ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

史上最低のスウィン

スライス☆ランキング

一般的に右打ちの人の弾道が 右に曲がる~右回転が入る コト を 総称して『スライス』と呼んでいます。 右回転がボールに入るメカニズムは ヘッドの移動してきた軌道に対し  ライ角度等も含め立体的に フェース面が右を向いている時、発生します。 スライスの飛ぶ方向として 大別して二種類あります。 ❶アドレスの向きに対し真っ直ぐ、  もしくは右に出て 右に曲がる ❷アドレスの向きに対し、左に出て、右に......続きを読む»

オンプレーン系のスイングをすればするほど腰痛に…。

インターネット上のスイングレッスンの動画などを見ると この人「本気で」言ってるのかな…と思うほど 強引なスイング論を展開しています。 手でシャフト、クラブを振るスイングの基本は 車のハンドルを切るような 左右の腕の捩じりによって ヘッドを速く、 シャフトを素早く振ることです。 ヘッドを前に出す (スイング軌道の進行方向の前) というのは積極的ではないですが グリップを後ろに下げる という事と同......続きを読む»

ゴルフレッスンの岐路

動画やブログなどを拝見すると それを教えるのか と驚くというか びっくりすること ばかりです。 時代の流れ…なのかとも思いますが、 使うゴルフクラブの基本構造は50年前と変わりありません。 そもそも 使っているクラブが ゴルフを簡単にする というのから どんどん、年々離れていく現状で プレイヤーにとって 硬すぎるシャフト 軽すぎるヘッド を無理やり使わせることがコトの始まり だと 全く持って認......続きを読む»

実はこれがスイングの悩みの元凶?

非常に素朴な疑問…なんだけれど、 多くのゴルファーはスイング・動作中 飛ばす・打つ『方向』を意識しているかな? ゴルフクラブはウッドであってもアイアンであっても ロフト角度とライ角度の関係があり 平行とか、垂直というものが存在しない。 例え アイアンのリーディングエッジが飛ぶ方向に垂直 スクエアな状態にあっても ライ角度とロフト角度の複合によって フェースは飛ばしたい方向を向いてい......続きを読む»

ゴルフ◆スライスの出るメカニズムを知りましょう

多くの人はアドレスをし、 その打ちたい方向に対し フェースが開くと スライス・・・ と思っていますが 大間違い です。 そもそも ボールは無機質、そして球体 打つ人がどの方向を向いた、どのように立っているか 何番を持っているか なんて言うのは 当然知りませんし、関知しません。 単なる物理的な力が加わった時 飛んだり、上がったり、曲がったり するのみ、 です。 スライス = ......続きを読む»

ゴルフスイング⚾スイングプレーンとドローボール

間違って認識してはいけないのは 真っ直ぐ飛ぶ とは ストレートに飛ぶ ということではなく セットアップ(アドレス)した時の 目標に対し 真っ直ぐ行く アドレス時のボールと打った後止まったボールが 概ね真っ直ぐ目標に向かっていて 飛ぶさま が 真っ直ぐいく ことではない。 日常の生活でも どこか 例えばゴルフコースに行くにしても そのゴルフコースに対し 方角的に真っ直ぐ行く訳ではないが 寄り道......続きを読む»

現代のスイングにとって不要なゴルフ用語

体を先に回し 体の上向きを作ってから 意図的な煽り打ち をする 現代のスイングにとって 従来使われている「ゴルフの用語」や「ゴルフの理論」は 無用の長物、害にしかなりません。 ①ボールを上から打て  1000%無理です。  あきらめて下さい。  逆に ボールを上から打とうとしたら  そのスイングのメリットは無くなってしまいます。  ボールを上から打つ と言うメカニズムは  体の回転/前傾姿勢......続きを読む»

スイングプレーン◆とても残念なお話し

スイングを知らない というのは悲しい。 リンクテキスト 勿論 悩めるアマチュアはそれを知りたいと模索しているし、 努力もしているけれど それを教える、それを仕事としている人が あまりにスイングについて、 ゴルフクラブのメカニズムについて、 当たり前の物理現象について知らな過ぎて 今、世の中に流布しているスイング論は まるで カルト宗教のようになっている。 その代表例が スイングプ......続きを読む»

ゴルフスイング◇スイングプレーンとは何か?

最近 ある機会があって ゴルフレッスンを見学することがありました。 それは もう私の想像を絶する 語ることも出来ない おぞましい もので これで お金を頂いてレッスンするの? と 本気で思って ぐっと我慢し、無言の行をしていました。 世にも恐ろしい時間になりました…(_; その ネタ になるのは スイングプレーン です。 言葉は悪いですが 一般的なスイング論は 悪夢じゃなかろうか と思うのが少......続きを読む»

ゴルフスイング◇体重移動と体の仕組み

体重移動 というのを スイングでは頻繁に言われますが、 スイング動作の中で意識して行える か というと 答えは NOだと思います。 スイングは全体で動き出しから終了まで 約2秒。 ダウンスイングを始めてからインパクトまで 0.2秒程度。 インパクトの瞬間だけで言えば 1/3500秒です。 体重移動という意味で 左に体重が乗る というのは 左脚に という意味ですし、同じく 右に体重が乗る というの......続きを読む»

シリーズ✊スライスの出るメカニズム 1

多くのゴルファーが悩むスライス おそらくすべてのゴルファーが一度は苦しむスライス そのメカニズムは意外に理解されていない。 ショット全般・スイング全般に関わるとても大切なこと なので、少々長くなりますが シリーズで書きます。 おそらく 多くの人は始めはピンと来ないでしょう。 逆にピンと来る人にとっては必要のない話です。 とても、とても大切なことなので 出来れば 何度もお読みください。 勿論、質問・......続きを読む»

スライスやこすり球が出てきたら…

練習であっても、コースであっても スイングの種類、クラブの扱い方の種類は 色々あっても 大方の場合 テークアウェイの右向きの量を確保すれば 改善されることが多いですね。 テークアウェイの右向きの量は 胸とか、肩とかのラインではなく ベルトや骨盤のライン この角度から見た時 左のポケットまで しっかり見せられるようにすると かなり改善すると思います。  ↑この写真は全然右向きが足らないですね リン......続きを読む»

ゴルフスイングを壊しているのは「その思い込み」です

さて 質問です。 もしも この二つのスイングが 同じヘッドスピード という限定であれば どちらが 高い球になる? と思いますか? このトップオブスイングの位置で クラブの姿勢は 90度 異なります。 褒められた方法ではありませんが、  30年前であれば、最近のスイングは 抜いた球やロブショットを打つ方法です。 自分で実験してみると分かり易いとは思いますが、 市販のかる~~~ヘッドの、硬い......続きを読む»

オンプレーンスイングを追いかける限り答えはありません

アマチュアゴルファーが悩む 上手く打てないわけ(理由)、  クラブの機能が上手く活きてくれないわけは 意外にシンプルで、打撃の技術が未熟、とか…  上手下手など技術論ではありません。 思い違い  勘違い 間違った思い込み  そう言ったことが  ショットやスイングを悩ませている ほぼ すべてと言っても過言ではないでしょう。 それが理解でき、 自分の中にある間違った思い込み等が 修正出来れば、思っ......続きを読む»

アマチュアゴルファーの最大の問題◇右向き不足~回転不足

おそらく アマチュアにとって 最大のミスショットを予防する方法は… 逆に言えばミスショットの原因、誘発する要素は 『右向き不足』『回転不足』だと思います。 そして その右向き不足・回転不足は 私が見る限り かなり深刻です。 80~90度位右に向きに変えるのを理想とすると 10~30度足らないのではなく 殆ど 右を向いていない、回転していないに等しいほど ばかりが目につきます。 何度・・・と限定......続きを読む»

スイングプレーンへの固執がスイングをぶち壊す

…特にオジサンゴルファーにとって 望ましいゴルフスイングの条件は 勿論、 遠くへ飛ばしたい・ボールを曲げたくない という願望の元、 ①練習が不可欠でないこと ②体を痛めないこと であると思います。 6e29a7ea8f8f16e856be62cba38d45c6 プロも含め、最近のスイングは スイングプレーン(軌道)にこだわるあまり それを作りやすい、それをなぞりやすい 『腕や手先でクラブを動か......続きを読む»

パッティングストロークから始まる腰痛

過去の記事との重複になるか…とは思いますが ゴルフのスイングを誤った認識でしてしまうと 「体の故障」の元になってしまいます。 確かに 現在、流通しているゴルフクラブ ユーザーに何をさせたいのか よく理解できない 軽く小振りなヘッド、壊れないだけの硬いシャフト では そういう振り方や扱い方をしたくなるのは分かります。 軽いヘッド、硬いシャフト、バンスの無いウエッヂ これでは バンカー恐怖症養成機......続きを読む»

そのスイングで体を壊しませんか?

インターネット上のスイングレッスンの動画などを見ると この人「本気で」言ってるのかな…と思うほど 強引なスイング論を展開しています。 手でシャフト、クラブを振るスイングの基本は 車のハンドルを切るような 左右の腕の捩じりによって ヘッドを速く、 シャフトを素早く振ることです。 ヘッドを前に出す (スイング軌道の進行方向の前) というのは積極的ではないですが グリップを後ろに下げる という事と同......続きを読む»

オジサンゴルファーが体を痛めないスイング

現在、日本人ゴルファーの平均年齢は61.6歳 15年前は58歳でしたから、ゴルファーも高年齢化しています。 困ったことに、現在、主流になっているスイングや 一般的に流通しているゴルフクラブは若者向けのモノばかりで 平均年齢に近い、そしてそれよりも上の年齢層に 不向きなものばかりです。 若者向けのスイングやクラブは 絶対的な体力や練習量・頻度が必要です。 真っ直ぐ、繰り返し、そして遠くに飛ばす......続きを読む»

ゴルフスイング◆くるくる打法の最大の欠点

オンプレーンスイングだか、なんたらかんたらだか とりあえずカタカナで呼ばれる その手の ゴルフクラブをくるくるまわす打法 の 欠点はものすごく大きいし、多い。 まず ゴルフクラブは長い棒の先の重さの付いた ものだということ。 それを 体の向きの変更以上にくるくるまわす ということは、体が止まってからもクラブは必要以上に 動き続ける。 逆に その手のスイング論は 体が止まることとそこまでに付いたク......続きを読む»

1

ブロガープロフィール

profile-iconhummingbirdsporte

世のゴルフクラブの流れと逆行し 重た~いヘッド 軟らか~いシャフト 短いクラブ ロフトの寝たクラブ という「あまのじゃく」を地で行くヘンテコリンなオヤジ   海水魚飼育と尾崎亜美をこの上なく愛するメタボなオヤジが書く ゴルフの道です
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1290929

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ある「プロゴルファー」の言葉
  2. 外国での日本人選手
  3. 太平洋マスターズ
  4. シャフトのしなり戻りで打つ なんて大嘘
  5. 【ゴシップ記事】 です
  6. 軽量スチール撲滅主義
  7. キャディでの体験記
  8. トーナメントを見て
  9. ”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2
  10. ジャンボ尾崎 エージシュート

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss