ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

シャフトが走る?!

このエントリーをはてなブックマークに追加

シャフトを走らせる・・・ まあ 慣用句としては分かりますが それをその 言葉の通り行おう とするのは クラブの機能を壊すだけでなく その使い方はからだをも痛めてしまいます。

クラブ、特にヘッドが移動するのは 打ち手が動作によってグリップが移動するからです。

素早く移動する、動くのを「走る」という表現にするのなら 「クラブが走る」と言う方が正しいでしょう。

一般的に言われる「シャフトが走る」動作は ヘッドを走らせるため、グリップを止めます。 動かすことを止めることで行うのですから 当然不具合は起こり易くなります。

クラブの移動を作り出すはずのグリップの移動を止めるのですから 確かに反動で シャフトが弾くようにボールを打ちますが これでは 打撃側のモーメントが低すぎます。 グリップより先に ほんの250gの物体 の移動です。

グリップの移動も止めず、からだも止めず、 インパクトを行えば その20倍もの重さ50キロ近くのモノが 移動中、運動中に 45gの物体を打つのですから どちらの方が「強く」「負けない」インパクト作れるかは 余りにもはっきりしています。

ヘッドスピード信仰の表れですけれど… ヘッドスピードは一番先端部で数字が大きくなるので 商売的に使われている向きが強いですが 基本的には グリップの移動速度、運動の動作速度 です。

速くヘッドを振るのではなく 早くインパクトに辿り着く方が 体に負担なく、クラブの機能も使え、 実は「飛ばす基本」です。

シャフトを振る行為。。。は ヘッドを走らせる行為は その振った分だけ、グリップを強く握る=止める実感 から来る「振った気になる」に過ぎません。 ✋ヘッドを速く振れば振るほどグリップを強く握りなおす  ✋動かそうとすればするほど止めなくてはならない という矛盾から逃れられません。

ヘッドを走らせる分、 グリップを動かすのです。 スイングは グリップをたくさん動かすのです。 急ぐ必要はありませんが、グリップの移動速度を 下げる行為をしてはいけません。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ゴルフクラブ
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

涙が出るほど筋トレをやってみた【コンディショニングトレーナー平出貴子のブログ『Rai's☆ラクロス✖️コンディショニング』】

L型ブリストルパターのシャフト 【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

『ゴルフクラブのフィッティング』 クラブからの影響 【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

ブロガープロフィール

profile-iconhummingbirdsporte

世のゴルフクラブの流れと逆行し 重た~いヘッド 軟らか~いシャフト 短いクラブ ロフトの寝たクラブ という「あまのじゃく」を地で行くヘンテコリンなオヤジ   海水魚飼育と尾崎亜美をこの上なく愛するメタボなオヤジが書く ゴルフの道です
  • 昨日のページビュー:207
  • 累計のページビュー:1309686

(01月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ある「プロゴルファー」の言葉
  2. 外国での日本人選手
  3. 太平洋マスターズ
  4. シャフトのしなり戻りで打つ なんて大嘘
  5. 【ゴシップ記事】 です
  6. 軽量スチール撲滅主義
  7. キャディでの体験記
  8. トーナメントを見て
  9. ”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2
  10. ジャンボ尾崎 エージシュート

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss