ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります

トップとダフリの最大の軽減術

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロもそうかもしれませんが、 アマチュアゴルファーにとって 最大の痛手のミスショットは おそらく トップとダフリ でしょう。

手品のように瞬時に治る 訳ではありませんが、 これを大幅に軽減する方法があります。

まずは トップとダフリのメカニズムを知りましょう。

多くの人は ✋トップは届かない ✋ダフリは届きすぎ  と考えている節がありますが  【それは間違いです】

まず トップですが、ボールは球体です。 球体は圧力がかかった時、圧力の逃げ場所を探します。 よほど 薄い当たりでない限り、 クラブフェースにはロフトと言う逃げ場があるので 大丈夫です。 つまり トップはフェースでなく 歯(リーディングエッジ)やソールで打ってしまうことを 指します。

トップのミスになるのは ヘッドが下がり軌道でなく、上がり軌道で インパクトしていることを表しています。

下がり軌道であれば、1~2センチ程度の薄い当たり (ボールの半径分程度)であれば ボールはフェースに逃げてきますが、 上がり軌道であると 1センチのズレは そのまま 歯で打つことになり フェースに乗らず、こぼれてしまう形になります。

リンクテキスト

今度はダフリですが、 届きすぎている と考えている人も その届きすぎている場所が ボールやボールより先にあれば ショットとしてのダフリにはなりません。 届きすぎている場所が ボールより手前にあることが問題なんです。

トップもダフリもそうですが、 届かない・届きすぎの問題であれば 打ち手にとって 奥行きの問題になります。 1センチ奥なのか(遠い) 1センチ自分寄りなのか(近い) は 人間の両目の構成は左右に位置しているので 非常に難しく、特に動きながらでは それを視覚的に把握して調整することは不可能とも言えます。

ですので トップもダフリも もし 届いていない・届きすぎている としても それを ショットとしてのミスにしないようにするには 奥行きの問題ではなく 左右の問題なんだと把握して貰いたいのです。

届いていないとしても スイングのボトム、ヘッドの最下点がボールより先にあれば ショットとしてのミスにならず、ボールはフェースに乗ります。

同じく、届きすぎているとしても それがボールよりも先にあれば 通常のショットと 何ら変わりはありません。

届かない・届きすぎをテーマにすると 1センチ程度の奥行きのズレで どちらも発生しますが、 左右の問題にするならば、そのズレは 通常のショットの範疇内です。

別な言い方をすれば インパクトはヘッドが下がり行程で造れれば  トップとダフリのミスは大幅に軽減できる というコトになります。

それがし易いスイングになれば トップとダフリの確率はかなり飛躍的に減る のです。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
スイング軌道
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ゴルフ◇クラブ調整 【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

NEW!【留学プログラム・受講生募集】『アルビレックス新潟バルセロナ フットボールアカデミー』【SPORTS JOB NETWORK 公式ブログ】

ゴルフスイング ⛳ 『悪癖』 【ゴルフ:絶滅危惧種のクラブ作ります】

ブロガープロフィール

profile-iconhummingbirdsporte

世のゴルフクラブの流れと逆行し 重た~いヘッド 軟らか~いシャフト 短いクラブ ロフトの寝たクラブ という「あまのじゃく」を地で行くヘンテコリンなオヤジ   海水魚飼育と尾崎亜美をこの上なく愛するメタボなオヤジが書く ゴルフの道です
  • 昨日のページビュー:207
  • 累計のページビュー:1309686

(01月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ある「プロゴルファー」の言葉
  2. 外国での日本人選手
  3. 太平洋マスターズ
  4. シャフトのしなり戻りで打つ なんて大嘘
  5. 【ゴシップ記事】 です
  6. 軽量スチール撲滅主義
  7. キャディでの体験記
  8. トーナメントを見て
  9. ”硬いシャフトを使う”とどうなるの?その2
  10. ジャンボ尾崎 エージシュート

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss