ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

ゴルフ雑記

ベンホーガンについてのお話し

シャフトとスイングの変遷 あの偉大なるベン・ホーガンに対し、 異を唱えるのだから少々心苦しいが、 クラブヘッドの形や構造・重量配分を考えると  単にスチールシャフトになり許されるようになったとは言え、 スウィング中にクラブをねじり、 ヘッドを開いたり、閉じたりする動きは練習頻度の少ない、 運動能力の低い我々アマチュアにはあまりにも複雑で、 物事の法則に逆らっている。  アマチュアには......続きを読む»

ゴルフスイング◆ロブショットって知ってますか?

一般的な「飛距離不足」のメカニズムとは どういうことなんだろう。 それはこういう事なのです。 ロブショット…ってわかりますか? グリーンは目の前にあるんだけど 木があったり、グリーンがすごい傾斜だったり と どうしても 距離に対してとても高い弾道や特殊なスピンを 必要とする場合に行う まあ本当に特殊なショットです。 遊びのギャンブル的な感じで ロブショットをするのは楽しいですけど、 スコ......続きを読む»

ゴルフは「ゴロ」フ

青木御大の言葉ですね。 パッティングやアプローチで アマチュアが気付いていないことの一つに 距離の勘違い があります。 上り下りを割愛して話をすると 真っ直ぐのライン、曲がりのライン 直線でのカップまでの距離を 3mとすると 真っ直ぐのラインの距離=道のり=3m ですけれど、曲がるライン と言うのは 曲がりの幅に応じて、ですけれど それよりも長い道のりを移動するのです。 余程ポテトチ......続きを読む»

ゴルフ◆この季節になると…

昼間、好天の日でも 半袖 って訳には 行かなくなりました。 気温もちらほらと 10度台前半もあります。 ここら辺の気温になってくると シャフトの硬さが表に顔を出します。 残念ではありますが、人は年々古くなります。 馬力というか、持久力というか 薄く、薄くではありますが 年々 落ちていくモノ。。。 つかまりが悪くなりますと 結果として、球筋がばらついてきます。 捕まえようとして 引っ掛け、フッ......続きを読む»

ゴルフグローブのお話し

コメントにもありましたが 手のマメのお話^^ 鬼のような練習量があれば それはそれで出来てしまうのかも しれませんが、まずシンプルに用具でマメは防止出来ます。 まず 手に汗をかいて 手袋がかなり湿ってきたら 乾いたものにローテーションしてください。 何枚かでローテーションすれば そこそこの球数打っても マメを作らずに済みます。 次に 多くのゴルファーがそうですが 大きいグローブを使い過ぎです......続きを読む»

◇風によるショット(弾道)の影響

風というのは自然の中で行われるゴルフという遊びでは 切っても切り離せない関係にあります。 風はあまり有りがたいと言えないかもしれませんが きっと役に立つ…かも知れません。 風速5mをしましょう。 風速5mは 風速 3.4以上5.5未満 (風力3、軟風) 木の葉や細かい小枝絶えず動く。軽い旗が開く。 風速5.5以上8.0未満 (風力4、和風) 砂ぼこりが立ち,紙片が舞い上がる。小枝が動......続きを読む»

ゴルフはゴロふ

冒頭の記事題名は 某青木御大の有名な言葉ですねー♪ パッティングやアプローチ 勿論 通常のショットに関しても言えますが ショットで一番大切なのは 出来るだけ安定して「一定の距離」を打とう とすることです。 ミスショットは仕方ありませんが、 方向よりも 一定の距離を打つこと がより優先です。 そのためには 出来るだけ無駄な球の高さは避けた方がよい  と言うのも一つのアイディア です。 おなじ......続きを読む»

重要です✋スタンスチェックしましょう!

スイングに悩みが発生したり、問題が起こったら 必ずここに戻ってください。 まず ボールの位置ですが ボールの前面が左の脚の踵付近 これが基本です。 これは持つ番手やクラブに関係なく この位置を維持しましょう。 クラブの長さによって変わるのは 右靴、右足の位置であって 左靴とボールの関係は一定にします。 ドライバーなどティーアップしたものを打つ場合 そのティーアップ分を目安に その量分だけさ......続きを読む»

女性の初心者のおはなし

弊社のお客様の奥様…のお話し^^ リンクテキスト 女性ですので年齢は明かせませんが… お子様は成人されていると思います。 旦那様にお付き合いして 練習場には行っていたようですが、 (行ったことがある…程度です) 自分専用の『ゴルフクラブ』を作って 本格的にゴルフを始めたのは 昨年 です。 グリップ…、アドレス…、から始めた状態で。 始めたころは乗り気ではなく 嫌々とは言わないまでも、お付き......続きを読む»

ゴルフスイング◇素振り

家での素振り だけでなく コースで 絶対に やってはいけない 練習や素振りの一例を。。。 ゴルフスウィングが 土星の環 のように 体の周りを 傾いた円 をクラブによって 形成して見える のは  スウィングをする基本姿勢に前傾姿勢があり それが 向きを変える訳です。 ですから クラブと上半身の関係は 殆ど変らず、特に上半身に対し横方向の 右胸~左胸 程度の 動き。。。というよりは ズレ があるだ......続きを読む»

ゴルフクラブ◇反発係数こぼれ話 ロフト角度の経緯

チタンも含めたメタル系のドライバーの 一般的なロフトは 9.10.11度・・・ そこに行きついた経緯のお話。  ( ゚Д゚) ( ゚Д゚) ( ゚Д゚) ( ゚Д゚) リンクテキスト 通常のショットでは ボールはその歪み、その復元に打撃のエネルギーの 3割前後も消費してしまう。 反発係数とは ボールの歪み率と出来るだけ近くなる構造や素材で ボールを打撃するとボールの歪みが抑えられ、 エネ......続きを読む»

ゴルフスイング◇日本人選手の一番の苦手

この5年位の選手はわからないけれど 大きくは変わってないと思います。 スイングを見る限り おそらく違いはないでしょう…。 飛距離…においては 確かに体格の違いや 過去のスポーツ経験などから 差があるのは確かですが、ゴルフはそれだけではないので どうにでもなる筈なのです. 日本人選手が欧米の試合に出て 一番苦しむのは『アプローチ』です。 リンクテキスト 芝質の違いもあります。 日本に比べ......続きを読む»

ゴルフショット◇傾斜地からのショット

あるプロアマ戦の最中、 某何とか機構の会長である御大がボソッと 「コースには平らなところは一か所しかないんだよな、  でも、そこから打てねえんだよ。」 と言っていたのを思い出しますが、 コースの中の平らな場所っての言うのは 穏やかな時の「水面だけ」です。 でも忍者じゃあない限り、そこから打つのは確かに不可能…。 リンクテキスト グリーン周りのような短い距離であれば 何とかなったりしますが、 1......続きを読む»

ゴルフショット◇スライス考察

スライスが一概に悪い とは言えません。 弾道に 横回転ゼロはほぼあり得ません から 左、もしくは右の回転のいずれかが必ずついて回り、 単に ゴルフクラブの構造上、右回転の時は 大きなロフト~ロフトを開いて打ってしまっている ケースが多いので  スライスが好まれていないに過ぎません。 とは言うものの それも含め スライスは誤解されている スライス抑制も誤解されているので 正しい認識が必要です。 ......続きを読む»

ウエッヂショット◆スピンは溝では増えません‼

ウエッヂだけでなく 殆どのゴルフクラブの打面、フェース面には 溝が切られています。 (その溝の形状などはルールによって制限されていますが  そのルール設定の本当の理由は謎…です) その溝が ウエッヂショットにおいて スピンの量や質に影響を与えるか? というのと 答えはNO です。 ✋ドライで クリーンヒットした場合においては その溝、溝の形状、本数 などは スピンに対し ほとんど何の影響も与......続きを読む»

スピンを効かせようとしてロフトを寝かして打ってはいけない!

アプローチショットで「スピンが効く」 「着弾時、ボールの回転によってブレーキがかかる」 というのはスピン量の「多さ」でかかる訳ではありません。 リンクテキスト 他の遊びで例えるのならば ボーリングのストライクは そのボールスピードだけやスピンの量で決まるのでなく コースやスピード、スピン、スピンの質など それぞれに最適解があるのであって なにか!だけで決まる訳ではないでしょう。 それと同じです。......続きを読む»

ライ角度〇ゴルフクラブ

ライ角度って単純には ソールとシャフトの角度差と憶えてください^^ ゴルフクラブには 「うまく打てないのは長いから」 とか これ=これ というのは大変少なく 結構、複合して要素が絡み合います。 アップライトなクラブ ⇒ スライスしにくい  もしくは右に行きにくい というのは間違ってはいません。 いませんが、ある程度短期的な要素も含まれていて それを防止するために、過度なアップライトなクラブを ......続きを読む»

🌟重要🌟 スイングと曲がり/横回転の関係②

今流行りの ヘッドターン、クラブを振る振り方だと その軌道とフェースの向きに法則が生まれません。 一定の法則がないので インサイドから入れても どスライスになったり アウトサイドから遅れて入れても やはりスライスなったり ボールの横回転の基準になる ヘッドの軌道すら 毎回毎回バラバラになり易い上に それに対するフェースの向きに一定の関係が存在しないので 同じような弾道を繰り返し打つことが出来ません。......続きを読む»

🌟重要🌟 スイングと曲がり/横回転の関係①

アマチュアゴルファーの願望として 飛ばしたい と共に 安定した球筋を打ちたい と言うのがあります。 特に 右に曲がる 右回転/スライス系 左に曲がる 左回転/フック系 これを安定させたいと願っています。 今回は横回転についてお話しします。 ちょっと難しいかも知れませんが、 とても大切な事です。  質問・コメント・相談等どんどんして下さいませ✌ hummingbirdsports@jcom.ho......続きを読む»

ゴルフ◆現場へ出た時の注意点

素振りもし、練習場にも通い いざ コースに行くとなかなか上手くいかない まぁ、だからこそゴルフが楽しいんだけれど コースでのミスショットの原因を 7割近く削ることの出来る2点を覚えてほしい。 何度も繰り返していることではあるけど 「基本」とも呼べることなので それがスタンダードになるまで 繰り返し意識すると、かなり効果あります。 ①アドレスの向き 疲れてきたりすると注意力も散漫になったり 右利......続きを読む»

1 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

ブロガープロフィール

profile-iconhummingbirdsporte

世のゴルフクラブの流れと逆行し 重た~いヘッド 軟らか~いシャフト 短いクラブ ロフトの寝たクラブ という「あまのじゃく」を地で行くヘンテコリンなオヤジ   海水魚飼育と尾崎亜美をこの上なく愛するメタボなオヤジが書く ゴルフの道です
  • 昨日のページビュー:388
  • 累計のページビュー:1301254

(12月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ある「プロゴルファー」の言葉
  2. 外国での日本人選手
  3. 太平洋マスターズ
  4. シャフトのしなり戻りで打つ なんて大嘘
  5. 【ゴシップ記事】 です
  6. 軽量スチール撲滅主義
  7. キャディでの体験記
  8. トーナメントを見て
  9. ”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2
  10. ジャンボ尾崎 エージシュート

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss