ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

肩を縦に回す???

このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴルフスイング関連のタイトルや検索ワードで 上位にあるのが「肩を縦に回す」です。

これを初めて聞いた(見た)時、 びっくりした というよりも とうとうここまで来てしまったのか~ という 非常に落胆というか、残念な印象を持ちました。

私個人は ゴルフはスポーツですが、遊びですので、 「お客様」や「生徒さん」、そして自分にとって 参考になる部分、反面教師な部分を除けば プロや主流のスイングに興味は一切ありません。

他人がどんなスイングしているかは 私には全く関係ないからです。 私個人の事情ですが、私の家にはテレビがありません。 15年以上テレビを見たことが無いですし、 プロの試合を見たのは…  たぶん…マークオメーラが全英?で優勝した時が  最後で最新です。  何年前やねん…。

例え お客様にとって、自分にとって、 あまり好ましくないスイングを  あるトッププロがしていたとして、 そのプロが活躍すること自体は  ゴルフ界にとってとても良いことです。

そのプロがどんな経緯でそのスイングになったのか、 身体的、精神的にどんな特徴をもっているのか、 何に悩んでいて、何を課題としているのか、 そんなこと 一切うかがい知ることは出来ませんし、 職業人として 商売するのに その「選択」を しているのですから、批評や評価できるモノでもありません。

単に自分たちにとって、何か参考になるかどうか その着眼点だけです。

ただ…スイングとクラブを研究する立場のプロ視点で見ると 最近のプロゴルファーのスイングは非常にひどく 理にかなっていない部分が多すぎで、 しかし それでも距離も飛び、スコアも出るのですから、 練習量やトレーニング量はものすごい、桁違いなのでしょう。 体にもクラブにも悪い動かし方が多い、 しかし、それでもそれを訓練で克服する、 それはそれで真似のできることではアリマセンが、 それが故に 若いうちに体を摩耗、 擦り切れさせてしまっている のがとても気になります。

自分がキャディをしている頃、 ウソのような、ホントの話、笑い話があります。 そこそこ長年シードを維持している中堅のプロがいて、 噂…評判ではそのプロはほぼ全く練習をしない…というのです。 プロですから、隠れて体のトレーニング等は しているのでしょうが、スイング・ショットの練習は 殆どしないと言うのです。 割に仲の良いキャディ仲間が シーズン最後の試合の18番ホールで ドライバーを打った後、 隠れて 自分の食べたバナナの皮を ドライバーヘッドにかけて ヘッドカバーをしました。 シーズンオフに使うかどうか調べたかったのでしょう。 ・・・・それが、・・・・ 次のシーズンの始めの試合、 試合会場の練習場で ドライバーを使おうとした時、 ヘッドカバーを外したそのドライバーヘッドに カビの生えたバナナの皮が張り付いて乾いてたのです。 そのプロは そのあとも何勝もし、 40前後までシードの中位を維持していましたね、 ・・・名前は出てこないのですがアメリカのプロです。

話は元に戻りますが、 最近プロでもやっているという 「肩を縦に回す」というのはどういう事なんでしょう?

肩を縦に回したら 股関節に在るはずの前傾姿勢は失います。 股関節も含む、骨盤を縦に回したら 盛大に空振りするか、盛大に地面を打つのかのいずれか  でボールは打てません。

骨盤はアドレス通りに回し、 肩だけ縦気味に回す と言う意味だと思いますが、 前述の通り、 では前傾姿勢は何処に行ってしまうでしょう? その言葉の通り、自分の『前』は何処に当たるのでしょう? 腰(骨盤)は平行に、肩を縦に回す ということは 右サイド(側帯)をつぶし、左サイド(側帯)を伸ばせ というコトになりますが、 学生さんにはなんとかなるやり方でも 例えば 65歳を過ぎた人にやれ! と言えるような 動作なのでしょうか? で、冷静に考えると ゴルフと言う遊びを支えているのは どちらの年齢なんでしょう?

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
スイング軌道
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

卓球と陸上競技が1・2位、最近注目し始めたスポーツ競技ランキング【スポーツマーケティングレポート】

「期待」「リーダーシップ」「責任感」…、五輪アスリートのイメージ調査【スポーツマーケティングレポート】

肩を縦にまわす?! なんじゃそりゃ! 【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

ブロガープロフィール

profile-iconhummingbirdsporte

世のゴルフクラブの流れと逆行し 重た~いヘッド 軟らか~いシャフト 短いクラブ ロフトの寝たクラブ という「あまのじゃく」を地で行くヘンテコリンなオヤジ   海水魚飼育と尾崎亜美をこの上なく愛するメタボなオヤジが書く ゴルフの道です
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1309686

(01月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ある「プロゴルファー」の言葉
  2. 外国での日本人選手
  3. 太平洋マスターズ
  4. シャフトのしなり戻りで打つ なんて大嘘
  5. 【ゴシップ記事】 です
  6. 軽量スチール撲滅主義
  7. キャディでの体験記
  8. トーナメントを見て
  9. ”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2
  10. ジャンボ尾崎 エージシュート

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss