ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

ゴルフクラブ シャフトの取り扱い説明書

このエントリーをはてなブックマークに追加

多くのゴルファーは シャフトはしならせて・しなり戻して使おう と思っているようです。

ところが よく考えると その使い方には不可思議な点が多く 成功することはほぼ稀な偶然狙いなショットになります。

①ゴルフクラブは 角度が重要です。 ゴルフクラブの構造上、 ある一定方向だけにしならせることは不可能で しなりには ねじれがついて回ります。

ゴルフクラブの構造上、ねじれには フェースの向きや ロフトの変化が伴いますから 一定の弾道・球を打つのが とても難しくなります。

②しなるという事は 短くなるという事です。 しならせて しなり戻して という事は その最中、クラブの端から端までの長さは 常時変化した状態になりますから それが上手くインパクトに合うとは限りませんし、 上記の フェース面の向きとロフトがそれと一致した タイミングにインパクトになるとは限りません。 非常に不確かな要素の組み合わせになります。

 ・背骨からヘッドまでの距離  ・グリップからヘッドまでの距離  ・しならせて しなり戻して使う  ・ヘッドの回転半径

これを考えてみると しならせて・しなり戻して使うのが 如何に スイングの弧を小さくし ヘッドの姿勢変化を激しくするか それが安定性を生み出さないか 想像がつくと思います。

スイングの円弧なり、軌道 に対し 何種類の 何個の円を描こうというのでしょうか・・・

③シャフトをしならせる ということは グリップの移動量とヘッドの移動量に差をつける という事です。 スイングの動作でそれをするには グリップを止める必要があります。 人間がグリップを握って、クラブを動かす筈なのに そのグリップを止めて ヘッドだけの慣性で ボールを弾いて飛ぶと思いますか?

しかも その使い方には安定性が伴いません。

そして、最大の欠点は グリップを止め、体の回転も辞め クラブ、クラブヘッドだけ動かすので そのショットがミスショットであっても 修正し、改善するポイントが存在しません。

ナイスショットをしたとしても 次のショットにそれを繰り返すポイントは 単なる偶然という「タイミング」だけです。

細かいところは割愛しますが、 そのシャフトの使い方は 手首や肘、首、腰などに 大変負担を掛け、その偶然待ちのタイミングを掴むには 高校生の部活並みの練習量と頻度が必要です。 おじさんにとっては 悶絶以上拷問のようなものです。

また そのシャフトの使い方では ヘッドスピードが管理できません。 飛ばすことも飛ばさないことも 両方ともゴルフショットです。

自分が体やグリップを止める その反動、慣性によってヘッドを動かすショットは ヘッドスピードが管理できないので また フルショットのは良いですが、 スピードの調整が必要なアプローチなどでは より一層上手く行く確率が下がり、 距離調整が非常にし辛くなります。

 では どのようにシャフトを使うと良いのでしょうか



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ゴルフクラブ
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ゴルフクラブ✊パターのロフトの理由 【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

筋肉はモッチモチ【コンディショニングトレーナー平出貴子のブログ『Rai's☆ラクロス✖️コンディショニング』】

ゴルフ◆スクエアグリップのすゝめ 【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

ブロガープロフィール

profile-iconhummingbirdsporte

世のゴルフクラブの流れと逆行し 重た~いヘッド 軟らか~いシャフト 短いクラブ ロフトの寝たクラブ という「あまのじゃく」を地で行くヘンテコリンなオヤジ   海水魚飼育と尾崎亜美をこの上なく愛するメタボなオヤジが書く ゴルフの道です
  • 昨日のページビュー:207
  • 累計のページビュー:1309686

(01月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ある「プロゴルファー」の言葉
  2. 外国での日本人選手
  3. 太平洋マスターズ
  4. シャフトのしなり戻りで打つ なんて大嘘
  5. 【ゴシップ記事】 です
  6. 軽量スチール撲滅主義
  7. キャディでの体験記
  8. トーナメントを見て
  9. ”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2
  10. ジャンボ尾崎 エージシュート

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss