ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

ミスショットの原因はクラブ「セッティング」です 後編

このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴルフクラブの長年の進化 「やさしさ」の追求というのは …主にヘッドの話しですが… ヘッドの大型、つまり重量化 です。

ヘッドが大きくなれば慣性モーメントが高くなります。 同じ重さであっても、重心距離の長い大型ヘッドは 重さの効果が増したのと同じです。 重心が深いヘッドも同じコトが言えます。 アイアンのキャビティ効果も 全く同じこと です。

004

✋大型化する ✋キャビティになる ✋重心距離が長くなる ✋重心が深くなる  とは 重量の効果が高くなる と言う意味で それは 慣性モーメントの増大化 というコトです。

☛慣性モーメントとは  ◎その運動の速度や方向を持続するチカラ  ◎その運動中の姿勢を安定させやすいチカラ  ◎ボールに対するエネルギーの伝達効力の高さ などが 平たく言えばミスに寛容なチカラです。

数値とともに増えるので 『やさしい』クラブの代名詞 なのです。

リンクテキスト

ところが ヘッドの慣性モーメント とスイングの関係は 打ち手が自由気ままに動かしたくても その数値が高くなると 動かしにくくなりますから ヘッドを振りたい、シャフトを振りたい 「ヘッド」スピードを最優先させたい人にとっては やさしいクラブとは言えないのです。

そこを理解していないと クラブの買い替えは失敗します。

例えば、  マレット型のパター マレット形状にする理由は 重心が深くなり、フォローが出しやすくなります。

慣性モーメントが高くなりますから 重量効果が増して、同じ速度のストロークであっても  ボールをより遠くに打てるようになり  飛ばせるようになる というのが「やさしさ」の意味なのですが、 現在、主流のショルダーストロークで打つ人にとっては 重心が深く、フォローが出易いが逆に災いして 煽り打ち、上り傾向時でのインパクトによりなり易いので ボールがより飛ばなくなったり フェースに乗らず、ボールがこぼれてしまうので 初っ端からラインに乗らなくなります。

また、マレットタイプのパターは フェースバランスを採用しているものが多く、 シャフトのベント(曲がり)が入っているので 通常のモノに比べて、相当硬いです。 見た目にはヘッドは大きいのに、 重量は変わらないばかりか シャフトが硬いので ヘッド重量が軽く感じます。

ボールが伸びない、ボールが飛ばない こともあり 同じ距離を打つのに  速いストローク、大きなストロークをする必要が増し、 当然 ラインにも乗りにくいですし、距離も合わせにくく、 微妙な距離感など殆ど出せなくなってしまいます。

本来 パッティングなど 人間の感覚、距離感、本能、勘などを最優先にさせるべきなのに 上手く行かないパッティングを 機械のようなストローク練習で向上させようとしますから、 かなりの人が いずれイップスに足を踏み入れるでしょう。

まあ これはクラブの組み合わせとは ちょっと違った話ですが、 ショットというのは クラブと打ち手の合わせ技 によって生まれてきます。

そして どんな謳い文句であったとしても、 クラブは無機質で、打ち手には合わせてくれませんから 打ち手が変化しなくてはいけないですし、 どのクラブであっても、 必ず 大なり小なり 打ち手の方がなにがしかの工夫や 変化を生み出して そのクラブを使えるようにするのです。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ゴルフクラブ
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ミスショットの原因はクラブ「セッティング」です 中編 【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

ゴルフクラブの未来 【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

ミスショット原因はクラブ「セッティング」です 前編 【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

ブロガープロフィール

profile-iconhummingbirdsporte

世のゴルフクラブの流れと逆行し 重た~いヘッド 軟らか~いシャフト 短いクラブ ロフトの寝たクラブ という「あまのじゃく」を地で行くヘンテコリンなオヤジ   海水魚飼育と尾崎亜美をこの上なく愛するメタボなオヤジが書く ゴルフの道です
  • 昨日のページビュー:207
  • 累計のページビュー:1309686

(01月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ある「プロゴルファー」の言葉
  2. 外国での日本人選手
  3. 太平洋マスターズ
  4. シャフトのしなり戻りで打つ なんて大嘘
  5. 【ゴシップ記事】 です
  6. 軽量スチール撲滅主義
  7. キャディでの体験記
  8. トーナメントを見て
  9. ”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2
  10. ジャンボ尾崎 エージシュート

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss