ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

ゴルフクラブの未来

このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴルフクラブとゴルフスイングは 双方、とてもよく出来ています。 スイングは兎も角、ゴルフクラブのその形状は ほぼ完成品と言って良いでしょう。

それがドンドン壊れる方に進み始めています。

例えば 昨今 ティーアップした。。。空中にあるボールを打つこと それだけを考えたゴルフスイングが主流になっています。

ティーアップし、その分、ボールをやや左に置くので 意識せずとも 微妙な上がり軌道 かすかなアッパーになるのですが それを意図的にやる時代です。

元はと言えば、人間の関節や構造などを無視した 単にヘッドやシャフトなどのテストのための、 スイングロボット・ヒッティングロボットから始まった 馬鹿の一つ覚え「高打ち出し・低スピン」 という相反する、矛盾する概念を取り入れた打撃法で それを 人間にやらせるのですから 当然、壊れてしまいます。

意図的に煽り打ち アッパーを強くするのですが、 低いところにあるボールを打つ限り アッパーを強くすると体は左を向きます。(開きます)

ボールは正対した状態で構えていますから 右を向いても、左を向いても ボールから離れていく形になります。

ですので まだ、ティーアップして 少し高くなっている『ティー』ショットは打てますが、 直に地面に落ちているボールを打つのには ボールを中に、右に置かないと届きません。

とても 面白いですが、 届かそうとすると 煽り打ちですから、 近づきながら、遠ざかる という手品のような打ち方になり、 同時に 煽れば煽るほど体は開くのです。

上下の問題も ショットのミスとしてとても痛いですが、 それは同時に 左右のミス共大きくつながっており、 特に 地面のボールを打つ場合は かなりボールを中に入れますから、 ボールが右に飛び出るか 軌道に対し大きく開いて右回転が強くなるか、 アマチュアにとって、大変大きな問題が秘めています。

煽り打ちしながら フェースローテーション(ヘッドを返して)して かつ 左に体を開いているのに左に生かせない もう奇跡に近いような奇術と言えます。 とてもじゃないが 体への負担を考えると それを技術とは呼べない代物です…。

均一なショットも出にくいですし、 空中にあるボールは兎も角、 地面から打つフェアウェイウッドやアイアン、 特にスピードで解決し辛い アプローチやバンカー これに強烈にしわ寄せがくるでしょうね。。。

それを練習…おそらく尋常でない練習量で補う 昨今の若手プロは その体に悪いその動作のせいで、 若手とよばれたまま消えてしまう…。 擦り切れてしまうのでしょうね。。。

スイングの軌道の概念を無視して 煽り打ちし スイングプレーンなる言葉を使いながら ティーアップのドライバーと  地面から打つアイアンでは かけ離れたボールを位置…。

今になって フェースローテーションなんて のを 再び始める訳ですから、 ウッドがロフトが変えられる機能が付いてしまうのも 頷けてしまいます。 ロフト角度ですらちゃんと使えないのですから。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ゴルフクラブ
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ミスショット原因はクラブ「セッティング」です 前編 【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

【GANBAX・BS】 B.B School「バスケ塾」 11/20~11/26のバスケットボール・スクール情報【【GANBAX・BS】 B.B School ~1対1のスキルにこだわったバスケットボールの『塾』です!!】

【求人情報】<正社員/マーケティング室>プロリーグ統括法人【SPORTS JOB NETWORK 公式ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconhummingbirdsporte

世のゴルフクラブの流れと逆行し 重た~いヘッド 軟らか~いシャフト 短いクラブ ロフトの寝たクラブ という「あまのじゃく」を地で行くヘンテコリンなオヤジ   海水魚飼育と尾崎亜美をこの上なく愛するメタボなオヤジが書く ゴルフの道です
  • 昨日のページビュー:207
  • 累計のページビュー:1309686

(01月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ある「プロゴルファー」の言葉
  2. 外国での日本人選手
  3. 太平洋マスターズ
  4. シャフトのしなり戻りで打つ なんて大嘘
  5. 【ゴシップ記事】 です
  6. 軽量スチール撲滅主義
  7. キャディでの体験記
  8. トーナメントを見て
  9. ”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2
  10. ジャンボ尾崎 エージシュート

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss