ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

スウィング改造

ゴルフスイング◇スタンスチェックしましょ‼

スイングに悩みが発生したり、問題が起こったら 必ずここに戻ってください。 まず ボールの位置ですが ボールの前面が左の脚の踵付近 これが基本です。 これは持つ番手やクラブに関係なく この位置を維持しましょう。 クラブの長さによって変わるのは 右靴、右足の位置であって 左靴とボールの関係は一定にします。 ドライバーなどティーアップしたものを打つ場合 そのティーアップ分を目安に その量分だけさ......続きを読む»

ゴルフスイング ⛳ 『悪癖』

ゴルフ、ゴルフスイングの話の中で よく「クセや悪癖」という単語が出てきます。 私個人が感じる 多くのゴルファーにとっての『最大の悪癖』 ゴルフスイングにとっての最大の問題点は、 『からだ』という部位、箇所がどこなのか 分かっていない というコトです。 ゴルフのスイングの話、レッスンの中で 嫌というほど、飽きるほど『からだ』という言葉が 出てくるのに その場所があいまい、 もしくはどこかわからな......続きを読む»

ゴルフスイングの常識/非常識 シャフトをしなり戻して打つ

シャフトをしならせ、しなり戻して打つ と信じている人が幼稚なのか 自分の頭で考えないで 単なる受け売りなのか は定かでありませんが シャフトをしならせるのも、しなり戻すのも どちらにしても 大幅に グリップの移動に比べ ヘッドの移動を増やさなければなりません。 自分の体の回転、胴体/骨盤の向きの変更によって グリップを移動させることをスイングの土台に している人にとっては不可能に近い方法です。......続きを読む»

ゴルフ/逆転の発想 ヘッドはグリップを追い越さない

多くのアマチャアゴルファーは テレビやビデオなどで見る動画・映像を元に 自分のスイング、スイングイメージを作っていく。 そして、定番になっているゴルフスイング用語などが それを塗り固めていくことになる訳だ。 結果論…であえて言えば 右ひじの使い方に対し、左ひじが突っ張っているので 動作全般の進行方向の 左の、 前に当たる左腕が 突っ張っているので 上に逃げているの 理想からすれば 打ち......続きを読む»

ゴルフスイングの特効薬

飛ばない とか、 スライスが治らない とか、 安定しない とか、 腰が痛い、肘が痛い など スイングの悩みはたくさんありますが 正しい「右向き」が一番効きます! 『正しい』右向き とは 骨盤、股関節から上の胴体が 出来るだけ捩じられず、ひねられず しっかり右を向くコト です。 骨盤をしっかり右に向けて下さい!  ☆ちゃんと「右向きをつくるため」の    幾つかの チェックポイント です。 ❶......続きを読む»

いまどきの『スイング軌道』論

ゴルフ雑誌やゴルフレッスン、ブログなどで スイング軌道の話は大量に登場してきます。 あまり言いたくはありませんが、 ほぼ全部の内容が芳しくなく、受け売りに過ぎません。 言っている人、書いている人が スイング軌道の基本を全く理解していません。 私もスイング軌道について 多く書くので とても大切なコトのようですが、 スイング軌道は手段、 ボールを飛ばしたり、似た球筋を打つ為の手段で スイン......続きを読む»

基礎のクラブの動かし方

多くのスイングを見ていて 一番気になるのは 多くの人が 『インサイド』から ボールを打てていないないコト …です。 インサイドそのものが存在しない人もいます…。 その多くのケースは ①インサイドから打つ時期を逸している のと、 ②始めからインサイドから打つことが出来ない の 複合です。 それにはスイングの軌道というものを ちゃんと理解する必要があります。 スイングは ボールに正対した正面の......続きを読む»

シャフトのしなりと関節の痛み

シャフトのしなり…というゴルフ用語があります。 長い棒の先に重さの集中しているゴルフクラブの構造上、 結果として シャフトがしなるのは仕方ない でしょう。 しかし、これを意図的に、技術として行うのは 色々な意味で大変危険で、無意味な行為です。 リンクテキスト ゴルフクラブは先端に付くヘッドという打撃物の 重量の中心点が テニスのラケットや野球のバットのように その棒の延長線上にありません。......続きを読む»

ゴルフ 逆転の発想◆フェースを閉じる=体を開く なんです

これ ものすごく勘違い しています。 ゴルフクラブという機能を無視して 動作や体の動きばっかり 考えている結果の とんでもない「定説」なんですが。。。 先に少し前置きを。 ゴルフのショットで スライス(右)、フック(左)の回転が ボールの入ってしまうのは 自分の動かしてきた軌道に対しての フェースの向きの関係です。 厳密にする必要もありませんし、 自分が打つ時に頻度良く だいたい似たようなも......続きを読む»

ゴルフスイングの「その」概念を壊せ

ゴルフスイングの「その」概念を壊せ スイングを良くしていくうえで 重要になるのは「スイングはこういうもの」という 観念のというか、概念の変更だと思います。 その概念を「更新」していくのには 理屈上の「納得」がとても有効になるでしょう。 スナップショット 2 (2015-04-14 13-48) スイングは 傍から見ると 円を描いています。 その円を描いて見えるのは クラブ自身を動かし......続きを読む»

ゴルフスイング◇切り返し

ゴルフスイング用語には 『切り返し』というものがありますが、 時期…で言えば テークバック➡トップ➡ダウンスイングの初動 を指すでしょう。 これを多くの方は 『動作』とも認識していますが、 ハミングバードはそれに賛成できません。 スイングには そんな『動作』はない! と考えています。 『切り返し』を動作にしてはいけない と考えています。 切り返しを動作にしてしまうと トップオブスイング付近で ......続きを読む»

ゴルフ◆現場へ出た時の注意点

素振りもし、練習場にも通い いざ コースに行くとなかなか上手くいかない まぁ、だからこそゴルフが楽しいんだけれど コースでのミスショットの原因を 7割近く削ることの出来る2点を覚えてほしい。 何度も繰り返していることではあるけど 「基本」とも呼べることなので それがスタンダードになるまで 繰り返し意識すると、かなり効果あります。 ①アドレスの向き 疲れてきたりすると注意力も散漫になった......続きを読む»

ゴルフスイング◆インパクトロフト

理想的なインパクトロフトとは… 言葉で言うと、入射角度 *ヘッドの入ってくる角度…旅客機が着陸してくる角度 その入射角度分(以上)、ロフトが立っていること ですけれど その角度を手首や肘、腕周り で作ってはいけません。 良くも悪くもロフトを 一番大きく動かしてしまうのは 両肩~上半身のラインです。 ですから、ロフトに関して インパクト、という動作中、動いている最中で 時間としては一瞬しかない......続きを読む»

ゴルフ⛳ロフトを立てる~ボールを潰す

ドライバーも同じなのですが、 分かり易く言うところの「アイアンショット」で ロフトを立てる ☞ どういうことなのでしょうか? 2388c2a5 これはドライバーショットの「飛ばす」にもつながります。 最も多く、最も誤っているケースは フェースを回転させ、ロフトを閉じる ことです。 このスイングでは それ以前に、いったんロフトを開いていますから 開いて~閉じる という全く無駄な行為をしています......続きを読む»

ゴルフショット■飛ばす&飛ばない

ゴルフの魅力の一つに『飛距離』があります。 多くのゴルファーは 飛距離➡ヘッドスピードと直結してると思っていますが それは間違いです。 色々な条件がイコールであるのなら それはヘッドスピード次第となりますが 多くの人はヘッドスピード自体を出すためのヘッドスピード 飛距離を出すためのヘッドスピードになっていません。 そして重要なことは 飛距離を目指したクラブの使い方は 同時、安定性、方向性も両......続きを読む»

隠れキャラのディッシュアングル

ショットの安定度 似たようなショットを繰り返す というメカニズムは トップからインパクトに向けての経路 一番高い位置から  ヘッドの下降中にインパクトを迎えられるのか、どうか、 に掛かっていて それは元来、体の回転と前傾姿勢によって もたらせるものです。 多少の入射角度のブレは 大きく弾道・球筋・距離を変えませんが 手でヘッド軌道作るスイングでは 下降中ではなく、上昇中のインパクトも起こってしま......続きを読む»

ゴルフ◆ダフリ と トップ のメカニズム

意味不明に感じるかも知れませんが、 少々噛み気味(厚めに当たる)になるものを除けば、 ゴルフショットの「ダフリ」というのは ボールにヘッドが届きすぎている と考えるのは大きな誤解です。 ドライバーショットで 10センチも手前を ダフってしまっているのは 実は ボールに届いていないのです。 ボールに届いていない という言葉は 単にヘッドとボールの上下関係 高さの違い を連想させますが、 「届く」......続きを読む»

スイング軌道の呪縛

重複する内容にはなりますが、 頭のトレーニングとして重要な部分です。 多くの人は スイングを治したり、 スライスを修正するのに スイング軌道を考えていますが それは ヘッドの道のり/軌跡を指すものではありません。 スイング軌道というのは『時期』を指します。 インサイド というのは 体が右を向いており 左右の体で 左サイドが低い時間です。 アウトサイドというのは 体が左を向いており 左右の体の......続きを読む»

ドライバーショットとアプローチショット

ドライバーショットとアプローチショットは 実は非常に密接な関係にあります。 ボールがグリーン上で止まる、止まらない は別にして アプローチショットの最大の目的は 「その距離をうつこと」です。 目的のその距離を打つのには ボールがグリーン上で止まる と言う条件の上では 出来るだけ ボールの飛ぶ放物線(飛球軌跡)と 「打つ目的の距離」が似ている方がいい。。。つまり、 必要最低限の高さにしておくことで......続きを読む»

ゴルフショット◇ディッシュアングルは方向に多大な影響を与えます

あきらかなミスショットを除き 多くのゴルファーは ショットの方向のミスを 小手先というか、フェース面の向きだと認識しています。 結果…としては確かにそうなのですが、 それは『小手先』が理由ではありませんし、 もしも それが小手先だったとしても ドライバーであれば  ボールとヘッドの接触時間は 1/3500秒  0.0003秒  …ゼロに等しい時間なのですから それを小手先で管理し、繰り返すのは不可......続きを読む»

1 3 4 5 6 7 8 9 17 18

ブロガープロフィール

profile-iconhummingbirdsporte

世のゴルフクラブの流れと逆行し 重た~いヘッド 軟らか~いシャフト 短いクラブ ロフトの寝たクラブ という「あまのじゃく」を地で行くヘンテコリンなオヤジ   海水魚飼育と尾崎亜美をこの上なく愛するメタボなオヤジが書く ゴルフの道です
  • 昨日のページビュー:411
  • 累計のページビュー:1292068

(11月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ある「プロゴルファー」の言葉
  2. 外国での日本人選手
  3. 太平洋マスターズ
  4. シャフトのしなり戻りで打つ なんて大嘘
  5. 【ゴシップ記事】 です
  6. 軽量スチール撲滅主義
  7. キャディでの体験記
  8. トーナメントを見て
  9. ”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2
  10. ジャンボ尾崎 エージシュート

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss