  現在 34歳。 仕事は忙しい割には 給料はイマイチかな ゴルフなんて 爺くさいスポーツって 馬鹿にしてたけど    やってみると 結構ハマるんだよね ゴルフ歴6年 彼女もいないし 会社の仲間の誘いで始めたんだ  学生時代もあんまり運動していなくても 出来そうだったし…  始めてから一年位......続きを読む»

投稿レポート 全英オープン編

ワトソンのスイングをテレビで見ていて、 トップからのラインにもうっとりしましたが、 さあ、 何人が 彼がヘッドを振っていないことに 気づいたでしょう 石○君のスイングも 頼んでいないのに何回も映されていましたが、 最近は グリーンの方向に体を向けてボールを打つのが主流なんですね たしか、パッティングでは  ストローク方向に対して 正面向いて打つのはルール違反  だった......続きを読む»

ヘッドは振るの 振らないの

このブログやコメントの中で  ヘッドやシャフト、クラブを振らない と言う言葉が出てきます この意味について 少し解説しておきましょう ゴルフクラブはグリップエンドを左手、その人こぶし先を右手が握ります。 特別な場合を除き ボールを打つのにその両手は離しません。 人間がボールを打つ行為を真上から見た所を想像してみて下さい クラブを握っている手 それは体の身の部......続きを読む»

ドリアンって食べたこと あります?

続きです。 今回の「鼓笛隊打法」 および 新「悶絶クラブ」 ものすごく 核心を突いている なぁ と思わされるのが 実は 体験された もしくは すでにお持ちの  お客様からの声 なのです。 弊社にご来店したことの無い  悶絶系のクラブをお持ちでない方には   このブログ および このブログ関連のHPやブログ は    多分 何がなんだか分からないと思います。 Kさんのブ......続きを読む»

もっこ△頭

笛隊挑戦日記 体と頭が一致するイメージがないので、 リズムは全く変というか反発しあっているかのように スイングしようとすると止まってしまいます。  しかし元からある課題は、鼓笛隊によってはっきりと見つかったようです。  フェースローテーション以前の問題を、悶絶クラブが解決してくれるのか、 自分で変えることが 早いのか、まだ無理なのかはわかりませんが、 最後のチョイス......続きを読む»

ミスターワトソン… 悔しかっただろうなぁ

 ごめんなさい 今年の全英オープン 僕は一切見ていません。 元々 テレビはサッカー以外一切見ませんが 春先よりあまりの忙しさにパソコン以外の画面を見たことがありません… でも 何故か 沢山のメール お電話を頂き 内容・結果を知りました。 まるで 僕がワトソンのマネージメント会社の社員みたいに・ ワトソン・ニクラウス・トレビノ などなど その当時の選手は今とは全く違うクラ......続きを読む»

ゆりかご地獄

最近 流行りのパターの動き(方法)は   前傾を大きく取り 目の下あたりのボールをセットし    両腕を イヤイヤ のように左右に揺さぶる「ゆりかご」の動きである クラブは振り子の「ように」使う という大きな間違いから始まっている レッスンプロや雑誌のパターの振り方でもそう誤って紹介されている その動きは ある意味 腕の揺さぶりでは無く  肩甲骨を交互に揺さぶることに......続きを読む»

続編 今度は丸坊主? たまにします

前回のお客様より 嬉し恥ずかしラウンドレポートです 今日は試運転ラウンド、うわさの飛ばしやクンと一緒。  ちょいと意識しすぎて、しょっぱな左にOB グリーンに近づけば近づくほど安定感は増すけど あまりの暑さに頭がボーとなったときに フルショットでは無重力感覚を感じるセンサーが逝かれての ミスショットは結構ありました。 ミスが半端じゃないのも思い知らされた次第。 ......続きを読む»

脱帽?  僕は坊主です

脱・力・オ・ヤ・ジ・さ・ま 江 ハードスペックの引退勧告を確認すべく、 今朝届いたNewアイアンで午後は庭先で 全番手を軽く慣らしで3~10Yドリル、 いきなり アプローチ名人 へ変身。 夕方には練習場へ、異次元感覚を存分に味わう。 オヤジさん こりゃまた更にヤバイですよ 自分ですることは切り返しまで。 ここまで如何に無重力状態を維持するかで 全てが決まります。......続きを読む»

1 3

ブロガープロフィール

profile-iconhummingbirdsporte

世のゴルフクラブの流れと逆行し 重た~いヘッド 軟らか~いシャフト 短いクラブ ロフトの寝たクラブ という「あまのじゃく」を地で行くヘンテコリンなオヤジ   海水魚飼育と尾崎亜美をこの上なく愛するメタボなオヤジが書く ゴルフの道です
  • 昨日のページビュー:442
  • 累計のページビュー:1300553

(12月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ある「プロゴルファー」の言葉
  2. 外国での日本人選手
  3. 太平洋マスターズ
  4. シャフトのしなり戻りで打つ なんて大嘘
  5. 【ゴシップ記事】 です
  6. 軽量スチール撲滅主義
  7. キャディでの体験記
  8. トーナメントを見て
  9. ”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2
  10. ジャンボ尾崎 エージシュート

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss