ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

ゴルフクラブ

ゴルフクラブの未来

ゴルフクラブとゴルフスイングは 双方、とてもよく出来ています。 スイングは兎も角、ゴルフクラブのその形状は ほぼ完成品と言って良いでしょう。 それがドンドン壊れる方に進み始めています。 例えば 昨今 ティーアップした。。。空中にあるボールを打つこと それだけを考えたゴルフスイングが主流になっています。 ティーアップし、その分、ボールをやや左に置くので 意識せずとも 微妙な上がり軌道 かすかな......続きを読む»

ミスショット原因はクラブ「セッティング」です 前編

アマチュアゴルファーの殆ど。。。 ほぼ全員と言って良い人が気付いていません、 知りません。 確かに ゴルフにおいて、現場で 精神的な理由や状態、スイングの問題、 アドレスの問題等 ミスを誘発する原因はあります。 しかし、結構な頻度(かなり高いと思います)で ゴルフクラブ… ゴルフクラブ単品ではなく、 クラブのセッティング、組み合わせの悪さによって ミスが起こっているのです。 練習場と違......続きを読む»

ゴルフスイングとバンス、ソールの関係

リンクテキスト 現在、世の中で主流になっている 手でクラブを丸く振る打法(スイングプレーンなんちゃら) であると、 スイングの最下点はボールより手前になるんです、必ず。 でも、ややこしいことに それを 上に向かって振るので、バンスの大きいウエッヂや ソールの奥行きの長いフェアウェイウッドは 敬遠されることになります。 ユーティリティクラブが全盛なのも そのせいだと思うんです。 右サイドを......続きを読む»

L型ブリストルパター 体験記

L型ブリストルパター 体験記 お世話になっております。 L型ブリストルパターのコースデビューしましたので 報告いたします 店長さんの言われる通り、 とてもインチキな代物😃で 今まで数十本のパターを買い替えてきたのは いったいなんだったのか…と思います。 ブログに書かれていたことが気になったので ボールの転がりを集中して観察してみました。 今まで気にしてみたことが無かったのですが、 ......続きを読む»

弊社オリジナル 軟鉄鍛造アイアン『HBS-16』

HBS-16 アイアンの発売と共に ウッド・アイアンシャフトともにリニューアルしています。 多くの方の感想は使う前と真反対… 以前のバージョンよりも 重いヘッドになり 柔らかいシャフトにしています。 5年位前の弊社で作れた一番柔らかいドライバーの数値よりも 遥かに低いアイアンの数値で作られた方もたくさんいらっしゃって ヘッドの重さも伴ない 5番アイアンで140cpm を切るようなモノもあ......続きを読む»

ゴルフクラブ シャフトの取り扱い説明書

多くのゴルファーは シャフトはしならせて・しなり戻して使おう と思っているようです。 ところが よく考えると その使い方には不可思議な点が多く 成功することはほぼ稀な偶然狙いなショットになります。 ①ゴルフクラブは 角度が重要です。 ゴルフクラブの構造上、 ある一定方向だけにしならせることは不可能で しなりには ねじれがついて回ります。 ゴルフクラブの構造上、ねじれには フェースの向きや ロ......続きを読む»

ゴルフクラブ✊パターのロフトの理由

ゴルフクラブ✊パターのロフトの理由 リンクテキスト パッティングもショットです。 そのはっきりした根拠はパターに表れています。 パッティングは基本、ボールを転がす、 地面を這わせてボールを移動させます。 転がすだけであれば パターには ロフト角度は要らず ロフトは0度で良いでしょう。 いま 主流になっているショルダーストロークであれば 逆に マイナスのロフトでも良いでしょう。 シ......続きを読む»

ゴルフ◆スクエアグリップのすゝめ

リンクテキスト グリップを『正しく』『美しく』握るは アドレスの姿勢やスイング、 特にテークアウェイの初期動作を決めてしまう。 グリップする際、フックに握るか、そうでないか 問われることが多い。 最近では左だけをフックに握り、右はスクエア というやや変則的なグリップが主流になりつつあるが まず 気にして欲しいのは グリップの上下離れ「距離感」だ‼ グリップは基本的に右手の方が遠い......続きを読む»

飛距離の伸ばすのはバンスの使い方次第

多くは語られないけれど 実は 「飛ぶウエッヂ」 というのは バンス角度やバンス幅のあるウエッヂのことを指す。 ウエッヂって飛ばすものじゃあない…と言うけれど ウエッヂが飛ばせなくては 実は いけない の。 なぜならば 自分のドライバーショットで距離を伸ばすのに 例えば 狂信的に信じられているヘッドスピード論で言えば 15ヤード増やすのに  少なくとも ヘッドスピードを4~5ms 増やさな......続きを読む»

シャフトが走る?!

シャフトを走らせる・・・ まあ 慣用句としては分かりますが それをその 言葉の通り行おう とするのは クラブの機能を壊すだけでなく その使い方はからだをも痛めてしまいます。 クラブ、特にヘッドが移動するのは 打ち手が動作によってグリップが移動するからです。 素早く移動する、動くのを「走る」という表現にするのなら 「クラブが走る」と言う方が正しいでしょう。 一般的に言われる「シャフトが......続きを読む»

L型ブリストルパターのシャフト

L型ブリストルパター(進化版)についての 多くのお問い合わせを頂き、ありがとうございます。 シャフトについて 尋ねられることがあるので それについて書いてみます。 パターに限りませんが、 シャフトの素材の スチールとグラファイト(カーボン) この二つには実は何の違いもない と言えます。 割と固定観念が強い のか パターやウエッヂなどは 重量が重くなるスチールの方が良い と考えている人がい......続きを読む»

『ゴルフクラブのフィッティング』 クラブからの影響

ショットやスイングの悩みは あるクラブセットの中に、一本違ったものを 入れた時に起こり易くなります。 リンクテキスト まあ よくあるパターンでは アプローチが上手く行かないから ウエッヂだけを入れたとします。 おそらく ウエッヂだけを変える場合、 多くはバンスの少ないウエッヂを買います。 ロフトを寝かして、開いて打ってスピンをかける なんていう事を考えたりしますから 単品では そのウ......続きを読む»

「◆ショットの悩みとクラブの密接な関係」

一般的なスウィングの悩みの始まり もしくは、新たな悩みの始まりは クラブが原因であることが殆どである 例えば、市販のクラブセットを持っており ユーティリティクラブやドライバーを 一本だけ買い足す、もしくは買い替えたりすると  そのクラブ単品が 他のセットと何かの部分 例えば ヘッド重量の割合だったり 重心距離だったり シャフトの硬さ(ココの原因が一番多い)だったり ここに違いがあると いくばくか......続きを読む»

ゴルフクラブ◆硬いシャフトでは機種による重心距離の違いはミスの元

一般のアマチュアの9割以上が使っている 硬いシャフト、要は撓らないシャフトを使うには ふたつの条件をクリアしなければなりません。 1.シャフトをわざとしならせた時、インパクトのタイミングまでに それを 元の姿勢まで戻してこれるのか 2.その過程の中で、どの位 ボールの内側シャフトを通すのか  ➡ヘッドの打点は重心位置に近く、それはシャフトから重心距離分だ け離れていますから、シャフトを直に......続きを読む»

軽いヘッド 硬いシャフトのクラブの行く道

46インチのドライバーも普通になりつつある現代 軽いヘッドのクラブは時限爆弾とも言えます。 内部事情で言えば、 チタンのドライバーヘッドの場合、 色々な製造手法はありますが、 だいたい ヘッドのコストは似てきます。 ところが、シャフトの場合は少々異なります。 繊維質のモノですから、良い繊維を使えば それは何百本の繊維、何千本の繊維になりますから その差は、コスト差は、かなり開きます......続きを読む»

軽いヘッド 硬いシャフトのクラブの行く道

46インチのドライバーも普通になりつつある現代 軽いヘッドのクラブは時限爆弾とも言えます。 内部事情で言えば、 チタンのドライバーヘッドの場合、 色々な製造手法はありますが、 だいたい ヘッドのコストは似てきます。 ところが、シャフトの場合は少々異なります。 繊維質のモノですから、良い繊維を使えば それは何百本の繊維、何千本の繊維になりますから その差は、コスト差は、かなり開きます。 現代の......続きを読む»

ドライバーを買い替える前に…✊ゴルフクラブ

一般的な市販のクラブを持っていて  ドライバーを買い替える場合 少々考えなくてはならないことがあります。 リンクテキスト 市販のアイアンセットの多くは  軽量スチールと小振りな軟鉄ヘッドです。 問題はこの噛み合わせです。 スチールだから悪い、小振りだから悪いのではなく スチールシャフトの特性を知っておく必要があります。 スチールシャフトは単一の素材の為、 ヘッドの装着される細くなる......続きを読む»

ゴルフ◇クラブ調整

ライ角度やロフト角度など 調整やフィッティングの仕事がたびたびあります。 ボールがつかまらないや 左に引っかかる など症状は色々だと思いますが、 軟鉄のアイアンだから 物理的には調整は簡単です。 1セット 調整だけなら30分もかかりません。 ですが、その症状がライ角度やロフト角度のせい とは限りません。 ご依頼の際は ✋スイングや総合的なクラブ診断は抜きに  単に ライ角度・ロフト角......続きを読む»

『ゴルフクラブフィッティング』✋ウッドとアイアン

もう アイアンにスチール・軽量スチールが定着して 10年は経つでしょうか。。。 45インチのドライバーと 38インチ(5番アイアン) この長さから計算すると 二つのシャフトの硬さの違いは 振動数で言うと 30cpmが最大 基礎になる硬さ帯にもよりますが 20cpm程度の違いが使いやすい長さ分の差 でしょう。 多くの市販のクラブのセッティングのデータを取ると 殆どケースが ドライバーは そこそ......続きを読む»

ミスショットの原因は「クラブセッティング」

多くのゴルファー、お客様のゴルフクラブを見てきました。 クラブ持参でご来店されれば、基礎的な計測をします。 リンクテキスト 市販のクラブの代表的な例がこんなところです。      長さ   振動数(cpm)  1W   45   233 3W   43   258 ←ドライバーとは違う機種 5W   42   255 UT#4 40   278 5I    38   292 ←アイアンは基......続きを読む»

1 3 4 5 6 7 8 9 29 30

ブロガープロフィール

profile-iconhummingbirdsporte

世のゴルフクラブの流れと逆行し 重た~いヘッド 軟らか~いシャフト 短いクラブ ロフトの寝たクラブ という「あまのじゃく」を地で行くヘンテコリンなオヤジ   海水魚飼育と尾崎亜美をこの上なく愛するメタボなオヤジが書く ゴルフの道です
  • 昨日のページビュー:326
  • 累計のページビュー:1291658

(11月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ある「プロゴルファー」の言葉
  2. 外国での日本人選手
  3. 太平洋マスターズ
  4. シャフトのしなり戻りで打つ なんて大嘘
  5. 【ゴシップ記事】 です
  6. 軽量スチール撲滅主義
  7. キャディでの体験記
  8. トーナメントを見て
  9. ”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2
  10. ジャンボ尾崎 エージシュート

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss