ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

クラブヘッド重さの利用のすゝめ ◇アプローチ

このエントリーをはてなブックマークに追加

グリーン回り 30~50ヤード位まででしょうか 2 どうしても高さが必要な場合を除いて 出来るだけ 転がし~ロフトの立った(少ない) クラブを使って アプローチすることをお薦めします。

これには明確な理由があります。

ご自分で試してみるとわかりますが、 30ヤードの距離を サンドウエッヂ(ロフトの一番大きい) で打つのと 7番アイアンで打つのでは スイングの大きさや速さがかなり違います。 7番アイアンで打てば パッティングの延長線…、 ウエッヂで打つには そこそこのスイングの大きさ、 速度が必要になりますから ミスの出る頻度、確率が大幅に違います。

そして、7番ではミスが出ても あまり大きなミスにはなりにくい のです。 ウエッヂでは 30ヤードの距離 まあ、この場合 ミスと言うと 狙った30ヤードに対しての距離の誤差ですが、 オーバーに言うと 1~80ヤード位の幅で ミスが出てしまいます。

リンクテキスト

それと 距離感 が掴みやすいのです。 なぜならば 30ヤードと言う距離に対し 上げて打つウエッヂでは そのボールの道のりは 倍以上になる可能性がありますが、 転がしは限りなく30ヤードそのものに近いのです。

7番でその距離感、10.20.30.40…などの距離を覚え 状況、着弾地点の様子やグリーンの傾き、速度 などに応じ、番手を変えてあげる その方法論の方が格段にアプローチが簡単になります。

ゴルフのショットの場合 高さが必要なほど エマージェンシー度が高く (主の目的が脱出に近づきます) もし 選択できる状況であるのなら 出来るだけ高さを取らない方を選ぶ方がよいと思います。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ゴルフクラブ
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

あけましておめでとうございます【衣浦東部消防局陸上部】

負けた時に見えた、選手たちの成長【半人前バスケコーチの独り言】

階段を楽に登る【コンディショニングトレーナー平出貴子のブログ『Rai's☆ラクロス✖️コンディショニング』】

ブロガープロフィール

profile-iconhummingbirdsporte

世のゴルフクラブの流れと逆行し 重た~いヘッド 軟らか~いシャフト 短いクラブ ロフトの寝たクラブ という「あまのじゃく」を地で行くヘンテコリンなオヤジ   海水魚飼育と尾崎亜美をこの上なく愛するメタボなオヤジが書く ゴルフの道です
  • 昨日のページビュー:229
  • 累計のページビュー:1309914

(01月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ある「プロゴルファー」の言葉
  2. 外国での日本人選手
  3. 太平洋マスターズ
  4. シャフトのしなり戻りで打つ なんて大嘘
  5. 【ゴシップ記事】 です
  6. 軽量スチール撲滅主義
  7. キャディでの体験記
  8. トーナメントを見て
  9. ”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2
  10. ジャンボ尾崎 エージシュート

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss